初心者が取り組むべき株売買の3つのステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしかしたら、皆さんは「投資はギャンブルだ」と思われていませんか?

そう思われているのでしたら、この記事を読むことで考えが変わるかもしれません。

なぜなら、100株だけ買った後にその株が大きく上がり、「もっと買っておけばよかった」とか、予想が外れて大きな損を出してしまい、「こんなに買わなければよかった」と後悔する方が多いからです。

それは、取引の計画を立てていない結果であり、ギャンブルの考え方で投資を行っているからです。

では、ギャンブルで終わらせないために皆さんが何をすればよいのか。この記事では、皆さんが株の売買をする時に行うべき、損失を最小にするために必要な、次の3つの内容をお伝えします。

  • 購入数の決め方
  • 株の買い方
  • 売買の仕方

この記事で書かれているノウハウは、投資で4億円以上の利益をあげ、30年以上の実績を持つふりーパパ氏が実践している手法を基にしています。

ぜひ、最後までお読みください。

1.購入株数を決める

まずは、全部で何株買いたいか、株数を決めます。

例えば、サンリオ(8136)の株を300株買うとか、東芝(6502)の株を500株買うというように計画をします。目安として、多くても最初は投資資金の20%までの金額で買うようにすることをお勧めします(詳しくは、『株はいくらから買えるのか|少資金で始めよう』を参考にしてください)。

また、初めは、あまりに多くの株を保有してしまうと一つ一つの銘柄への注意力が欠け、保有している銘柄の確認ができなくなったり、管理ができなくなります。何より、ストレスにもなりかねません。

そのため、例えば資金が

  1.  100万円迄なら     1銘柄
  2.  100万円から300万円 最大2銘柄程
  3.  300万円から500万円 最大3銘柄程

というように、資金別で保有する銘柄数も決めておきましょう。

2.試し玉(ためしぎょく)で買う

「試し玉(ためしぎょく)」とは、その株が本当に上がるかどうか分からないので、様子を見るために試しに少しその株を買ってみることです。

仮に、元手が100万円として考えてみましょう。そして、買いたい株が100株単位で価格が1,000円だったとします。この時、一気に1,000円の株価で100万円分買ってしまうのではなく、試しに10万円分(=100株×1,000円)買ってみて様子を見るのです。

3.分割して売買する仕方

もしその後、1,000円で買った株が値上がりして1,100円になったら、そこで200株追加で買い、更に1,150円と上がっていくようであれば追加で200株買う、というように数回に分けて買っていきます。

ただし、注意をしなくてはならないのが、こうして上がった場合に追加で株を買っていくために、資金に余裕を持たして買う株数を決めなくてはいけません。

こうして買った場合の合計の購入金額は、

  • 試し玉:1,000円 × 100株 =10万円
  • 2回目:1,100円 × 200株 =22万円
  • 3回目:1,150円 × 200株 =23万円

となり、計500株を55万円で買ったことになります。

これをチャートで表すと、次のようになります。ちなみに、赤い星印の部分で分割して購入します。

bunkatubaibai

この時の平均購入金額は、55万円 ÷ 500株 = 1,100円になります。

3回目に1,150円で買った時点で、すでに平均購入価格より50円値上がりしているので、50円 × 500株 = 25,000円の含み益となります。ちなみに、「含み益」とは、まだ株を売っていないけど、もし今、その株を売ったら利益が出る状態のことです。

こうして、試しに購入した株がどんどん値上がりしていくのであれば、追加で株を買っていけばよいのです。逆に、どんどん株価が下がっていき、800円になったとしたら、試しに買った100株を売ればよいのです。

その時の損は、-200円 × 100株 = -20,000円になりますが、分割で買わずに100万円分を一気に株を買っていたら、損失は-200円 × 1,000株 = -200,000円になります。

2万円と20万円では大きな差ですよね。

どのくらい下がったら売るかは、皆さんの資金量や許容できる金額で違ってくるかと思いますが、まだ明確なルールを持っていないようでしたら、資金量の2%から多くても5%位まで下がったら売るというように決めることをお勧めします。

たとえ資金が500万円あったとしても、5%の下落で25万円の損失となります。25万円は、500万円の資金でも大きいと思いませんか?

「損失を全く出さない」ことはどんなプロでもできませんが、損失を小さく抑えながら投資をすることは努力次第で誰にでもできます。

また、売る時も「この金額で良い」と思えば持っている株全てを一気に売るのも一つの方法です。しかし、「まだ上がるかもしれない。でも、少し利益を確保しよう。」と思えば、半分くらいの200株を売って、残りの300株を様子を見て売っていけばよいのです。

逆に、「相場環境が悪くなってきたかも」と思えば少し売って保有する株数を減らし、また株価が戻ってくれば買い直しをすることもできます。

54429377 - business growth

このように、上がっていく株に集中して投資をしていくことで、少ない資金でも利益を積み重ねて資産を増やしていくことができるのです(上がっていく株については、『成長株の見つけ方|初めてでもできる4つのポイント』を参考にして下さい)。

限られた資金を、効率よく投資していきましょう。

まとめ

投資をするにあたり、どうしても勝率を気にしてしまうかもしれませんが、勝率が高くても資産が増えるわけではありません。

なぜなら、1回の損失が大きければ勝率が高くても資産は減ってしまうからです。そんな時は思い出してください。

投資をする目的は勝率を上げることではなく、資産を増やすことだということを。34187007 - businessman running at the finish line, vector, eps10

そして、資産を増やすことは勝率が低くてもできるのです。

投資での本当の勝者は、勝率が高い人ではなく、資産を増やせる人であることを忘れないでください。焦らず、しっかりと勝者の道を歩んでいきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
投資の教科書 事務局

投資の教科書 事務局

投資の教科書事務局では、実際に成果をあげている本物のトレーダーの取材に基いて記事を作成しています。この方針を貫き、初心者にも再現可能な手法やノウハウをわかりやすくお伝えします。

無料動画セミナー:株価が数倍になる株を見つけて利益を上げる手法

専業投資家、ふりーパパ氏は「成長株投資」を実践し、これまで4億円もの利益を株式投資で得ています。ふりーパパ氏の手法の魅力はきわめてシンプルな銘柄選別法にあります。それは業績の上方修正をして新高値をとってきた銘柄を出来高とボックス抜けの指標でチェックして投資をするというものです。


ふりーパパ氏独自の3つのポイントで銘柄に絞り込みをかけることで
より上昇する銘柄がはっきりと見えてきます。この手法は銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。


また、これまで多くの成功者を輩出しています。
(ふりーパパ氏の手法を実践して、1億円以上稼ぐ投資家もいらっしゃいます。)


このWEBセミナーでは、ふりーパパ氏が成長株投資について
具体的にわかりやすく説明致します。


無料WEBセミナーに参加する

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*