業績予想とは|大化け株を見つける方法

株価の上げ下げの主な要因は、企業の業績の変動です。

相場全体の動きによっては、一時的に株価の上下に影響を与えたりもしますが、長い目で見ると、企業業績の動きと株価の動きは連動しています。

業績の良い企業は、たとえ全体相場が低迷しても買われ、気付くと株価が数十倍になっていることもあるくらいです。それくらい株価の業績というのは、投資家にとって重要なものです。

そこで、この記事では、企業の業績予想を使って投資に役立てるコツを解説します。

執筆者
投資の教科書 株式事務局

投資の教科書 株式事務局

投資の教科書株式事務局では、株式投資で稼ぐ力を身につけるために必要な基礎知識をはじめ、実際に成果をあげているトレーダーの手法、分析方法などを、初心者にもわかりやすくお伝えしています。

1.業績予想の基礎知識

業績予想には、大きく分けて次の2種類があります。

  1. 企業が出す独自の業績予想(会社予想)
  2. 東洋経済が出す業績予想

それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.1.企業が出す独自の業績予想(会社予想)

企業が出す会社予想は、自分たちが行う事業の進捗から近い将来の予想を出します。

この会社予想は、企業によって、強気の予想になったり、保守的な予想になったりと様々です。特徴は、昔ながらの製造業は保守的な予想を出し、比較的新しいIT業界は強気の予想を出す傾向があります。

1.2.東洋経済が出す業績予想

東洋経済社が出す業績予想(四季報予想とも言います)は、これは、会社四季報を作成している東洋経済社の記者たちが、独自の調査に基づいて、第三者的な立場から業績の予想を立てるというものです。

会社予想よりも客観的な予想となることが想定されるので、投資家から重視されています。

1.3.四季報で2つの業績予想を確認する方法

上の2種類の予想は、四季報では、下記の場所にそれぞれ掲載されています。

トヨタの会社四季報

左下の業績欄に(予)と書いてある赤い枠が、四季報予想です。

そして、その下の(会)と書いてある青い枠が、会社予想です。

赤い枠(四季報予想)が青い枠(会社予想)を大きく上回っていると、東洋経済社が会社予想より強気の業績予想をしている、と判断できます。

覚えておきましょう。

2.業績予想から上がる株を見分ける二つの方法

業績予想には2種類あるとお伝えしましたが、投資で利益を上げるためには、これから上がる株を探す必要があります。

そして、本当に上がる株とは、全体相場が良い時も悪い時も、投資家によって買われて順調に高値を更新していく株式のことを指します。

言葉だけではわからないので、例を1つ挙げてみましょう。次の銘柄は、全体相場の下げとは関係なく、高値を更新したアイセイ薬局(3170)です。

gyousekiyosou-2

いかがでしょう?

この時期は、日経平均が20%近く下げていたにもかかわらず、アイセイ薬局のように高値を更新する銘柄は見つかるものです。そして、このような銘柄を見つけるためには、やはり、業績を考慮して銘柄探しをする必要があります。

上記のような上がる銘柄を見つける方法には、次の2つがあります。

  1. 四季報予想で確認する
  2. 企業の業績上方修正で確認する

それぞれ解説していきます。

2.1.四季報予想で確認する

会社予想に比べて四季報予想の見通しが良い場合には、下の画像のように、四季報のページの欄外に、「会社比強気」、もしくは「強気のマーク(ニコニコマーク)」が付きます。

会社四季報の欄外に注目する

四季報で強気だとみなされた銘柄には、徐々に買いが入る傾向があります。そのため、四季報をいち早くゲットして、強気や大幅強気の銘柄をできるだけ数多く見つけておくという方法が、これから上がる銘柄を探す一つの有力な方法です。

ちなみに、四季報は、年間購読をすると発売日の前日に届くというメリットがあります。この特性を利用して、一晩で全ての銘柄をチェックして、四季報が本屋に並ぶ日の午前9時前に注文を入れる強者もいます。

1銘柄ずつ強気予想を拾っていくのはたいへん地道な作業ですが、投資に近道はありません。

一晩とはまで言わないにしても、このような地道な作業をした人のほうが、株式投資で成功する確率は高くなります。

2.2.企業の業績上方修正で確認する

今度は、会社が発表する業績修正に注目した方法です。

下記の銘柄は、本業が順調に伸びていたディップ(2379)の週足チャートです。

ディップの週足チャート

ディップは、アルバイトの「バイトル」を運営している人材会社です。求人需要の高まりから、本業も好調で、過去に何度も上方修正を繰り返して株価も上がり続けてきました。

特に、2014年と2015年は全体相場の動きが読みにくかったのですが、このような銘柄を探し出して買っていたら、大きな資産増加に結びついていたはずです。

では、このようなお宝銘柄をどうやって探し出すのかというと、次の2つがポイントです。

  1. 上方修正後の出来高の増加のチェック
  2. 新高値更新のチャート形状

ディップのような新高値を更新していく銘柄を見つけるためには、業績から判断するファンダメンタル分析に加えて、出来高などのテクニカル分析も重要になってきます。

特に出来高は、その会社が注目されていて人気の表れともいえるので、意識して見るようにしましょう。そして、新高値を更新した銘柄は、毎日チェックすることをおすすめします。

まとめ

四季報の業績予想や企業の業績予想をヒントにして投資をすると、好調な業績に裏打ちされて株価がグングン上昇していく銘柄を見つけることができます。このような成長株は、株価が暴落局面になっていても下値が限定的という強みもあります。

これからは、業績予想にも注目して、株式投資のアイディアの引き出しを増やして下さいね。

証券会社選びで悩んでいる方へ
自分に合った証券口座の探し方とは

国内には200を超える証券会社があり、どこで取引するかによって、手数料やツール、取扱い商品が異なり、長期的に大きなパフォーマンスの差となって現れます。

株式投資歴10年の専業経験もある遠藤氏は、「証券口座を選びは利益の出し方を決めるものであり、自分に合った口座を選ぶべきだ」と主張しています。その遠藤氏も実際に使っている、株式トレードの利益を最大化する口座は、『証券会社おすすめ7社を徹底比較!現役トレーダーが口コミ解説』で公開しています。

また、iDeCo(イデコ)やつみたてNISAを活用して、老後2,000万円問題を解消するきっかけとなる証券会社は、『積立投資でオススメの証券会社~元証券マンが使っている4社』で紹介しています。

無料動画セミナー: 新高値に注目して大化けする株を探す具体的な方法

専業投資家、ふりーパパ氏の「成長株投資」は、数倍になる銘柄を簡単に見つけ出し、大きな利益が 期待できる注目の投資手法です。


実際、ふりーパパ氏自身、これまで4億円もの利益を株式投資で稼いでいます。


しかも、銘柄選定も慣れてくると30分程でできるので、選定から投資まで時間がかかりません。また、中長期の投資法なので、頻繁に相場を見る必要もありません。


そのため、自分の趣味や仕事に集中することができます。


この無料動画セミナーを見ると、次の3つのポイントが学べます。


・成長株の発掘に便利なサイト
・売買のタイミング
・成長株の見極め方


ふりーパパ氏の具体的な手法を、この動画セミナーで具体的にお伝えします。


無料動画セミナーで成長株の手法を見る

TOPに戻る