MACDとは|トレンドの強弱を把握して売買タイミングを図る方法

MACD(マックディー)は、株式投資やFXで2本の線から売買ポイントを探るテクニカル指標です。

移動平均線より早くシグナルが出る特徴があり、上手くトレンドに乗れれば、値幅を稼ぐことができます。また、使い方がシンプルで精度も高く、個人投資家に人気があります。

この記事を読んで、MACDの使い方をマスターしましょう。

執筆者
投資の教科書 株式事務局

投資の教科書 株式事務局

投資の教科書株式事務局では、株式投資で稼ぐ力を身につけるために必要な基礎知識をはじめ、実際に成果をあげているトレーダーの手法、分析方法などを、初心者にもわかりやすくお伝えしています。

友だち追加

1.MACDの基本

MACDは、「Moving Average Convergence and Divergence」の略で、日本語では「移動平均収束発散法」と言います。このMACDは、元々は株価の流れ(トレンド)を把握するために開発され、

  • 下げ続けていた株価が上昇に転じる
  • 上げ続けていた株価が下げに転じる

のようなタイミングを見つけるヒントになります。

実際には、移動平均線から算出された期間の異なる「MACD」「シグナル」という2本の線を使って、売買タイミングや株価のトレンドを分析します。

それでは早速、MACDを見てみましょう。MACDのチャートは、次のように、ローソク足チャートの下に表示されます(MACDが緑色で、シグナルがオレンジ)。

MACDチャート

ちなみに、この2つの指標の計算式は、次のようになっています(日足の場合)。

  • MACD=短期(12日)の指数移動平均-長期(26日)の指数移動平均
  • シグナル=MACDの一定期間(9日)の指数移動平均

チャートに自動表示されるので覚える必要はありませんが、参考までに知っておきましょう。

2.MACDの基本的な使い方

ここでは、MACDの使い方を2つ覚えましょう。

2.1.線がゴールデンクロスしたら買い

MACDは、株価に合わせてMACDがまず動き、それを追いかけるようにシグナルが動きます。この2本の線が交差することで、売買タイミングを図ることができます。

具体的には、次のように判断します。

《MACDの使い方①》

  • MACDがシグナルを下から上に抜けると買い(=ゴールデンクロス)
  • MACDがシグナルを上から下に抜けると売り(=デッドクロス)

移動平均線も同様に2本のクロスによって売買のタイミングを図りますが、MACDは直近の価格にウェイトを置いているので、移動平均線より早く売買サインが出る特徴があります。

次のチャートで確認してみましょう。

※クリックすると拡大します

MACDのゴールデンクロスとデッドクロス

1つ目の赤い丸の箇所がゴールデンクロスで、そこから株価が上昇しています。

また、2つ目の赤い丸の箇所がデッドクロスで、そこから株価が下落しています。

ただし、全てのテクニカル指標に共通して言えますが、MACDにもダマシがあります。そのため、単独で使うのではなく、他のテクニカル分析と組み合わせて使うなど工夫して、精度を上げる努力をすることも必要です。

2.2.ゼロより上か下で株価の強弱を判断

MACD(緑色)がゼロラインより上か下のどちらに位置しているかでも、買い時か売り時かを判断する目安になります。具体的には、次のように判断します。

《MACDの使い方②》

  1. MACDがゼロラインよりも上:株価の勢いが強い状態
  2. MACDがゼロラインよりも下:株価の勢いが弱い状態

MACDがゼロラインよりも上にある場合には、株価の勢いが強い状態であると分析できます。反対に、ゼロラインよりも下にある場合には、株価の勢いが弱い状態であると分析できます。

MACDはトレンドフォロー型のテクニカル指標なので、トレンドが出ている時のほうが売買サインの信頼度が高いです。一方、トレンドが出ていない時(=レンジ相場)はダマシが多くなる傾向があります。

そのため、MACDを売買シグナルとして使う時は、MACDとシグナルのクロスによる売買サインに加えて、MACDがゼロラインより上か下かで株価の強弱を判断することも方法の一つです。

まとめ

MACDはシンプルで使いやすく、売買のタイミングが図りやすいメリットがあります。

本文中でもお伝えしたように、出来高やチャートパターンなどの他のテクニカル分析を組み合わせて使うことで、より精度が高いエントリーポイントを見つけることができます。

あなたのテクニカル分析の引き出しに、ぜひMACDを加えておきましょう。

証券会社選びで悩んでいる方へ
自分に合った証券口座の探し方とは

国内には200を超える証券会社があり、どこで取引するかによって、手数料やツール、取扱い商品が異なり、長期的に大きなパフォーマンスの差となって現れます。

株式投資歴10年の専業経験もある遠藤氏は、「証券口座を選びは利益の出し方を決めるものであり、自分に合った口座を選ぶべきだ」と主張しています。その遠藤氏も実際に使っている、株式トレードの利益を最大化する口座は、『証券会社おすすめ7社を徹底比較!現役トレーダーが口コミ解説』で公開しています。

また、iDeCo(イデコ)やつみたてNISAを活用して、老後2,000万円問題を解消するきっかけとなる証券会社は、『積立投資でオススメの証券会社~元証券マンが使っている4社』で紹介しています。

無料動画セミナー: 新高値に注目して大化けする株を探す具体的な方法

専業投資家、ふりーパパ氏の「成長株投資」は、数倍になる銘柄を簡単に見つけ出し、大きな利益が 期待できる注目の投資手法です。


実際、ふりーパパ氏自身、これまで4億円もの利益を株式投資で稼いでいます。


しかも、銘柄選定も慣れてくると30分程でできるので、選定から投資まで時間がかかりません。また、中長期の投資法なので、頻繁に相場を見る必要もありません。


そのため、自分の趣味や仕事に集中することができます。


この無料動画セミナーを見ると、次の3つのポイントが学べます。


・成長株の発掘に便利なサイト
・売買のタイミング
・成長株の見極め方


ふりーパパ氏の具体的な手法を、この動画セミナーで具体的にお伝えします。


無料動画セミナーで成長株の手法を見る

【無料公開中】v-com2の株式投資10日間集中講座

株のLINE200万円の資金から株式投資をはじめて資産を1億8000万円にまで増やすことに成功したv-com2氏の株式投資講座を無料で公開中です。


次のLINE公式アカウントにご登録いただくと、v-com2氏の3つの投資手法を学ぶことができます。


株のLINE CTAバナー


具体的には、次のような内容が全て無料で学べます。


・株主優待投資
・資産バリュー投資
・収益バリュー投資
・その他の投資法


10日間でv-com2さんのメッセージと動画・レポートをお届けします。初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説をしているので、「自分で銘柄を発掘して稼げるようになれる!」と鮮明にイメージすることができるはずです。


ひご登録いただき、自分で銘柄発掘するための土台づくりを完成させてください。


TOPに戻る