ローソク足の正しい見方|チャートをより深く見よう!

ローソク足は、一定期間の相場の4本値(始値・終値・高値・安値)をローソクの形に表したものです。

このローソク足を並べたものがローソク足チャートで、チャートを分析をすることで、相場の状態や流れがわかるようになります。

ローソク足チャートは、株式投資でも使われますが、よりテクニカル分析の比重が大きいFXトレードでは特に重要です。そのため、FXでこれから利益を上げたいと考えているなら、ローソク足チャートを分析するスキルを絶対に身に付けてください。

そして、ローソク足を正しく理解することは、チャートを理解するための第一歩です。そこで、このページでは、まず、ローソク足について一本一本徹底的に解説します。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

1. ローソク足とは

それでは、まず「ローソク足とは何か?」を正しく理解しましょう。FXをやるなら、必ず下図のようなローソク足チャートを使います。

このチャートをじっくりと見てみて下さい。チャートが、一本一本の青や赤の棒で表されていることがお分かりでしょうか。この一本一本の棒がローソク足です。

チャートの縦軸は、ある「通貨ペア」の“価格”を表しています。本当は価格ではなく、為替レートなのですが、“価格”とシンプルに覚えておくと良いでしょう。なぜなら、トレードとは、この“価格”が安いところで買い、高いところで売ることで利益を出すだすことだからです。なお、FXでは、高いところで売りから入り、安いところで買い戻すこともできます。

つまり、チャートの縦軸(価格)の水準が低いときに買い、高くなったら売るということです。そのため、チャートの縦軸は、“為替レート”という小難しい理解ではなく、“価格”と考えたほうが単純ですし、トレードに集中することができます。

次に、横軸は時間を表します。あとで説明しますが、ローソク足一本が意味する時間は様々です。ローソク足一本で5分のときもあれば(5分足)、一週間のときもあります(週足)。この図は、横軸に01-11(1月11日)や01-29(1月29日)という日付が表示されています。そのため、一本一本のローソク足は、一日のものであることがわかります(日足)。

このように、チャートは、一本一本のローソク足からできています。だからこそ、チャートを制するには、まず、一本一本のローソク足を正しく見られるようになることが大切なのです。

さっそく、これから一本一本のローソク足の見方をくわしく説明していきますね。

ポイント!
チャートを形成する一本一本の棒がローソク足。チャートを正しく理解するには、まず一本一本のローソク足を正しく見ることが重要。

2. ローソク足は始値・終値・高値・安値でできている

それでは、ここから、一本のローソク足を徹底的に理解していきましょう。ここでは日足(ひあし)といって、丸一日かけて作られるローソク足を例に説明します。

2.1.一本のローソク足には4つの価格情報が含まれる

それでは以下の図をご覧下さい。

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b31

図に書かれているように、ローソク足は、“始値・終値・高値・安値”の4つの価格情報でできています。

  • 始値:その日の最初に取引された価格
  • 終値:その日の最後に取引された価格
  • 高値:その日取引された中でもっとも高い価格
  • 安値:その日取引された中でもっとも安い価格

“始値・終値・高値・安値”は、必ず覚えておいて下さい。一本一本のローソク足は、必ず、この4つの価格情報を含んでいます。

これだけだと、ピンと来ないと思いますので、詳しく説明しますね。

2.2.ローソク足は必ず“始値・終値・高値・安値”をつける

相場(為替レートの時価《価格》)は、止まることなく上へ下へと動き続けています。

相場が動き続けるということは、一日のなかで、その日が始まったときの価格(始値)、もっとも高い価格(高値)、もっとも安い価格(安値)、その日が終わったときの価格(終値)の4つの価格が必ず存在するということです。

下図をご覧下さい。

この一日が始まったときの価格が“始値”です。そして、相場は、一日の中で上下に動き、18時に、この日一番安い価格(“安値”)をつけました。続いて、24時までの6時間で上昇し、この一日の中で、もっとも高い価格(“高値”)をつけました。最後に、一日の終わりの価格(“終値”)をつけて、この日の市場は閉じました。

日足(一日の価格情報を示すローソク足)は、このようにその一日のなかの、“始値・終値・高値・安値”の情報を、一本の棒でわかりやすく示したものなのです。

2.3.ローソク足は“始値・終値・高値・安値”を一目で表す

下図をご覧下さい。

このように、ローソク足は、相場に必ずあらわれる4つの価格が、一目でわかるように作られているものなのです。始値と終値の価格水準で、ローソク足の“実体”がつくられます。そして、実体と高値の差が“上ヒゲ”を、実体と安値の差が“下ヒゲ”をつくります。

さて、あらためて以下の3つの言葉にご注目下さい。

  • 実体
  • 上ヒゲ
  • 下ひげ

次にこの3つについて説明します。

ポイント!
ローソク足は、始値・終値・高値・安値の4つの価格情報が、一目でわかるように作られたもの。

3. 実体とヒゲ

3.1.実体

ローソク足の太いバーの部分を“実体”といいます。実体は、始値と終値の価格差をあらわしています。下図をご覧下さい。

先ほどの図と値動きの幅(高値と安値の差)は同じなのに、実体がかなり小さくなりました。これは、始値と終値の差が小さかったことを意味します。このように、実体に注目することによって、その日が始まったときと終わったときにどのような違いがうまれたかを一目で理解できるようになるのです。

それでは、次にヒゲを見ていきます。

3.2.ヒゲ(高値と実体、安値と実体との価格差)

ヒゲを一言で表すと、高値と実体との価格差、安値と実体との価格差です。前者を上ヒゲ、後者を下ヒゲといいます。あらためて、下図をご覧下さい。

実体から高値のラインまで、ちょろっと伸びている細い線が“上ヒゲ”です。実体から安値の部分まで伸びている細い線が“下ヒゲ”です。

実体と同じように、ヒゲもさまざまなモノがあります。以下の図をご覧下さい。

candlestickこちらは、先ほどのものよりも上ヒゲが一目盛り長くなっています。

なぜなら、日中により高い値をつけて、高値と終値の値幅が大きくなったからです。このように、ヒゲの長さに注目することによって、その日の、高値や安値をより強く意識できるようになるのです。

4. 陽線と陰線

実体について、もう一つ知っておかなければいけないことがあります。それが、陽線と陰線の2つです。

  • 陽線:終値が始値より高い価格で終わったローソク足。相場が上昇した日を表す。
  • 陰線:終値が始値より低い価格で終わったローソク足。相場が下落した日を表す。

詳しく説明しますね。

4.1.陽線は相場が上昇したことを表す

陽線とは、終値が始値より高い価格で終わった場合のローソク足です。下図をご覧下さい。

%e9%99%bd%e7%b7%9a

相場が上昇するときは、この陽線が連続して現れることが多くなります。

4.2. 陰線は相場が下降したことを表す

陰線は、陽線の逆で、終値が始値よりも安い価格で終わった場合のローソク足です。下図をご覧下さい。

%e9%99%b0%e7%b7%9a 

相場が下落するときは、この陰線が連続して現れることが多くなります。

このように、同じローソク足ですが、相場が上昇した場合は陽線、相場が下降した場合は陰線になります。陽線でも陰線のどちらでも、“実体”は、始値と終値の価格差を示すことは変わりません。

ポイント!
実体は、始値と終値の価格差を表す。相場が上昇したときのローソク足が陽線。相場が下落したときのローソク足が陰線。
チェック!
陽線と陰線には、さまざまなパターンがあります。一つ一つのパターンを丸暗記する必要はありませんが、パターンがあることを知っていれば、その状況で、どのように相場を見るべきかを判断する助けとなります。詳しくは、『初心者が特に知っておくべき陽線の4つのパターン』『初心者が特に知っておくべき陰線の4つのパターン』で説明していますので、ぜひご覧下さい。

5. ローソク足から相場を読みとる〜実践編〜

ここまでで、基本となるローソク足の見方を説明してきました。基本は、理解していたつもりで、意外と見落としがあるものです。見落としがあると相場の状況を正しく理解することはできません。さらに、相場の見方が、もし間違っていたとしたら、遅かれ早かれ、あなたは大損をしてしまいます。

決して、基本を軽く見ずに、何度でも読み返すようにして下さいね。

さて、最後に、ここまでで得た知識を、実践でどのように使うのかをお伝えしたいと思います。人によっては「いきなり難しくなった」と感じるかもしれません。ここでは完全に理解することよりも、「このように考えるんだな」というように考え方に触れることを意識して下さい。

それでは、さっそく以下のチャートをご覧下さい。

これは、ドル円の15分足チャートです。

平均的な形のローソク足と比べて、一つ極端に長い陽線があります。このように極端に実体の長い陽線を“大陽線”といいます。この大陽線は、始値がローソク足の安値付近でスタートしていています。

そして、ここから急騰して、高値まで50銭も上昇しています。前日までのローソク足の長さと比較すると、この15分間で異常なほど上昇していますね。(このチャートは15分足なので、一本のローソク足が15分間の値動きを表しています。)

このような極端なローソク足が現れるたときには、「なぜ?」と、その原因を考える習慣をもちましょう。それでは、このとき、なぜ、こんなに極端な大陽線が現れたのでしょうか。

実は、この日は米国のトランプ大統領の政権への審判となる中間選挙が日本時間7日午前8時から開票が始まっており、その状況に応じて為替市場は大きく変動したのです。

まず、一本のローソク足で、ここまでの情報をつかむことができます。ここで重要なのは、「これから相場は、どのように動くか?」ですね。

この時点では、まだ予測がつきません。そのため、トレードは控えて新たな情報が出るまで待つ必要があります。私は、大陽線の時点では、手を出さずに、次の日に上ヒゲ陽線が出たことを確認しました。上ヒゲ陽線が出ているということは、日中、高値をつけたにも関わらず、再び、“売り”が強くなって、始値付近まで、価格が戻されたということを意味します。

この上ヒゲ陽線によって、買いが継続せずに息を切らしたと見ることができます。案の定、そのあと相場は再び下落傾向に向かいました。私は、そのあたりの「相場が下降している」と確信した時点で、トレードに参入しました。

このように、一本のローソク足から4つの価格を読み取って、そのローソク足が形成される間に、どのようなことが起きたのかをイメージできるようになることが大切です。そのためには、「なぜ、このローソク足ができたのか?」を徹底的に問い詰める習慣を身につけましょう。

ポイント!
前後のローソク足と比較して、特徴的なものが出てきたときは、まず立ち止まって「なぜ?」と徹底的に考えるくせをつけること。

6. ローソク足は色々な時間軸を組み合わせて見る

さて、ここまでは、丸一日かけて作られる、日足(ひあし)といわれるローソク足を例にしました。他にも、5分かけてつくられる5分足から、一週間かけてつくられる週足などさまざまな時間軸のものがあります。

例えば、週足なら、月曜日に始値がついてから金曜日に終値がつくまでの5日間の価格で、ローソク足がつくられます。

これが、10分足なら、始値がついてから、終値がつくまでの10分間の価格で、ローソク足がつくられます。

6.1. よく使う時間軸は8個

一つの時間軸のローソク足をみるだけでは、本当の意味で相場を理解することはできません。どのようなトレードスタイルでも、勝つためには、以下の8個の足は、必ず利用するものだと考えておきましょう。

  • 月足
  • 週足
  • 4時間足
  • 1時間足
  • 15分足
  • 10分足
  • 5分足
  • 1分足

6.2.「木を見て森を見ず」では勝てない

それでは、複数の時間軸のローソク足を見ることの重要性をご説明します。まずは次のチャートをご覧下さい。これは、5分足チャートです。

この日、チャートを開いてすぐに上ヒゲ陽線と上ヒゲ陰線が連続して、一時的に相場は値を上げてきました(A)。この部分だけをみていたら、「今日は上昇トレンドの可能性が強い」と判断してしまいますね。

次に、以下の画像をご覧下さい。これは、先ほどもご覧いただいた日足チャートです。矢印の陰線が出ている日が、上の五分足と同じ日とお考え下さい。

私は、トレード当日に、まず、5分足を開く前に、この日足チャートを確認していました。そして、直前の2つの陽線をみて、「この日は下降トレンドになる可能性が高い」ということを把握していました。(トレード時点では、まだ、この陰線はつくられていません。)

なぜなら、上ヒゲの長い大陽線と、上ヒゲ陽線から、相場の上昇圧力は息切れ状態にあると推測できるからです。

そのため、トレード当日は、一時的な相場の上昇に惑わされずに、落ち着いて下降トレンドを見極めることができました。このように、短い時間軸の前に、長い時間軸を見ることで、「木を見て森を見ず」に陥ることを防げるのです。

また、これとは逆で、“森”を深く理解するために、その構成要素である“木”を見ることも多々あります。いずれにせよ、「相場は一つの時間軸を見るだけで理解することはできない」と覚えておきましょう。

ポイント!
ローソク足は、一つの時間軸だけで相場を理解することはできない。8個の時間軸を活用しよう。

まとめ

ここでお伝えしたローソク足の基本は、何度も読み返して徹底的に吸収して下さい。

この基本の知識が、チャートを正確に理解するための土台となります。そして、チャートを制する者がFXを制します。ローソク足の基本をおろそかにしていては、チャートを制することはできません。このことをしっかりと意識して、正しい知識を身につけて下さいね。

また、実践編の内容は、初心者の方は、まだ完全に理解する必要はありません。まずは、当サイトのFXに関する記事を全て読むことを優先して下さい。何周も読んでいると、必ずわかるようになります。私自身がそうでした。未来の見えない生活が嫌で、FXに夢を求めて飛び込んだとき、言葉の難しさに面食らってしまいました。それでも、諦めきれずに、わからないながら、何度もなんども本を読み返していました。

しかし、一度理解すれば、「こんなに簡単なことだったのか!」と思う瞬間がかならず訪れます。ぜひ、諦めずに取り組んでいただければと思います。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る