時価総額とは?仕組みと特徴を解説

時価総額とは、企業の規模を表したもので、その企業の価値を示しています。また、時価総額が高ければ、その企業に期待をしている投資家が多いということになります。

企業を分析したり、投資をするときには、会社の規模を意識することが大切になります。

なぜなら、時価総額の大きな企業と小さな企業とでは投資家としての戦い方が違うからです。戦い方とは、投資をして勝つ方法(=利益を得る方法)です。

執筆者
遠藤貴司

遠藤貴司

世界中の株式を運用する兼業投資家。高校在学中に起業し経営の道へ。在学中に株式投資を開始し証券アナリスト資格を学びながら独自の手法を生み出す。その後は専業投資家、財産構築アドバイザーとして活動。運用では日々数億円規模の取引を行い、数々の金融ショックから資産を守り膨張させる。投資手法は、割安な銘柄を買う「バリュー投資」と、マクロ経済と時代の変化に着目した「パラダイムシフト投資」。お金にまつわる講師も務める。空手と囲碁が得意。

1.時価総額の仕組み

時価総額は、株価に発行株式数をかけることで求めることができます。その方程式が以下です。

[ 株価×発行済株式数 ]

株価が変動することで、企業の時価総額も日々変動していきます。また、時価総額は、企業の規模を国際比較する際に用いることができます。

規模の特徴を掴むことで、規模に応じた取引の仕方ができるようになり、投資のパフォーマンスが上がります。

2.時価総額が意識されるワケ

なぜ、ニュースや新聞などで、これだけ時価総額に注目が集まるのでしょうか。アップルを例に考えてみましょう。

アップルは、2018年8月に米国で初めて時価総額1兆ドルを達成しました(参考:『アップルが株価上昇で時価総額1兆ドル、米企業で初 – Bloomberg』)。

(出所: The Wall Street Journal)

時価総額を高める企業が増えることで、強気相場入りと認識する投資家も少なくありません。

冒頭でも述べましたが、時価総額は、企業の規模を表すものですので、国際企業と規模を比較する際には、時価総額ではかる傾向があり、買収時にも時価総額が意識されます。

この考え方は国際標準です。また、企業の規模は株価で比較することはできません。なぜなら株式分割や株式併合などで株価は大きくも小さくも変化させることができるからです。

3.時価総額と自社株買いの関係

時価総額が上昇すると考えられる要因として、自社株買いが挙げられます。

企業は自社株買いを行うことで、発行株式数が減少し一株あたりの利益を表面上、上昇させることができます。その結果、時価総額もそれに釣られ上昇するということです。

しかし、自社株買いをしても必ず時価総額が上がるわけではないことにご注意ください。アップルが時価総額が上昇し続けたのは、営業利益の高さに起因して株価が上昇し続けた結果であり、それは自社株買いを行ったことだけが理由ではないのです。

とはいえ、米国株式市場の歴史は、ハイテク株において自社株買いが盛んに行われ、株価と同時に時価総額も上昇してきました。自社株買いによって株価が支えられ、その結果、時価総額が上がりました。

時価総額1兆ドルを記録したアップルも、それに続くアマゾンなども積極的に自社株買いを行い、時価総額を更新させてきました。なので、自社株買いはそれが本物か、偽物かを見極める必要があります。

4.まとめ

時価総額は、規模感や投資家の期待の強さ、企業の価値を考える物差しになっています。時価総額の高い企業に投資する場合には、利益水準の維持、さらなる成長を確認する必要があるということです。

対して、時価総額の低い企業は、これから利益率が伸びるかを意識して投資銘柄を選ぶことで急成長銘柄を発掘できるかもしれないということです。

利益を最大化するために 凄腕トレーダーたちが 使っている証券口座とは

当サイトで証券コンテンツを執筆している遠藤氏とavexfreak氏のノウハウを実践するなら、口座選びを徹底する必要があります。

投資でプロフェッショナルな実力を持つ遠藤氏は、「口座を選びは、利益の出し方を決めるものであり、自分に合った選び方をするべきだ」と言っています。
そんな遠藤氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『プロが初心者へおすすめ│証券会社ランキング・比較』で詳しく解説しています。

また、21年間の株式投資で2億6000万円以上の利益をあげているavexfreak氏は、『おすすめネット証券はこれだ!総合ランキングで主要5社徹底比較』で、自身の視点で「これだ!」と思える証券会社を解説しています。

株式投資で勝ち続ける秘訣は意外なところにあった

busena


株式投資では最終的には勝つか負けるかの2つに別れます。もちろん勉強は必要ですが、それと同じくらい大切なことがあります。


それが「自分に合った証券会社を選ぶ」ということです。


専業投資家・兼業投資家の双方の立場を経験した私にとって、「どの証券会社の口座を使うか」は、


利益を上げ続けられるか
損失を被り続けるか


を大きく分けるものでした。


利益をとことん追求して証券会社を選ぶために、私が実際に使って「これだ!」と思える口座を特別に公開しています。


プロが初心者へおすすめ「証券会社ランキング」を読む

インタビュー

楽天証券代表取締役社長
楽天証券
TOPに戻る