IPOの申込み方法|誰でもすぐに始められる投資

IPO(新規公開株)は老若男女問わず人気です。

IPO投資が人気の理由

  • 株価が割安に設定されているため初値が高くなる傾向がある。
  • 買い付け時に手数料がかからないため、低コストである。
  • 宝くじ感覚で参加できるので投資初心者も始められやすい

上記のような理由からIPOを始める方が年々増えていますが、実際にどのようにして申し込めば良いのかわからない方もいらっしゃると思います。

そこで、今回はIPO株の申込み方法をインターネット証券と大手証券会社を基にして具体的にわかりやすくお伝えしたいと思います。この記事をお読み頂ければIPOの申込み方が簡単にできるとイメージして頂けると思います。

1.インターネット証券でIPOを申し込む(SBI証券)

まず、はじめにインターネット証券で申し込む場合の手順をお伝えします。

今回、ご紹介するのはIPOの取扱いが多いSBI証券です。

なお、申込みの手順は下記の通り行っていきます。

  • 取引画面にログインする。
  • 「国内株式」のところをクリックして表示する
  • 「新規上場・公募売出」のところクリックしてIPOへ
  • 「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリックして詳細へ
  • IPO銘柄を選んで「申込」をクリックする
  • いくらで何株買いたいのか入力して、申込みへ

    取引画面にログインする

ipomoushikomi_1

上記の赤枠のところへユーザーネームとパスワードをそれぞれ入力して、SBI証券の取引画面にログインします。パスワードを忘れた場合は確認ができますが忘れないようにしてください。

  • 「国内株式」のところをクリックして表示する

ipomoushikomi_2

いくつかカテゴリーがありますが、IPOは国内の証券取引所(東証、名証、札証、福証)に新規上場しますので、「国内株式」を選択します。

  • 「新規上場・公募売出」のところクリックしてIPOへ

ipomoushikomi_3
国内株式をクリックすると、その下にいくつかのサブカテゴリーが表示されます。
その中から「新規上場・公募売出」をクリックするとIPOの紹介画面に切り替わります。

  • 「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリックして詳細へ

 ipomoushikomi_4

「新規上場・公募売出」をクリックすると、これから新規上場するIPOの一覧が表示されます。この中にはブックビルディング(IPOの抽選を申し込むこと)の受付している銘柄がありますので、「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリックして確認します。

  • IPO銘柄を選んで「申込」をクリックする

 

「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリックすると申込みできるIPOには「ブックビル申込」の隣に「申込」というボタンが表示されます。上記ではVALUENEXが申込みできますので「申込」ボタンを押します。

  • いくらで何株買いたいのか入力して、申込みへ

 

「申込」ボタンを押すと、上記のように申込みファームが表示されます。

申込みの株数と買いたい株価をぞれぞれ入力して「取引パスワード」を入力します。

また、SBI証券は「IPOチャレンジポイント」が利用できますので、使用する場合はここで使用するポイントを入力します。

※IPOチャレンジポイントとは新規上場株式(既上場銘柄の公募増資・売出は除く)のブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じてIPOチャレンジポイントが加算されます。IPOチャレンジポイントをご使用いただくことによりIPOが当選しやすくなるSBI証券のポイントサービスです。

2.大手証券でIPOを申し込む(野村しょうけ)

続いて、大手証券会社である野村證券で申し込む場合の手順をお伝えします。

野村證券は主幹事実績が多く、未入金でもIPOの抽選に参加できるのが特徴です。

なお、手順は下記のとおりです。

    • 野村ホームトレードにログインする
    • 取引・注文照会をクリックする
    • 国内株式をクリックする
    • IPO(新規公開株式)をクリック

なお、手順は下記のとおりです。

  • 「抽選申込」をクリックする
  • 抽選内容を確認する

    野村ホームトレードにログインする

野村證券のネット取引をログインするため、上記の「ログイン」からログインします。

ログイン後、下記の画面に切り替わります。

  • 取引をクリックする

ログイン後は上記の画面に切り替わりますのでIPOをクリックします。

  • IPOをクリックする

IPO(新規公開株式)をクリックすると申込みできるIPOの一覧が表示されるので、その中から申込みできる銘柄を選びます。そして、申込みしたい銘柄が決まったら「抽選申込へ」をクリックします。

抽選申込をクリックすると申込内容の確認画面が表示されますので、「確認する」をクリックして最終手続きを行います。

野村證券の申込みは以上になります。

3.他の証券会社の申し込み方法

今回はSBI証券と野村證券の2社の申し込み方法をご紹介しました。

IPOは他の証券会社も申込みできます。

そこで、他の証券会社のIPO投資に関するウェブサイトを下記にご紹介しますので、ご覧ください。(各証券会社のIPO案内ページが表示されます)

大和証券のIPO申込みについて
SMBC日興証券のIPOについて
みずほ証券のIPOについて
岡三証券のIPOについて
東海東京証券のIPOについて
マネックス証券のIPOについて

4.店頭での申込みについて

今までお伝えした2通りの方法はインターネットでの申込みですが、IPOは証券会社の営業マン、窓口を通じて申込みをすることができます。この申込は店頭にいかなくても電話で行うことができますので、店頭で証券口座を開設した場合は担当者に確認するようにしましょう。

詳しくは「IPOの当選確率を大幅に高めるための3つのテクニック」記事をご覧ください

まとめ

IPOの申込みは難しいことをするわけではありません。誰でも気軽に抽選へ参加できます。

一番大事なことは公募割れ(初値が公募価格を下回ること)の銘柄を獲得してしまうことです。でも、銘柄を分析することができれば回避できることなので、1銘柄1銘柄注意して見て行きましょう。

IPO投資入門セミナー(無料ウェブセミナー)


IPO投資(新規公開株)は、これから投資を始めたい方、特にサラリーマンにおススメしたい投資法です。


なぜなら、IPO投資は、デイトレードやスイングトレードと違って、常にパソコンの画面に張り付く必要がないため、忙しい会社員の方でも取り組みやすい手法だからです。


IPO株を獲得したり、IPOが株式公開してから売買する戦略を実践することで、なサラリーマンの年収を大きく上回る利益をIPO投資から得られるでしょう。


このウェブセミナーでは、IPO投資の初歩的な説明からIPO投資を行う上で大事なこと、そして、IPO投資で長年、利益をあげ続けているIPO投資家の柳橋が実践しているIPO投資の手法を一部ご紹介します。


この映像をご覧頂いた後にはIPO投資の可能性を感じて頂けているでしょう。


なお、ウェブセミナーは無料で参加できます。ぜひ、映像をご視聴して頂き、今後の株式投資にお役立てください。


 

今すぐ無料セミナーを受講する

執筆者
柳橋義昭

柳橋義昭

兼業投資家。 証券会社在籍時に営業、ディーラー、ネット株部門の立ち上げを行い、 2008年からエンジュク株式会社に従事。 証券会社でIPOの業務の経験を活かし、2008年に独自の投資手法を確立。 その後は毎年、IPOの獲得とセカンダリー投資にて利益を積み上げる。 また、これまで述べ20,000人の投資家に自身の投資手法を伝授。 著書に、『いつでも、何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資』(すばる舎)がある。 証券外務員資格一種保有。

インタビュー

楽天証券代表取締役社長
楽天証券
TOPに戻る