有利子負債比率とは

投資対象の企業が安全な会社かどうかを判断するための指標として、有利子負債比率という財務指標があります。

この指標を知ることで、これまで業績だけで株を買うかどうか判断していた人にとっては、もう一つ企業の安全性という尺度が増えることになります。

まずは有利子負債を理解しましょう。そしてその後、比率の計算のもととなる自己資本、有利子負債比率と自己資本比率との違い、具体的な有利子負債比率の導き出し方と考え方をおさえましょう。

執筆者
投資の教科書 株式事務局

投資の教科書 株式事務局

投資の教科書株式事務局では、株式投資で稼ぐ力を身につけるために必要な基礎知識をはじめ、実際に成果をあげているトレーダーの手法、分析方法などを、初心者にもわかりやすくお伝えしています。

友だち追加

1.企業の借金?有利子負債とは

返す必要のある借金がどれくらいあるのかを浮き彫りにすることで、その企業が体質的に良い企業なのか悪い企業なのかを浮き彫りにすることが可能となります。

有利子負債が多ければ悪い、少なければ悪い、という絶対的な基準では判断できませんが、それが自己資本にたいしてどれくらいあるのか、比率で見ることが大事です。

まず有利子負債から見ていくことにします。

有利子負債は、企業が利子をつけて返済する必要のある負債(つまり借金)です。

たとえば、銀行などから調達した借入金、債券市場から調達した社債やCP(コマーシャルペーパー)などがあります。

当然のことながら借金が多くなることはそれほど良い話ではありません。ただ、借金を全くしないで、ビジネスを行っていくことは挑戦心がないということでそれはそれでよくありませんよね。

やはり企業活動をしていく上では資金が必要であり、最初から株主が大きな資金を出していくれていてその企業活動が調子付けば良いですが、大抵はそれ以外にも銀行からの資金調達をして業務を軌道に乗せる必要があります。

そうして、利益がどんどん増えていけばやがて株主による出資も増加して、自然と自己資本(株主資本)に対する有利子負債(借金)の割合も小さくなっていきます。
次に自己資本を考えてみましょう。

自己資本比率と有利子負債比率の違い

自己資本とは企業が株主等から借入れた基本的には返す必要がない資本のことです。

それはたとえば、返済義務のない株主からの出資金や資本準備金などのことで、返済義務のある銀行からの借金より自己資本が大きければ大きいほど会社経営は安定するといえます。

特にこの自己資本の強固さをはかるための財務上の指標としては自己資本比率というものがありますが、これは総資産に対する自己資本の割合を図るものです。この数値が高いほど企業の財務の安定性は高くなります。

一方、有利子負債は、自己資本に対する有利子負債の大きさを計測するためのものです。そのためその数値は小さいほど良い。ということになります。

まとめると…

1. 自己資本比率=高いほど企業の安定性が高い
2. 有利子負債比率=低いほど企業の安定性は高い

ということになります。自己資本絡みだけでみると、自己資本比率が高く有利子負債比率の小さい会社というのは財務が安定している、ということになります。

2.具体的にみる有利子負債比率

では、本題の有利子負債比率について解説します。次のように、計算されます

有利子負債比率=有利子負債÷自己資本×100

具体的に企業の有利子負債比率を見てみましょう。トヨタ(7203)とJT(2914)の例で見てみましょう。

まずはトヨタの例です。

単位は100万円。自己資本が18,946,917、有利子負債が20,240,450となります。パッと、見で有利子負債の方が多いことがわかります。

ちなみに有利子負債比率は、有利子負債÷自己資本なので、計算すると107%ということになります。

一方、JTの有利子負債比率ですが、こちらJTの有利子負債比率は、648,534÷4,680,900×100で24.1%ということになります

こうみてみるとトヨタの財務が危険なように思えますが、一概にそうとは言えず、株価が順調に伸びているのはむしろトヨタの方です。業績の伸びがトヨタの方が大きいからです。

当然利益が伸びが大きく業務を拡大できると踏めば株主からの借り入れのほかに、借金してでもいいから資金を増やそうとしますよね。トヨタはまだまだこれから力を伸ばしていこうとしている最中なのかもしれません。

逆に言えば、有利子負債比率が高いのに、業績が伸び悩んでいる企業や赤字に転落している企業なんかは「要注意!」ということになります。

まとめ

有利子負債と自己資本の関係を知ることで財務に少し強くなった気がしませんか?

このように財務をいろいろな指標と絡めて見ていくことで、少しずつ財務に強くなり自身で投資をするときに、強い会社、弱い会社の見極めができるようになります。参考になれば幸いです。

証券会社選びで悩んでいる方へ
自分に合った証券口座の探し方とは

国内には200を超える証券会社があり、どこで取引するかによって、手数料やツール、取扱い商品が異なり、長期的に大きなパフォーマンスの差となって現れます。

株式投資歴10年の専業経験もある遠藤氏は、「証券口座を選びは利益の出し方を決めるものであり、自分に合った口座を選ぶべきだ」と主張しています。その遠藤氏も実際に使っている、株式トレードの利益を最大化する口座は、『証券会社おすすめ7社を徹底比較!現役トレーダーが口コミ解説』で公開しています。

また、iDeCo(イデコ)やつみたてNISAを活用して、老後2,000万円問題を解消するきっかけとなる証券会社は、『積立投資でオススメの証券会社~元証券マンが使っている4社』で紹介しています。

無料動画セミナー: 新高値に注目して大化けする株を探す具体的な方法

専業投資家、ふりーパパ氏の「成長株投資」は、数倍になる銘柄を簡単に見つけ出し、大きな利益が 期待できる注目の投資手法です。


実際、ふりーパパ氏自身、これまで4億円もの利益を株式投資で稼いでいます。


しかも、銘柄選定も慣れてくると30分程でできるので、選定から投資まで時間がかかりません。また、中長期の投資法なので、頻繁に相場を見る必要もありません。


そのため、自分の趣味や仕事に集中することができます。


この無料動画セミナーを見ると、次の3つのポイントが学べます。


・成長株の発掘に便利なサイト
・売買のタイミング
・成長株の見極め方


ふりーパパ氏の具体的な手法を、この動画セミナーで具体的にお伝えします。


無料動画セミナーで成長株の手法を見る

【無料公開中】v-com2の株式10日間集中講座

株のLINE200万円の資金から株式投資をはじめて資産を1億8000万円にまで増やすことに成功したv-com2氏の株式投資講座を無料で公開中です。


次のLINE公式アカウントにご登録いただくと、v-com2氏の3つの投資手法を学ぶことができます。


株のLINE CTAバナー


具体的には、次のような内容が全て無料で学べます。


・株主優待投資
・資産バリュー投資
・収益バリュー投資
・その他の投資法


10日間でv-com2さんのメッセージと動画・レポートをお届けします。初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説をしているので、「自分で銘柄を発掘して稼げるようになれる!」と鮮明にイメージすることができるはずです。


ひご登録いただき、自分で銘柄発掘するための土台づくりを完成させてください。


TOPに戻る