時価総額とは?仕組みと特徴を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時価総額とは、企業の規模を表したもので、その企業の価値を示しています。また、時価総額が高ければ、その企業に期待をしている投資家が多いということになります。

企業を分析したり、投資をするときには、会社の規模を意識することが大切になります。

なぜなら、時価総額の大きな企業と小さな企業とでは投資家としての戦い方が違うからです。戦い方とは、投資をして勝つ方法(=利益を得る方法)です。

1.時価総額の仕組み

時価総額は、株価に発行株式数をかけることで求めることができます。その方程式が以下です。

[ 株価×発行済株式数 ]

株価が変動することで、企業の時価総額も日々変動していきます。また、時価総額は、企業の規模を国際比較する際に用いることができます。

規模の特徴を掴むことで、規模に応じた取引の仕方ができるようになり、投資のパフォーマンスが上がります。

2.時価総額が意識されるワケ

なぜ、ニュースや新聞などで、これだけ時価総額に注目が集まるのでしょうか。アップルを例に考えてみましょう。

アップルは、2018年8月に米国で初めて時価総額1兆ドルを達成しました(参考:『アップルが株価上昇で時価総額1兆ドル、米企業で初 – Bloomberg』)。

(出所: The Wall Street Journal)

時価総額を高める企業が増えることで、強気相場入りと認識する投資家も少なくありません。

冒頭でも述べましたが、時価総額は、企業の規模を表すものですので、国際企業と規模を比較する際には、時価総額ではかる傾向があり、買収時にも時価総額が意識されます。

この考え方は国際標準です。また、企業の規模は株価で比較することはできません。なぜなら株式分割や株式併合などで株価は大きくも小さくも変化させることができるからです。

3.時価総額と自社株買いの関係

時価総額が上昇すると考えられる要因として、自社株買いが挙げられます。

企業は自社株買いを行うことで、発行株式数が減少し一株あたりの利益を表面上、上昇させることができます。その結果、時価総額もそれに釣られ上昇するということです。

しかし、自社株買いをしても必ず時価総額が上がるわけではないことにご注意ください。アップルが時価総額が上昇し続けたのは、営業利益の高さに起因して株価が上昇し続けた結果であり、それは自社株買いを行ったことだけが理由ではないのです。

とはいえ、米国株式市場の歴史は、ハイテク株において自社株買いが盛んに行われ、株価と同時に時価総額も上昇してきました。自社株買いによって株価が支えられ、その結果、時価総額が上がりました。

時価総額1兆ドルを記録したアップルも、それに続くアマゾンなども積極的に自社株買いを行い、時価総額を更新させてきました。なので、自社株買いはそれが本物か、偽物かを見極める必要があります。

4.まとめ

時価総額は、規模感や投資家の期待の強さ、企業の価値を考える物差しになっています。時価総額の高い企業に投資する場合には、利益水準の維持、さらなる成長を確認する必要があるということです。

対して、時価総額の低い企業は、これから利益率が伸びるかを意識して投資銘柄を選ぶことで急成長銘柄を発掘できるかもしれないということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
遠藤貴司

遠藤貴司

高校在学中に、実店舗とネットで小売り事業を始め、経済に目覚める。大学入学後に株式投資を開始。卒業後は専業投資家を経験。数々の金融ショックから資産を守り膨張させる。現在はマクロ経済分析を基に、国内外の株式や商品先物などで運用を行う兼業投資家。得意な運用手法は、割安な銘柄を買う「バリュー投資」と時代の変化に着目した「パラダイムシフト投資」。趣味はカメラとドラム。

無料動画セミナー:株価が数倍になる株を見つけて利益を上げる手法

専業投資家、ふりーパパ氏は「成長株投資」を実践し、これまで4億円もの利益を株式投資で得ています。ふりーパパ氏の手法の魅力はきわめてシンプルな銘柄選別法にあります。それは業績の上方修正をして新高値をとってきた銘柄を出来高とボックス抜けの指標でチェックして投資をするというものです。


ふりーパパ氏独自の3つのポイントで銘柄に絞り込みをかけることで
より上昇する銘柄がはっきりと見えてきます。この手法は銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。


また、これまで多くの成功者を輩出しています。
(ふりーパパ氏の手法を実践して、1億円以上稼ぐ投資家もいらっしゃいます。)


このWEBセミナーでは、ふりーパパ氏が成長株投資について
具体的にわかりやすく説明致します。



無料WEBセミナーに参加する

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*