FXの両建てで利益を上げるたった1つの超重要な知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXの両建てとは、「買いと売りのポジションを同時に保有すること」です。

FXは、株と違って、買いと売りを同じようにトレードできます。株では、空売りをすると余分な手数料を取られたり、空売りできない銘柄があったりなど、売りと買いでは少し異なります。

しかし、FXは全く平等です。どの通貨ペアでも、ワンクリックで両建てできます。

しかし、多くのFX会社では両建てを推奨していません。なぜなら、両建てしても損益は変動しない上、ポジション管理スキルがない初心者では混乱しますし、そもそもスプレッドも2倍かかるからです。そのため、私も、初心者の方には両建てはおすすめしません。

ただし、相場が分かって、「ここぞ!」という時が判断できるようになると話は別です。

この記事では、実例を交えて紹介しますので、参考にして、FXの注文方法の幅を広げて下さい。

1.両建ては注文方法の1つである

両建てをやったことがある方なら、次のような経験をしたことがあるかもしれません。

  • 両建てしてとりあえず損益をロックした。
  • 買いも売りも含み損でどうしていいか分からない。
  • 戦略はなく、とりあえず両建てして安心する。
  • あわよくば、買いも売りも利益は出したい。
  • ヘッジのつもりで両建てした。
  • 両建て外しはあとで考えればいい 。

これらは、両建ての勘違いパターンで結果的に損をします。なぜなら、両建ての使い方を分かっておらず、意味もなく買いと売りを持っている状態といえるからです。

そもそも、両建ては注文方法の1つであって、手法ではありません。

手法ではないので、両建てが上手だからといって、利益が増えるわけではありません。まず、これを勘違いしないようにしましょう。注文方法を変えたところで、利益が出しやすくなるわけではありません。

それでは、FXの両建てについて、デメリットから見ていきましょう。

1.1.両建てはスプレッド(=取引コスト)が2倍になる

両建てに必要な証拠金や設定方法などは、FX会社ごとに違いがあります。例えば、私がメイン口座使っているヒロセ通商のホームページを見てみると、両建てについて、次のような解説があります。

ヒロセ

画像の一番下に、「当社では両建てを推奨いたしておりません。」と書いてありますね。

実は、ほとんどのFX会社にこのような注意書きがあります。なぜなら、買いと売りを無意味に持つことで、スプレッドが2倍かかるからです。両建てすると損益変動がロックされますが、いずれ買いと売りのポジションどちらも決済することになります。

結局、スプレッドコストが2倍かかり、経済的合理性に欠けることになります。特に海外では、両建ては無意味だとする傾向が日本よりも高いです。

そのような理由で、FX会社の中には、最初から両建ての注文方法を設定していないところさえあります。

1.2.戦略なき両建ての心理的な損失は甚大

次に、両建てをすることによる心理的な損失を考えてみましょう。

実際のトレードでは、投資心理が無意識に働きます。そのことを知って対処できるようになっていないと、不利な結果になります。具体的にお伝えすると、初心者が戦略なき両建てをすると、高い確率で心理状態はパニックに陥ります。

その両建てが、戦略通りに機能し、含み益を一時的にロックしたものなら問題ありません。しかし、損切りしたくないからという理由で含み損のポジションを両建てした場合、メンタルは徐々に崩れていくでしょう。

なぜなら、「買いと売りのポジションを早くなんとかしなきゃ」という焦りから、ポジションを持っていること自体が強いストレスになるからです。両建てポジションのホールド期間が長くなるほど、このパニックは大きくなります。

例えば、含み損がどんどん拡大しているポジションを持っていると、大きなストレスを抱えることになると思います。そのような時は、まだ資金が枯渇していないとしても、メンタルが崩壊することは多々あります。

これと同じで、損失のポジションを両建てしていると、何かしらの打開策がないと、ポジションは外せなくなります。

「ポジションを外したい。けど、できない!」

文字ではなかなか表し切れませんが、このもどかしさは、尋常ではないプレッシャーとパニックに繋がります。

例えば、買いの含み損ポジションだけを持っているなら、戻るまでお祈りさえしていればいいです。何も行動する必要はありません。しかし、両建てをしていると、買いか売りのポジションを上手に外して利益に変える行動を取らなければならないですね。

皆さんは、不利な状況から有利にできるスキルは持ち合わせていますか?

片方だけの含み損ポジションでお祈りしている状況とは、辛さが違います。このように、両建てに失敗すると、あなたのメンタルを徐々に蝕んで(むしばんで)いくのです。

2.私の両建ての使い方

両建ては注文方法の1なので、手法というほどのものではありません。上述した通り、FX会社がおすすめしていないこともあり、一切使わなくても勝てないことはありません。

ただ、上手に注文を出すことで、利益を最大限に出しやすくなります。ここからは、私がFXで最大限の利益を出すための、ちょっとしたテクニックとして捉えてお読みいただければ幸いです。

まず、両建ては、「押し目」と「戻し」で行うことが重要です。これが分かれば、「この上ない楽しさ」や「極限の喜び」を感じることができます。詳しく見ていきましょう。

2.1.戦略的な両建てで上昇も下降も根こそぎ取る

相場は一方向へ進むことはなく、必ず押し戻しがあります。そこに合わせてタイミングよく両建てすることで、押し戻しの上昇と下降を、両方とも根こそぎ取ることができます。

次のチャートをご覧下さい。

1

3本の移動平均線が上向きになっており、上昇トレンドになっています(参考:「移動平均線で初心者が知っておくべき正しい見方と使い方の全て」)。

もし、Aでロング(=買い)してBで利益確定できれば、かなりの利益ですね。ド底で入って天井で出ることになります。「そんなことができるのか?」と疑問に思われるでしょうが、チャート分析のスキルが上がれば、不可能ではありません。

これができるようになっているということは、、相場の波が読めるようになっていることを意味します。具体的には、上昇トレンドでは、上昇して反落し、また押し目をつけて上昇トレンドに回帰していく流れがあることが肌で分かっている状態です。

まずは、このレベルまで到達することが先決です。

そして、このような押し戻しの波が理解できたら、両建てを活用します。そうすると、上昇と下落を根こそぎ利益にすることができます。

次のチャートは、先ほどと同じものです。例えば、Aの安値で買いポジションを持ったとします。

2

AとBが同じ値幅でN波動を描いていますので、この時点で上昇トレンドの継続を予測し、Cはまだホールドする判断、そして、Dに来た時がポイントです(波動についての参考記事:「相場の波を徹底的に理解するためのエリオット波動理論の全て」)。

2.2.トレンドの一時的な反転で両建てする

多くの方は、Dのポイントで利益を確定しようとするでしょう。

ただし、私はこうした場合に両建てをします。買いポジションを決済せずに、売りポジションを同時に持つのです。その後、Eで売りポジションだけを決済します。そうすると、買いポジションが残りますね。当初、底で買いポジションを持っていた状態に戻ったことになります。

そして、Fに来た時に再度売って両建てをし、Gで売りを決済して買いポジションだけにし、Hで再度両建てし、Iで売りポジションを決済します。この後、チャネルラインのIを下抜けた後に上昇トレンドが終了したと判断し、買いポジションを利益確定しても良いでしょう。

繰り返しになりますが、上昇トレンドは、上昇した後に押し目をつけるための反落し、トレンド回帰していきます。

この反落の時に、両建てをするのがポイントです。そうすることで、買いオンリーで長時間ホールドするよりも、売りの利益も得られるため、もの凄い値幅を稼ぐことができます。相場の仕組みが分かっていると、「一時的に反転するため含み益も一時的に減ることがある」と理解できます。

たとえ含み益が減っても、いずれトレンド回帰するので含み益は回復しますが、この「一時的に減る場面も利益にしてしまおう」という発想です。これが、私の両建てのテクニックです。

2.3.両建てでポジションを育てる感覚を養う

ここで、「両建てをしないで、買いポジションを利益確定したら、ドテン売りすればいいじゃないか?」と思うかもしれません。ドテンとは、買いを決済すると同時に売りポジションを持つこと(もしくはその逆)のことです。

確かに、買いポジションの含み益が減るのが分かっていれば、あえて両建てせずにドテン(買いを決済して売りを持つ)し、また押し目ができたらドテン(売りを決済して買いを持つ)すればいいですからね。

ここで影響してくるのが、あなたの考え方やメンタルです。ここからは、「この上ない楽しさ」や「極限の喜び」を得るために、ポジションに思い入れを持つための考えとして捉えて下さい。

ポジションを長くホールドするつもりでトレードするデイトレードやスイングトレードは、細かい売り買いはおすすめしません。長いホールドほど、「ポジションを育てる」「ポジションを作る」感覚が出てきます。

この感覚がまだない方は、「ポジションを作る」という捉え方をすると良いかもしれません。よく、ピラミッディングという建玉操作がありますが、これは、ポジションを長い時間かけて作り上げるという感覚でしょう。1回のエントリーだけでなく、どんどんポジションを増していきますからね(参考:「FXの資金管理で利益を上げるために必要なノウハウの全て」)。

そのトレードに対する思い入れも大きいでしょう。

ポジションがスクスクと育ち始め、含み益が出てくると喜びは大きいです。このポジション、すぐに決済したいでしょうか?育ててきた感覚があれば、すぐに決済したくありませんよね。しかし、ポジションを長く持てば、一時的に反転するポイントがやってきます。

一時的とはいえ、含み益が必ず減ります。

ここで両建てすれば、育てているポジションは決済せずに済みますね。一度手放してからまたエントリーすることと、最初から持っているポジションを育てていくのでは、喜びや思い入れは違います。

このように、ロング(=買い)をホールドしたまま両建てのショート(=売り)をすることには意味があります。上昇トレンドなら、買いポジションを育てながら押し目を作る場面では両建てのショートでも利益を上げる、これが最高のトレードといえるでしょう。

トレードを長く、そして楽しく続けるために、ぜひこのレベルを目指して下さい。ポジションを育てる感覚は、とても楽しいです。

2.4.N波動を理解してこそ正しい両建てができる

買いも売りも根こそぎ利益にする両建てを可能にするかどうかは、あなたの知識レベル次第です。どのような手法にせよ、トレードで大勝ちしたいなら、適切な知識を付けて土台を強固にすることは欠かせません。

しかし、両建てで根こそぎ利益にするまで到達するのが難しいかというと、そんなことはありません。重要なのは、N波動をよく知ることです。N波動とは、「トレンドは必ずN字を描く」という次のような相場の波です。

3

N波動を理解すると、両建てする押し目と戻しのポイントや、両建てを外す場面などが分かり、適切なトレード戦略を立てることができます。詳しくは、『相場の波を徹底的に理解するためのエリオット波動理論の全て』をお読みいただき、ぜひマスターして下さい。

まとめ

両建てがストレスなくできるようになったら、一人前だと考えてもいいでしょう。トレードで利益を出す喜びを、この上なく実感できるようになります。

そうなるためには、まず練習が必要です。両建てをすることで自分がどんな心理状態になるかを経験し、そこから自分に合ったポジションの取り方を決めると良いでしょう。そして、FXを長く続けるつもりでしたら、買いと売りのポジションを”育てる”感覚を意識してみて、真剣に取り組んで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5,000万円の利益を稼いだトレード手法の全て

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、本格的にFXを始めて8年間で1億5,000万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。そのことは、年ベース負けなしで安定した利益を得ていることからも、確かな事実です。


その結果、平均163%の年間利回りを記録し、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・エンベロープや移動平均線のチャートの具体的な設定方法
・現在の利益の約3割を生み出しているデイトレードについて
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。


ぶせな氏の実践方法を見る

利益を最大化するために
ぶせな氏をはじめとした億トレーダーが
使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい4社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の10社から選ぶ場合は、『【2018年下期】FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き』をご活用ください。

ぶせなの人気記事

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメント

  1. makoto より:

    ぶせな様
    お世話になります

    投資の教科書で勉強させていただいております
    定年退職後に始めたFXですがなかなか利益を出せずそろそろ撤退の時期かなと思ってた矢先に
    ぶせな様のブログにめぐりあえました

    丁寧で分りやすい文章や図表からは
    明確にFXを理解している事が伝わってきます
    これでもかと言う適切な解説は大変分りやすく納得と同時に自信へとつながりました

    お陰さまで明日への希望がわいてきました
    復活を目指し更にわが身として吸収していきたいと思います

    まずはお礼まで
    有難うございます

コメントを残す

*