FXの6つのリスク|初心者が思わぬ損失を被らないための対処法

FXのリスクは、100%は回避できません。

しかし、リスクにどんなものがあるかを把握し、対処することで、軽減することはできます。

リスクは、よく「危険」と訳されますが、より正確には「不確定要素」のことです。

この記事では、特にこれからFXを始めようと考えている方向けに、最低限押さえておきたい6つのFXのリスク(不確定要素)と対処法を、わかりやすく解説します。

FXの口座選びやトレード手法も大切ですが、リスクを知らないと、せっかくやる気を出してFXを始めたとしても、大切なお金を減らしてしまいかねません。

FXに限らず、投資で全勝することは、はっきり言って無理です。リスクをコントロールし、損失額を利益額より小さくし、トータルで勝つことを目指しましょう。

執筆者
投資の教科書事務局

投資の教科書事務局

投資の教科書事務局では、実際に成果をあげている全国のトレーダーに取材をし、裏付けが取れた情報を基に記事を作成しています。この方針を貫き、個人投資家に本当に役に立つ知識やノウハウをお届けします。

はじめに:FXの6つのリスクのまとめ表

最初に、初心者がこれだけは押さえるべきFXの6つのリスクと対処法の一覧表をご覧下さい。

FXのリスク 概要 対処法
為替変動リスク 為替差損で損する 資金管理をしっかり行う
レバレッジリスク レバレッジをかけた分、損する可能性も増える レバレッジをかけ過ぎない
金利変動リスク スワップポイントを逆に支払う 毎日スワップポイントをチェック
信用リスク FX会社が破綻して資金が返済されない 金融庁に登録の国内のFX会社を使う
システムリスク FX会社のサーバーがダウン 複数のFX口座を持っておく
流動性リスク 市場参加者が少なくて売れない 通貨ペアと取引時間毎の特徴を理解

一つ一つ詳しく解説していきます。

1.為替変動リスク

FXは、通貨の売り買いをし、為替差益で利益を狙う投資法です。自分の思惑通りに動けば利益が出ますが、逆に動けば、損失が出ます。簡単に言うと、これを「為替変動リスク」といいます。

FXの為替変動リスク

例えば、10万円で買ったドルが11万円に上がれば1万円の利益ですが、逆に9万円に下がってしまうと、1万円の損失となります。

そして、含み損を抱えた状態で、我慢して「いつか戻るだろう」と放置しておいた場合、強制ロスカットに引っ掛かる場合があります。

ちなみに、強制ロスカットとは、含み損が膨らみ、損失額が証拠金を上回りそうになった時に、自動的にFX会社が損失を確定して決済する仕組みです。

FXにはこの強制ロスカットがあるため、基本的には預けた証拠金以上の損失は出ないようになっています。しかし、相場が急変し、強制ロスカットが追い付ず、預けていた金額以上の損失を被る場合もあります。

そうならないように、次の記事でロスカットの仕組みをしっかり理解し、資金管理をしっかり行いましょう。

≫ FXのロスカットの仕組みと必ず知っておくべき算出方法
≫ FXの資金管理で利益を上げるために必要なノウハウの全て

次に、強制ロスカットに遭わないために必須の、レバレッジリスクについて学びましょう。

2.レバレッジリスク

FX取引で大きく稼ぐチャンスがあるカラクリの一つに、レバレッジがあります。

レバレッジは「てこの原理」ともいい、シーソーのように「小さな力で大きなものを動かす」比喩として使われます。

FXのレバレッジの説明

現在、国内のFX会社では最大25倍のレバレッジをかけることができるので、例えば、4万円あれば、25倍の100万円分の金額の取引ができます。

このように、FXはレバレッジをかけて少額で大きなトレードチャンスを生む取引ですが、レバレッジをかけた分、逆に大きな損失を被る可能性もあります。これが「レバレッジリスク」です。

レバレッジとリスクは比例し、10万円稼げる可能性があるということは、10万円損する可能性があることを忘れてはいけません。

ただし、レバレッジを必ず25倍にしなければいけないルールはなく、自分の取引スキルに応じて、レバレッジを1倍から25倍の中で調整してリスクをコントロールできます。

次の記事を読み、レバレッジをかけた時とかけなかった時の違いをしっかり把握しましょう。

≫ FXのレバレッジとは|FX初心者が失敗しないために知っておくべき全知識
≫ FXのレバレッジなしから考える|トレードする目的と稼ぎ方

3.金利変動リスク

FXでお金を得る方法には、大きく分けて2つの方法があります。

  1. 為替差を利用して、売買差益で利益をあげる(キャピタルゲイン)
  2. 金利差を利用して、スワップポイントをもらう(インカムゲイン)

世界には、高金利の通貨もあれば、日本のように、超低金利の通貨もあります。この金利差を利用し、トルコリラなど高金利通貨を保有することで毎日受け取るのが、スワップポイントです(参考:「スワップポイントとは|FX初心者が失敗しないために知っておくべき全知識」)。

簡単にいうと、安い金利の通貨を売って、より高い金利の通貨を買う仕組みなのですが、稀に、金利が逆転し、通貨ペアを保有しているのに、逆に毎日スワップポイント分を払う必要が出てきます。これが、「金利変動リスク」です。

FXの金利変動リスク

では、どういう時に金利が逆転するのかというと、各国の金融政策や世界情勢が絡んでくるので、はっきり言って、タイミングを予測するは困難です。そのため、スワップ運用をするのであれば、毎日のスワップポイントの変化は必ずチェックしましょう。

次の記事も参考にして、スワップポイントはメリットばかりではないことを理解しましょう。

≫ スワップポイントとは|FX初心者が失敗しないために知っておくべき全知識
≫ FXのスワップ運用で初心者が大損する5つの理由

4.信用リスク

FX会社に預けた資金は、FX会社が管理しているのではなく、信託銀行に全額保管されます(=信託保全)。そのため、万が一、FX会社が倒産しても、投資家が預けた資金は全額保護されます。

さらに、信託保全された信託銀行が破綻したとしても、やはり全額返還される仕組みになっています。つまり、FX会社が破綻した場合、資金が返還されない危険は、基本的にはありません

ただし、破綻した場合の証拠金の返還は、金融庁に登録してある国内のFX会社に限ります。

もし、あなたがお使いのFX会社が金融庁の登録業者でなく、信託保全をしていなければ、万が一の時に、大切な資金が全額返済されないこともあります(=「信用リスク」)。

FXの信用リスク

また、海外のFX会社の中には、レバレッジが400倍や1,000倍かけれられるところもあり、一見すると魅力的に感じるかもしれません。しかし、海外業者は基本的には保証はなく、あったとしても、煩雑な手続きが必要になります。

レバレッジが25倍もあれば、今の給料以上の金額を稼ぐことは充分可能です。FX会社の経営状態を心配するより、トレードのスキルをアップすることに注力しましょう。

では、どのFX会社が大丈夫なのかを知りたい方は、次の記事で紹介しているおすすめの10社の中から選べばまず安心です。当然、金融庁の登録業者ですし、口座数も多く、信頼性も抜群です。

≫ 【2019年上期】FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き

5.システムリスク

FX取引は、基本的にはインターネット経由で行います。そのため、FX会社のシステムが脆弱で、サーバーがダウンすると、注文が出せません。このリスクが、「システムリスク」です。

FXのシステムリスク

システムリスクは、滅多に起きませんが、もし起これば、トレードチャンスを逃す上、ポジションを持っている時にダウンして相場が逆方向に急変したら、大きな損失を被る恐れがあります。

このシステムリスクの対処法には、次の2つがあります。

  1. サーバの安全性が高いFX会社を選ぶ
  2. 複数のFX口座を持ち、価格変動をヘッジできるようにする

どのFX会社のサーバーが強いかは、自分で判断することは難しいので、実際に使っているトレーダーの評判を聞くの一番です。次の記事で紹介している6社は、現役のFX専業トレーダーが使ってバリバリに稼いでいる口座なので、ここから選んでおけば間違いないでしょう。

≫ FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較

また、複数のFX口座を持っておけば、1社でシステムダウンが起きたとしても、別の会社で反対のポジションを持てば、価格変動をヘッジ(=回避)できます。

例えば、A社でドル円を1万通貨買っている時にシステムダウンが起きたら、B社で同じドル円を1万通貨を新規で売れば、どちらに動いても含み損と含み益が相殺され、損益はゼロになります。

覚えておくと、いざという時に役に立ちます。

6.流動性リスク

FXでいう流動性とは、市場での取引量のことで、

  • 流動性がある…取引量が多く、取引がしやすい状況 
  • 流動性が低い…取引量が少なく、取引がしにくい状況

といいます。流動性が低いとどういう問題が生じるかというと、買いレートと売りレートの差であるスプレッドが広がります。

もし、広いスプレッドのまま売買すると、想定より高い価格で買ったり、想定より安い価格で売ったりするので、広がったスプレッド分以上の値幅を抜かないと損することになり、不利です。

さらに、流動性が低い時に相場が急変すると、反対売買する相手が少なく、売りたくても売れない状況に陥りかねません。これが、「流動性リスク」です。

FXの流動性リスク

では、流動性が低くなるのはどういう場合かを一言でいうと、市場参加者が少ない時です。具体的には、

  • マイナーな通貨ペアで取引している
  • 早朝時間の取引

などです。

マイナーな通貨は、ドル円やユーロ円、豪ドル円などのメジャーな通貨ペアと違って、取引している人自体が少ないので、通常のスプレッドも広く、相場急変時にはさらに広がります。

また、日本時間の早朝は、そもそも起きている人が少ないので、ドル円でさえ、スプレッドが広がります。

次のチャートは、月曜日の午前3時台のドル円のレートとチャートなのですが、ドル円の通常のスプレッドは0.3銭のFX会社が多いなか、この時は5.0銭まで広がっています。さらに、チャートを見ても、ほとんど動いていないことがお分かりいただけると思います。

※クリックすると拡大します

月曜日の午前3時は極端な例だとしても、毎日午前5時から8時のオセアニア市場は、1日の中で最も取引量が少なく、安定してトレードできる環境ではありません。

次の記事で、通貨ペアごとの特徴と、取引時間帯別の特徴をしっかり理解しましょう。

≫ 通貨ペアとは|FXで勝つための正しい選び方
≫ FXの取引時間別の特徴とトレード戦略の立て方

まとめ

最後にもう一度、この記事のまとめ表を載せます。

FXのリスク 概要 対処法
為替変動リスク 為替差損で損する 資金管理をしっかり行う
レバレッジリスク レバレッジをかけた分、損する可能性も増える レバレッジをかけ過ぎない
金利変動リスク スワップポイントを逆に支払う 毎日スワップポイントをチェック
信用リスク FX会社が破綻して資金が返済されない 金融庁に登録の国内のFX会社を使う
システムリスク FX会社のサーバーがダウン 複数のFX口座を持っておく
流動性リスク 市場参加者が少なくて売れない 通貨ペアと取引時間毎の特徴を理解

FXのリスクを理解することは、FXで稼ぐための大前提です。曖昧な部分は、この記事とリンク先の先の記事を納得するまで読み返して、億トレーダーへのスタート台に立ちましょう。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX口座13社のランキングを徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る