ROA(総資産当期順利益率)とは

企業は基本的には利益を生み出すために活動しますが、その活動の源泉は企業の資産です。

そしてその資産から実際に利益を効率よく生み出せているかどうかをはかる指標があり、その指標のうちの一つにROAがあります。

最近話題のROEによく似た名称ですが、両者はにて非なるものです。

ROEに比べて軽視されがちですが、ROAは会社の資産全体からの収益の大きさの割合を考えるために必要な指標であり、ROEから株式を見るのとはまた異なる視点で企業を見ることができます。

そのため、ROEとセットで覚えておくことで効率よく収益を出している企業を多角的に判定することが可能となります。

1.ROAとは

ROAは、return on assetsの略で、別名総資産利益率といいます。ROEと名前がよく似ていますが、分母が若干異なります。計算式にすると以下の通りになります。

ROA=純利益÷総資産

ROE=純利益÷自己資本(総資産-負債)

計算式だけ並べるとわかりづらいので、図で説明すると以下の通りになります。

簡単に見ると上記のようになります。ROEの方が、借金なしにどれくらい利益を出しているのかをはかるもののため特に海外投資に利用されるものです。

ROAは銀行からの借り入れや社債など返済しなくてはならない負債を自己資本に加えて、つまり総資産からどれくらいの利益を出せているかをはかるための指標です。

ここで、分子の利益を純利益するか、その他の利益にするかという問題が生じますが、純利益にするのが一般的です。ただし純利益には、特別利益や特別損失なども考慮されるので、異常な利益の増減があった場合にはその点を考慮する必要はあります。

ROEは大体15%あると優秀だと言われ、ROAは10%以上で優秀だと言われます。

2.ROAの具体的な使用法

ROAはどう使えばいいのか。

ROEと同じように持っている資産からどれくらいの収益を生み出しているかで企業の力をはかることはできます。ちなみにROAとROEの数値基準は以下の通りになります。

ROA

  • 優:10以上
  • 良:5以上
  • 普:1~2以上

ROE

  • 優:15以上
  • 良:10以上
  • 普:3以上

となります。ROAの方が、負債を純資産に加える分、分母が大きくなるため数値が低くなります。

ちなみにROEであれば、最近は特にJPX400などで注目されていることもあり、一見重要だと思われがちですが、実はROAにも、ほかの金融商品の利率と比較が可能だという重要な使い途があります。

簡単にいうと、ROAがたとえば1%の企業があったとして、そのほかの金融商品、たとえばROAが1%の企業へと投資するより2%以上の利回りの商品があったとしたら、そちらへ投資をしたほうが投資効率が良いと判断できます。

そのため、ROAが高いか低いかを確認した上で長期での投資を検討するというのも一つの手ではあります。

まとめ

手持ちの資産からどれくらい利益が出ているか、その収益性を見る指標というのは海外の投資家も注目する重要指標です。

ただし、くれぐれもROEと知識の混同が起きないように、ROEと合わせて一緒に押さえておくようにしましょう。

利益を最大化するために 凄腕トレーダーたちが 使っている証券口座とは

当サイトで証券コンテンツを執筆している遠藤氏とavexfreak氏のノウハウを実践するなら、口座選びを徹底する必要があります。

投資でプロフェッショナルな実力を持つ遠藤氏は、「口座を選びは、利益の出し方を決めるものであり、自分に合った選び方をするべきだ」と言っています。
そんな遠藤氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『プロが初心者へおすすめ│証券会社ランキング・比較』で詳しく解説しています。

また、21年間の株式投資で2億6000万円以上の利益をあげているavexfreak氏は、『おすすめネット証券はこれだ!総合ランキングで主要5社徹底比較』で、自身の視点で「これだ!」と思える証券会社を解説しています。

30万円を1億円以上に増やした「イベント投資法」を大公開!

元手30万で株式投資を始め1億円以上の利益


株式投資には様々な投資手法がありますが、その中には安定的に利益を積み上げていける方法があります。今回のウェブセミナーでご紹介する「イベント投資法」です。


イベント投資とは株式市場において、イベント(出来事)が発生することによって、売り手と買い手のバランスが崩れて株価の値動きに傾向が現れ、その傾向を利益にしていける投資手法です。「イベント」はあらかじめ予測できますので、イベントを狙っていくだけで機械的に利益を積み上げていけます。


この投資手法で元手の30万円を1億円以上に増やしているのが、専業トレーダーの夕凪(ゆうなぎ)氏です。今回のウェブセミナーでは、夕凪氏が自身の経験を基にしてイベント投資をお伝えします。


イベント投資は銘柄選びの必要もなく、買い時と売り時も決まっています。株式投資で安定した手法を手に入れたい方にとって、このウェブセミナーで公開されることは貴重なノウハウなので、今すぐ下記よりお申込みください。


 


今すぐ特別セミナーに参加する

執筆者
投資の教科書 事務局

投資の教科書 事務局

投資の教科書事務局では、実際に成果をあげている本物のトレーダーの取材に基いて記事を作成しています。この方針を貫き、初心者にも再現可能な手法やノウハウをわかりやすくお伝えします。

インタビュー

楽天証券代表取締役社長
楽天証券
TOPに戻る