配当利回りの基礎知識

投資をする配当利回りを考慮にいれることは、今では当たり前のスタンスになっています。

ただし、利回りは高いほうが良いことはわかっていても、ただ高いということに注目してしまい、ほかの大事な要素を考慮に入れることを忘れてしまっている人が多く見受けられます。

このページでは、配当利回りとはなにか、使用するさいに考慮すべきこと、などにフォーカスして失敗しない配当利回り投資を解説していきます。

執筆者
投資の教科書 株式事務局

投資の教科書 株式事務局

投資の教科書株式事務局では、株式投資で稼ぐ力を身につけるために必要な基礎知識をはじめ、実際に成果をあげているトレーダーの手法、分析方法などを、初心者にもわかりやすくお伝えしています。

友だち追加

はじめに 配当利回りとは

配当利回りに関して簡単に解説すると、企業は投資をしてくれた株主に対するお返しとして、毎年稼いだ利益のなかから企業ごとにあらかじめ決められた分の配当を支払います。そして、その配当と株主がその配当をもらうために出資した金額を考慮した計算したものが配当利回りです。

配当利回り=配当÷株価×100

となります。

一株配当100円の企業の株価が1株2000円だったなら上記計算式に当てはめると5%ということになります。なぜ利回りで計算する必要があるかというと、配当金額だけでは、株式の異なる値段を考慮に入れていないためどちらが投資効率がよいかを判断できないからです。

たとえば、ある企業の配当が100円、べつの企業が150円だったとします。

後の企業の方が50円多くもらえるため、そちらの方に投資すべきかというとそれは違いますよね。

前者の株価が1000円、後者の株価が3000円だったとしたら、配当利回りの計算式で当てはめると前者が10%、後者が5%ということになります。そのため、配当の利回りだけで見た場合の、投資効率は前者の方が良いと判断できます。

高配当利回りに関しては別のページにて解説をします。

注意!高利回りで買は大きな間違い!?

高い利回り、つまり投資した金額に対してより多くの配当がもらえるということが良いと考える投資家は多いです。

たしかに投資してくれた株主に対して配当という形で還元を積極的にしている企業はそれなりに評価できます。また市販の投資本や投資情報誌などを読んでも「高配当銘柄ランキング特集」「高配当は良い!」で終わってしまっているものが多くほとんどの解説が説明不足です。

単純に高利回りであればそれで良いというのは大きな勘違いです。その理由は3つあります。

  1. 単に株価が下がっているために結果、高利回りになっている
  2. 余裕がないのに無理して配当を出している
  3. 成長性という観点から考えるとちょっと待てよとなる場合あり

順に解説していきます。

1 単に株価が下がっているために結果、高利回りになってしまっている

一番注意する必要のあるパターンです。

業績不振により株価も売り込まれ右肩下がりのチャートになっている、株価が大きく下がっているにも関わらず、配当のみ変えていないパターンです。当然配当に対して株価が半分の価格になれば配当利回りは2倍になります。この点、その企業の業績が安定してのびているかしっかりとチェックする姿勢が必要です。

2 余裕がないのに無理して配当を出している

1と似たパターンですが、1株利益より1株配当の方が多い場合があります。

利益よりも配当の方が多いのにどこからそのお金をだすのでしょうか。もちろん企業には利益剰余金があります。不動産など現金化すれば株主に還元できるような資産もあります。しかしそれはあくまで一時的なことです。

やはり本業で利益を出し、特別利益を上乗せしない状態で余裕を持って配当を支払えている企業の株価が伸びていきます。

3 成長性という観点から考えるとちょっと待てよとなる場合あり

若干論点がずれるかもしれませんが、企業が成長して株価が伸びてほしいならば、利益が順調に伸びている配当の少ない、もしくは無配当の企業へと投資をしていく姿勢も必要です。

配当を出さずに、利益を次の設備投資へとまわすことも形を変えた立派な株主還元です。ただし、しっかりと事業を伸ばすために余った利益を使用しているかどうかを確認する必要があります。

上記3つの注意点をしっかりと守って利回りを考慮した銘柄探しをするようにしてください

まとめ

配当を重視して投資をすることは非常に重要です。

実際に配当利回りのたかい銘柄への投資をしていくことで、分かってくることも多いと思いますが、少なくても上記3つの注意点は把握した上で配当利回り投資を行っていくようにしてください。

証券会社選びで悩んでいる方へ
自分に合った証券口座の探し方とは

国内には200を超える証券会社があり、どこで取引するかによって、手数料やツール、取扱い商品が異なり、長期的に大きなパフォーマンスの差となって現れます。

株式投資歴10年の専業経験もある遠藤氏は、「証券口座を選びは利益の出し方を決めるものであり、自分に合った口座を選ぶべきだ」と主張しています。その遠藤氏も実際に使っている、株式トレードの利益を最大化する口座は、『証券会社おすすめ7社を徹底比較!現役トレーダーが口コミ解説』で公開しています。

また、iDeCo(イデコ)やつみたてNISAを活用して、老後2,000万円問題を解消するきっかけとなる証券会社は、『積立投資でオススメの証券会社~元証券マンが使っている4社』で紹介しています。

無料動画セミナー: 新高値に注目して大化けする株を探す具体的な方法

専業投資家、ふりーパパ氏の「成長株投資」は、数倍になる銘柄を簡単に見つけ出し、大きな利益が 期待できる注目の投資手法です。


実際、ふりーパパ氏自身、これまで4億円もの利益を株式投資で稼いでいます。


しかも、銘柄選定も慣れてくると30分程でできるので、選定から投資まで時間がかかりません。また、中長期の投資法なので、頻繁に相場を見る必要もありません。


そのため、自分の趣味や仕事に集中することができます。


この無料動画セミナーを見ると、次の3つのポイントが学べます。


・成長株の発掘に便利なサイト
・売買のタイミング
・成長株の見極め方


ふりーパパ氏の具体的な手法を、この動画セミナーで具体的にお伝えします。


無料動画セミナーで成長株の手法を見る

【無料公開中】v-com2の株式10日間集中講座

株のLINE200万円の資金から株式投資をはじめて資産を1億8000万円にまで増やすことに成功したv-com2氏の株式投資講座を無料で公開中です。


次のLINE公式アカウントにご登録いただくと、v-com2氏の3つの投資手法を学ぶことができます。


株のLINE CTAバナー


具体的には、次のような内容が全て無料で学べます。


・株主優待投資
・資産バリュー投資
・収益バリュー投資
・その他の投資法


10日間でv-com2さんのメッセージと動画・レポートをお届けします。初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説をしているので、「自分で銘柄を発掘して稼げるようになれる!」と鮮明にイメージすることができるはずです。


ひご登録いただき、自分で銘柄発掘するための土台づくりを完成させてください。


TOPに戻る