FXのスプレッドとは|無駄な手数料を減らすための必須知識

スプレッドは、FXで稼ぐためにとても重要な知識です。この記事では、スプレッドの観点から、

  • トレードの無駄なコストを削減する方法
  • FX会社を選ぶコツ

の2つを中心に、わかりやすく解説します。

ぜひ、参考にして下さい。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』。

1.FXのスプレッドとは

FXのスプレッドとは、「買値と売値の差」のことで、「あなたがFX会社に支払う実質的な手数料」になります。詳しく解説していきましょう。

1.1.スプレッドは買値と売値の差

次の画像は、ヒロセ通商の実際の注文画面です。

右側の112.219円が今すぐ買えるレートで、左側の112.216円が今すぐ売れるレートです。そして、真ん中に小さく表示されている差額の0.3銭(=0.003円 )がスプレッドです。

ちなみに、スプレッドはリアルタイムで変動します。

1.2.スプレッドは実質的な手数料

FX会社は、右側の112.219円で買い注文を受け付けます。そして、左側の112.216円で売り注文を受け付けます。

つまり、FX会社の手元には、その差の0.003円 (=0.3銭)が残りますね。

これが、FX会社の実質的な取り分になります。FX会社には、証券会社のように取引成立時に発生する手数料はありませんが、このような形で利益を得ています(参考:「FXの手数料について学ぶ|実質コストはスプレッド分」)。

つまり、トレーダーの立場から見ると、スプレッドは、FX会社に支払う手数料になります。

1.3.FXで稼ぐにはスプレッド以上の利益を出す必要がある

FXでは、買った瞬間にスプレッド分がマイナス(損失)になり、利益を出すためには、スプレッド分を超える値上がりが必要になります。

そのため、FXで稼ぐには、スプレッドが小さいFX会社のほうが有利になります。特に、スキャルピングのような超短期間で売買を繰り返して細かい利益を積み上げるトレードスタイルの場合は、一回あたりのコスト(手数料)を少しでも下げる必要があります。

ちなみに、FXの世界では、

・スプレッドが「小さい」=「狭い」
・スプレッドが「大きい」=「広い」

と表現します。覚えておきましょう。

2.FX会社のスプレッド比較

2.1.原則固定スプレッドと変動スプレッドについて

まず、「原則固定スプレッド」と「変動スプレッド」があり、次のような特徴があります。

・原則固定スプレッド:スプレッドは基本的に一定だが、価格変動が激しい局面では広がりやすい。
・変動スプレッド:原則固定スプレッドより狭くなる場合もあるが、常に変動する。特に、取引が活発でない時間帯は変動しやすい。

そして、ほとんどのFX会社は、原則固定を採用しています。では、原則固定と変動のどちらのほうがいいのかというと、断然、原則固定です。

なぜなら、変動は、注文した瞬間にスプレッドが広がったりして、結局、余計に手数料がかかることがあるからです。特に、何回も売買を繰り返す場合は、その不安定なスプレッドのせいで損益が安定しません。

ただし、原則固定の場合でも、相場が動く時(経済指標発表や要人発言の時)は一時的にスプレッドは広がります。しかし、数分間待てば通常のスプレッドに戻るので、それからトレードすることで対応できます。

スプレッドが広い時に、あえてトレードする必要はありません。重要なことは、あなたがトレードをする時に、最もスプレッドが狭いFX会社を使うことです。

2.2.私が使っているFX会社のスプレッドを比較する

次の表は、私が使っているFX口座5社のスプレット比較表(全て原則固定)です。ちなみに、「pips」についてはFXの単位pips(ピップス)とは|読み取り方のコツ」を参考にして下さい

  米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/ドル
ヒロセ通商 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 0.4pips
JFX 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 0.4pips
SBI FXトレード 0.27銭 0.39銭 0.89銭 0.59銭 0.48pips
トレイダーズ証券(みんなのFX) 0.3銭 0.4銭 0.9銭 0.6銭 0.3pips
外為どっとコム 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 0.4pips

なお、私のFX口座を使い分け方は、「FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい4社の徹底比較」で詳しく解説しているので、ぜひお読み下さい。

デイトレードの場合はそこまでスプレッドを意識する必要はありませんが、スキャルピングの場合はスプレッドが狭いFX会社で口座を開くことが鉄則です。しっかり意識しましょう。

3.通貨ペアのスプレッド比較

上の表を見て気付いたと思いますが、スプレッドは、通貨ペアによっても異なります。

ドル/円などのメジャーな通貨ペアはスプレッドが狭いのですが、南アフリカランド/円のような新興国のマイナーな通貨ペアはスプレッドが広い傾向があります。ちなみに、ドル/円のスプレッドは0.3銭のところが多い中、南アフリカランド/円のスプレッドは1.0銭くらいあります。

その理由は、FX会社の立場で考えてみるとわかりやすいです。その通貨ペアを取引する人が多ければ、スプレッドを狭くしてもFX会社は儲かります。しかし、取引する人が少ない通貨ペアは、スプレッドを広げて1回あたりの手数料を高くしないと、FX会社自身が損してしまいますよね。

そのため、なるべくメジャーで、取引量が多い、そして、スプレッドが狭い通貨ペアを売買対象に選ぶことが、FX(特にスキャルピング)で稼ぐためには必要です。

また、メジャーな通貨ペアは、値動きが比較的安定しており、テクニカル分析(チャート分析)が機能しやすくなるのもメリットです(参考:「FXのテクニカル分析を極めて利益をあげ続けるための3つのアドバイス」)。

稼ぐために最適な通貨ペアを意識してトレードしましょう(参考:「通貨ペアとは|FXトレードで勝つための正しい選び方」)。

まとめ

最後に、スプレッドについて、特に重要な点を3つ挙げますので、覚えておきましょう。

  1. スプレッドはFXの実質的な手数料である
  2. スキャルピングで稼ぐためには、スプレッドが狭いFX会社を選ぶこと
  3. スプレッドが狭くて取引量が多いメジャーな通貨ペアを選ぶこと

ぜひ、あなたのFXトレードにお役立て下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る