会社四季報の読み方|大切な4つのポイント

会社四季報は、個人投資家が株式投資をする際の最も有力な情報源の1つです。

もっとも、会社四季報には、株式投資をする上で役に立つ情報が沢山詰め込まれているので、最初はどのように見たらいいのか分からないかもしれません。

でも、安心してください。会社四季報の読み方のポイントさえ押さえれば、読むことは全然難しくはありません。

この記事では、私が四季報を読むときに気を付けて読んでいる4つのポイントをわかりやすく紹介します。是非、この記事で紹介する4つのポイントを押さえて、四季報を株式投資に活用していただきたいと思います。

執筆者
avexfreak(エイベックス・フリーク)

avexfreak(エイベックス・フリーク)

2003年から元手300万で株式投資を始め、16年間で約2億8000万円の利益を稼いでいる兼業トレーダー。得意な手法は、四季報先回り買い、IPO投資、株主優待のタダ取りなど、多岐に渡る。自身でブログ『資金管理の掟』を運営。趣味は、旅行と食べ歩き。

四季報の個別銘柄の記載内容は以下の図のようになっています。

出所:会社四季報20184集 ソニー

まず、四季報を見る時に大切なのは、①から④までのポイントを押さえることです。これから一つ一つを丁寧に説明していきますので、順番にじっくり読んでいってくださいね。

1.業績欄

業績欄を見ることは絶対に外せません。会社は常に業績を求められています。なので、その業績のどうった部分を見ていくかをこれから詳しくお伝えします。

1.1.業績欄に掲載されている情報

業績欄には過去数年分の業績と、今期及び来期の業績予想が掲載されています。具体的には、「売上高」「営業利益」「税前利益(経常利益)」「純利益」「1株益」「1株配当」が記載されています。

 下図の①の箇所をご覧ください。

出所:会社四季報20184集 ソニー

19.3予」は、193月期の四季報予想、「20.3予」は、203月期の四季報予想を意味します。

この数字は、四季報の担当記者が会社を取材した上で独自に予想した数字であり、会社四季報のコンテンツの中で核となる部分です。

 次に、上記の②の箇所をご覧ください。

「会19.3予」とあるのが、193月期の会社の発表している業績予想です。会社が発表している数字をそのまま掲載しているので、①に記載されている四季報予想の数字とは異なる場合があります。「会社予想と四季報予想の比較は1.1.3で解説します。」

1.2.業績欄のチェックポイント

業績予想には、見るべきポイントがいくつかあります。それを知って投資をするのと知らないで投資をするのとでは、結果に大きな差が出てくるでしょう。なぜなら、投資家は企業業績を見て、買いと売りの判断をする傾向が強いため、私たちも同じように、業績を見て会社の価値を測っていく必要があるからです。

1.2.1 増収増益かどうか

まず最初に、①に記載されている、今期の業績予想と来期の業績予想の「売上」と「営業利益」を比較して、来期の数字が増えているかをチェックしましょう。

なぜなら、株価は半年以上先の将来の業績を織り込んでいく性質があるので、今期から来期にかけての業績が伸びていると、株価は上昇しやすくなるからです。

ここで、今期と来期を比較した際の、「売上」と「営業利益」の組み合わせが「どう株価に影響するか」は以下の4つに分類することができます。

  • 売上増加+営業利益増加(増収増益)→株価にプラスの影響
  • 売上減少+営業利益増加(減収増益)→株価に中立の影響
  • 売上増加+営業利益減少(増収減益)→株価に中立の影響
  • 売上減少+営業利益減少(減収減益)→株価にマイナスの影響

さらに、これを株価への影響にまとめると以下の3つに分けることができます。

増収増益になっていることは、株価にプラス要因となりますので、まずはここをしっかりとチェックしたいところです。

それでは、もう一度、①をご覧ください。

「19.3予」と「20.3予」を比較すると、売上は増加していますが、営業利益は減少しており、残念ながら、この銘柄は、増収増益ではありません。

1.2.2 増益率

次にチェックしたいのは、来期の営業利益の伸び(増益率)です。

来期の増益率は、上記①の

(来期の営業利益 ÷ 今期の営業利益) × 100 – 100

で計算することができます。

上記ソニーでは、

(721.000 ÷ 780.000)× 100 - 100 = ▲7.56

なので、増益率はマイナス7.56%です。

この数字が、20%を超えるような銘柄は注目されて、株価が上昇しやすくなります。

1.1.3.会社予想と四季報予想の比較

次に、四季報予想の営業利益と会社予想の営業利益の数字を比較します。

その場合、次の3つがあります。

  • 四季報予想>会社予想(株価にプラス
  • 四季報予想=会社予想(株価に中立
  • 四季報予想<会社予想(株価にマイナス) 

四季報予想の営業利益の数字の方が会社予想の数字より大きい場合、将来的に、会社が業績の上方修正を発表して、株価が上昇する可能性がありますので、株価にはプラス要因と判断できます。

反対に、四季報予想の営業利益の数字が、会社予想よりも小さい場合、将来的に、会社から、業績の下方修正が発表されて、株価が下落する可能性がありますので一般論として、株価にはマイナス要因と判断できます。

それでは、もう一度、上記の①と②をご覧ください。

①の19年3月期の営業利益の四季報予想は「780,000(百万円)」、

②の19年3月期の営業利益の会社予想は「670,000(百万円)」

となっており、会社予想よりも四季報予想の数字の方が大きくなっています。

この点は、株価にプラスの要因ということができます。

2.業績予想の修正マーク

次にチェックしたいのは、紙面の一番右の欄外に記載されている、業績予想の修正マークです。これには、2種類のマークがあります。

1つ目のマークは、前号比矢印です。下図上記のソニーでは、「→ 前号並み」となっています。

出典:会社四季報20184集 ソニー

 このマークは、前回四季報の営業利益の予想から、今回四季報での営業利益の予想がどのように変化したのかを、ひと目でわかるようにつけられたマークです。

具体的には、以下の基準でマークがつきます。

出典:会社四季報オンライン用語集 

増額マークや大幅増額マークがついていると、株価にはプラスです。特に、大幅増額マーク「↑↑」の銘柄は、前号から30%以上も営業利益が増額されている銘柄ですので、投資対象として特に有望です。

反対に、減額マークや大幅減額マークがついていると、株価にはマイナスです。

2つ目のマークは、独自増額マークです。上記のソニーでは、「会社比強気」となっています。このマークは、会社予想の営業利益と四季報予想の営業利益を比較して、どちらがどれだけ大きいかをひと目でわかるようにつけられたマークです。

具体的には、以下の基準でマークがつきます。

出典:会社四季報オンライン用語集

会社比強気マークや大幅強気マークがついていると、株価にはプラスです。特に、大幅強気マークの銘柄は、会社予想の営業利益と比べて、30%以上も営業利益が四季報独自に増額されている銘柄ですので、投資対象として特に有望です。

反対に、会社比弱気マークや大幅弱気マークがついていると、株価にはマイナスの影響を与えます。

3.コメント欄

次にチェックしたいのは、コメント欄です。

ここには、四季報の記者が業績に関するコメント材料に関するコメントが記載されていいます。

まず、業績に関するコメントですが、見出しに、

  • 絶好調」
  • 「飛躍」
  • 「急伸」
  • 「Ⅴ字回復」

などの言葉が使われていると、プラスのイメージとなり、四季報を見た投資家に買われやすくなります。

反対に、

  • 「不透明」
  • 「急悪化」
  • 「続落」

などの言葉が使われていると、マイナスのイメージとなり、買われにくくなります。

下図のソニーでは、「増額」というプラスイメージの見出しになっています。

出所:会社四季報20184集 ソニー

個人的に特に注目する見出しは、「独自増額」という言葉です。

「独自増額」は会社予想に対して、四季報が独自に数字を増額する場合を指します。

四季報の独自予想なので、株価に対してプラスのインパクトがあります。

また、材料に関するコメントとしては、期待の商品や新規事業、大手企業との提携などの材料が記載されていると、プラス評価になるので、注目します

もっとも、材料として既に会社が適時開示などで公表済みの場合は、あまり株価に対してプラスにはならない場合もあるので、「これはすごいかも!?」と思うような材料が書かれている場合は、会社が適時開示で発表済みかどうかを合わせてチェックするようにしましょう。

4.株価指標

最後にチェックしたいのは、紙面右上にある「株価指標」です。ここで見ておきたいのは、来期の予想PERの数字です。下図の赤枠で囲まれた部分です。

出典:会社四季報20184集 ソニー

ソニーの場合、来期<20.3>の予想PER 16.7となっています。この数字が、同業他社と比較して高すぎないかをチェックします。

具体的には、業績欄の上に、「比較会社」という記載がありますのでここに掲載されている銘柄の来期の予想PERの数字と比較します。

出典:会社四季報20184集 ソニー

ここに掲載されている比較会社の会社四季報20184集の来期PERの数字は以下となっています。

  • パナソニック(6752):11.620.3
  • シャープ(6753):18.920.3
  • キャノン(7751):13.419.12

3社平均:来期PER 14.6

ソニーの場合、比較会社の3社と比較すると、来期の予想PERは少し高いということがわかります。

ただし、ここに掲載されている予想PERは、四季報発売直前の株価をベースに計算されている点には注意が必要です。現在の株価は、その時点の株価より高くなっていることもあれば、低くなっていることもあります。

そのため、現在の株価で来期PERを計算しなおした方が正確な数字になります。

その場合は、

来期PER = 現在の株価 ÷ 来期の1株利益

で計算できます。

出所:会社四季報20184集 ソニー

上記の赤枠内の数字369.8 が、四季報予想の来期の1株利益なので、

ソニーの来期PER = 現在の株価 ÷ 369.8

で計算できます。

5.まとめ

会社四季報には、株式投資をする上で必要な情報がぎっしりと詰まっていますが、まずはこの記事でご紹介した「業績欄」「業績予想の修正マーク」「コメント欄」「株価指標」の4つのポイントを押さえるようにしてください。

そうすることで、会社四季報を株式投資における銘柄選択のツールとして有効に活用することができると思います。

利益を最大化するために 凄腕トレーダーたちが 使っている証券口座とは

当サイトで証券コンテンツを執筆している遠藤氏とavexfreak氏のノウハウを実践するなら、口座選びを徹底する必要があります。

投資でプロフェッショナルな実力を持つ遠藤氏は、「口座を選びは、利益の出し方を決めるものであり、自分に合った選び方をするべきだ」と言っています。
そんな遠藤氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『プロが初心者へおすすめ│証券会社ランキング・比較』で詳しく解説しています。

また、21年間の株式投資で2億6000万円以上の利益をあげているavexfreak氏は、『おすすめネット証券はこれだ!総合ランキングで主要5社徹底比較』で、自身の視点で「これだ!」と思える証券会社を解説しています。

無料動画セミナー: 新高値に注目して大化けする株を探す具体的な方法

専業投資家、ふりーパパ氏の「成長株投資」は、数倍になる銘柄を簡単に見つけだし、大きな利益が 期待できる注目の投資手法です。


そして、ふりーパパ氏自身、これまで4億円もの利益を株式投資で得ています。


実際、銘柄選定も慣れてくると30分程ですので、選定から投資まで短時間ですみます。中長期の投資法のため頻繁に相場を見る必要がありません。


ですから、自分の趣味や仕事に集中することができます。


この投資手法のポイントは3つだけです。


・成長株を発掘する為に使うサイト
・売買のタイミング
・成長株の見きわめ方


ふりーパパ氏の具体的な手法を、この動画セミナーでお伝えします。



無料動画セミナーで成長株の手法を見る

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

インタビュー

楽天証券代表取締役社長
楽天証券
TOPに戻る