株式分割のメリットとデメリットのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式分割とは、文字通り、「企業が現在発行している株式を分割すること」です。

企業が株式を分割をすると、たとえば1株が2株に、1株が4株に増えます(企業によって分割数は異なります)。それに伴い、株価は1株を2株へ分割した場合は1/2の価格に、1株を4株へ分割した場合は1/4の価格に下がります。

当然、こうした株式分割は、企業や投資家にとってメリットが大きいから行われます。

また、メリットがあれば、デメリットもあるのが世の常です。それらを合わせて具体的に見ていきましょう。

1. 企業が株式分割をする2つの理由

企業にとって株式分割をする理由は、大きく分けて2つあります。

  1. 株価が低くなることで、より多くの人が買いやすくなる。
  2. 流動性が高まることで、株価上昇を狙える。

1.1. 株価が低くなることで、より多くの人が買いやすくなる

人によっては、ある企業の株を本当は買いたいけど、最低取得額(最も安く買える金額)が高すぎるという理由から、買えないケースがあります。たとえば、2018年8月時点ではファナック(6954)やキーエンス(6861)などが、最低取得額が他の銘柄に比べても高く、人によっては買いづらい銘柄になります。

【ファナック(6954)】

出所:Bloomberg

ファナックは8月2日の終値が21,665円です。最低単元が100株なので、同社の株の最低取得額は、[21,665 × 100 = 2,166,500(216万6,500円)]になります。

【キーエンス(6861)】

出所:Bloomberg

キーエンスは8月2日の終値が60,080円です。最低単元が100株なので、最低取得額は[60,080 × 100 = 6,008,000(600万8,000円)]になります。

このような時に、株式分割をすることで、最低取得額が安くなり、より多くの人が、株を手に入れやすくなるのです。

1.2. 流動性が高まることで、株価上昇を狙える

安い価格で株を買えるようになると、流動性が高まります。そして、より多くの人が株を買って、買い圧力が高まると、株価は上昇します。このような思惑から、株式分割発表後に短期的に上昇する傾向があります。

業績が良い場合には、その傾向がより強くなります。しかし、業績が悪い場合は、逆に株価が下がることもあります。

2. 投資家にとっての株式分割のメリットとは?

それでは、投資家にはどのようなメリット(恩恵)があるのでしょうか。大きく分けて以下の3つになります。

  1. 株価が下がり買いやすくなる
  2. 保有株の数量が増えることで売りやすくなる
  3. 流動性の高まりと価格変動を活用して利益を出せる

2.1. 株価が下がり買いやすくなる

株式分割後は、1株1万円だったものが1株5,000円になったり、1株2,500円になったりします。そのため、投資資金が足りず買えなかった投資家が買えるようになります。

2.2. 保有株の数量が増えることで売りやすくなる

仮にA社の株価が1株1万円だとします。その株が100株単位でしか買えなかった場合で考えてみます。投資に必要な最低額は100万円(1万円 × 100株)となります。

次の図をご覧ください。

では、このA社株を1:2の比率で株式分割したらどうなるでしょうか。

1株1万円が1/2の1株5,000円になり、反対に保有している100株が2倍の200株に増えます。100株単位が売買条件の場合、最低投資金額は50万円となります。

それに伴い、投資家の行動に変化が出てきます。

投資家は、A社株を50万円分(半分)を売って、B株を50万円分買うという選択ができるようになります。

(※わかりやすく理解できるよう、日々の株価の値動きは考慮していません)

次の図がそれになります。

このように投資家は半分だけ売って、それを別の銘柄に投資することができます。つまり、その投資家は分散して株を持つことができるようになり、ポートフォリオを組めるようになります。

2.3. 流動性の高まりと価格変動を活用して利益を出せること

これは『1.2. 株が買いやすくなることで流動性が高まり株価上昇を狙えるため』で解説したことと同じです。

株式分割をすると、株価が上昇する傾向があります。投資家もそこから利益を得ることもできます。ただしご注意ください。その発表が不発に終わるというデメリットもあります。

3. 株式分割のデメリットとは?

株式分割のデメリットは、業績とは関係なく、株価が上昇することです。

業績が良ければ、上昇しても、その銘柄を心配することなく保有を続けられますが、業績が悪い場合は、どこまで上昇が続くかわかりません。そのため、「だまし上げ」にはご注意ください。

まとめ

さて、ここまで株式分割について解説をしてきました。分割にはメリットとデメリットがあることが理解できましたか。

株式分割が企業から発表されたら、その銘柄を機械的に買うのではなく、その企業の業績の良し悪しを見ることも大切になります。実際に株式市場で分割のニュースが流れたらぜひ株価の値動きを見てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
遠藤貴司

遠藤貴司

高校在学中に、実店舗とネットで小売り事業を始め、経済に目覚める。大学入学後に株式投資を開始。卒業後は専業投資家を経験。数々の金融ショックから資産を守り膨張させる。現在はマクロ経済分析を基に、国内外の株式や商品先物などで運用を行う兼業投資家。得意な運用手法は、割安な銘柄を買う「バリュー投資」と時代の変化に着目した「パラダイムシフト投資」。趣味はカメラとドラム。

無料動画セミナー:株価が数倍になる株を見つけて利益を上げる手法

専業投資家、ふりーパパ氏は「成長株投資」を実践し、これまで4億円もの利益を株式投資で得ています。ふりーパパ氏の手法の魅力はきわめてシンプルな銘柄選別法にあります。それは業績の上方修正をして新高値をとってきた銘柄を出来高とボックス抜けの指標でチェックして投資をするというものです。


ふりーパパ氏独自の3つのポイントで銘柄に絞り込みをかけることで
より上昇する銘柄がはっきりと見えてきます。この手法は銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。


また、これまで多くの成功者を輩出しています。
(ふりーパパ氏の手法を実践して、1億円以上稼ぐ投資家もいらっしゃいます。)


このWEBセミナーでは、ふりーパパ氏が成長株投資について
具体的にわかりやすく説明致します。



無料WEBセミナーに参加する

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*