FXの取引時間別の特徴とトレード戦略の立て方

FXの最大の魅力は、なんといっても平日24時間取引できることです。

そのため、忙しいサラリーマンでも帰宅後にトレードができます。これは、他の投資にはないメリットです。

例えば、株式投資では、市場が空いている時間は9時から15時なので、この時間に頻繁に売買することが不可能な方は多いと思います。

一方、FXは、平日どの取引時間帯でもトレード可能です。投資で勝つには、まず、このような稼げる環境があることが絶対条件です。この点について、FXは文句がありません。

ただし、FXは時間帯ごとにマーケットの特徴が異なります。これを理解できないと、稼ぐ糸口を見つけられません。FXで勝つには、まずトレード手法が一番重要だと思うかもしれませんが、それ以上に重要なのは、その手法があなたがトレードする「時間帯」にマッチするかどうかです。

つまり、まず自分自身がトレードする時間帯を決めて、次に、その時間帯に合った手法を選ぶことが重要なのです。そうすることで、FXがあなたの生活に自然に溶け込み、負担のないトレード生活を送ることが可能になります。

ぜひ、この記事で取引時間帯ごとの特徴を理解し、FXでワクワクできる時間を見つけて下さい。それがモチベーションアップに繋がり、大きな利益になります。

1.一日の流れは時差を知ることから始まる

FX市場は24時間取引可能ですが、通貨によって売買される時間帯はだいたい決まっています。

どの国でも、為替をはじめとした金融商品が売買されるのは、その国の国民が起きている日中の時間帯です。例えば、アメリカでは、アメリカが日中の時に株式やオプションの売買が活発になります。日本も同様です。

言い換えると、FXも売買が活発になるのは、マーケットの動きをけん引している機関投資家が売買する時、つまり、日中です。

日本の場合、機関投資家が参戦するのは、株式市場がオープンする日本時間の9時からです。そこから、24時間の中でも売買が盛んになる時間、つまり、トレンドが発生する時間帯は、ある程度予測することができます。

そして、日本が15時になって1日のマーケットが終わりに近づく頃、ヨーロッパは朝の9時を迎えるので、欧州ではこの時間帯から売買が盛んになります。

このように、為替市場が盛んになる時間帯は、どんどん次の市場にバトンタッチしていきます。この流れを、世界地図で確認してみましょう。

インターバンク市場

このように、まずオセアニア地域で市場が開き、次に、東京 → ロンドン → ニューヨークと順に開き、またオセアニアへとバトンが戻ってきます。

なお、上の図は、私が使っているJFXのホームページで解説されているものです。そして、トレイダーズ証券(みんなのFX)のホームページには、次のような解説図が載っています。

トレイダーズ証券

どちらもわかりやすいですね。ここで、取引の中心となる市場の1日の相場の流れを、実際のチャートを使って見てみましょう。

次のチャートは、ドル円の15分足で、白い四角が24時間を表しています。日本時間でいうと、朝の6時から翌朝の6時です。

1日の流れ

FXは平日は24時間取引されているので、月曜日の朝から土曜日の早朝まではチャートが途切れることはありません。

ここでは、Aの白い四角にご注目下さい。1日を3つの市場(黄色)に区切っています。アジアから始まり、欧州、ニューヨークへと移ります。そして、ニューヨークから翌日のアジアにバトンタッチし、新たな1日がスタートします。

世界地図を見ると「なるほど!」と感じても、チャートになった途端に難しく感じるかもしれません。そのため、まだ手法が確立していない方は、なんとなくチャートを見るよりも、まずはこのように時間帯別に区切ってみることをおすすめします。

なお、この3つの市場の違いや、それぞれの時間帯における戦略は後述するので、ご安心下さい。

2.アジア→ロンドン→ニューヨークの三市場が重要

1章の世界地図で見たように、24時間で売買が活発になる市場の流れは、大きく分けて3つです。そして、各市場の午前中が最も活発になります。その時間帯は、日本時間にすると、次のようになります。

・アジア:日本時間9時~12時

・ロンドン:日本時間15時~18時

・ニューヨーク:日本時間21~25時

なお、オセアニア市場(日本時間の5時から8時)は、1日の中で一番取引量が少なく、安定してトレードできる環境ではないので省いています。

オセアニア市場は、ほとんどのFX会社でスプレッドが広がっていたり、メンテナンスの時間に充てており、ログインすらできなくなることがあります(参考:「FX会社22口座の取引時間を徹底比較!」)。そのため、あえてオセアニア時間帯にトレードする理由はありません。

2.1.アジアタイムは9時55分の仲値が最重要!

日本の株式市場は、午前9時に開始します。それと同時に、為替市場も活発になってきます。

この時間帯は、日本円がマーケットの中枢になるため、世界の基軸通貨のドルと組み合わせた、「ドル円」が最も取引されます。また、日本のFX会社は、ドル円のスプレッドを一番狭く設定しているので、個人投資家(特にスキャルピングトレーダー)はドル円を中心に取引します。

特に、9時55分に仲値(※後述)という一種のイベントがあるので、9時から仲値(9時55分)まではドル円の黄金時間帯といえます。この時間帯は、日本円が最も活発でボラティリティも大きくなりやすい時間帯なので、売買チャンスになりやすいのが特徴です。

なお、仲値とは、金融機関が為替取引を行なう時の目安となるレートです。私たちが海外旅行へ行く時は外貨に両替しますね。その時、レートが常時変動していては両替できません。

両替時の外貨レートは固定されており、「今日の両替レートは1ドル112.50円」などのように決まっています。この目安になるレートが、仲値です。これは身近な例ですが、金融機関もその日のレートを仲値で決めます。

そのため、仲値付近の時間帯は、投機的な値動きは少なく、実需が中心になります。仲値を活用したチャートの見方は後述します。ここでは、仲値がアジア時間において重要だと覚えておきましょう。

 仲値の値動きのクセを活用したトレード手法
FX専業トレーダーのジュン氏は、仲値の値動きの”ある法則”に注目し、8年間で1.3億円の利益をあげています。手法の解説と取引環境は、次の記事でご確認下さい。
≫ FXの仲値トレード|元手10万から8年間で1.3億円稼いだ私のおすすめ手法

2.2.ロンドン時間から値動きが投機的になる

日本時間の15時から18時頃は、ヨーロッパでは午前になります。

3つの市場のうち、取引高が圧倒的に多いのが、この時間のロンドン市場です。そのため、欧州の通貨であるユーロとポンドは、アジア時間とは比べものにならないほど激しく動き出します。

取引量が多いということは、ボラティリティが高いということを意味します。そして、それは、トレンドが発生した時に値幅が大きく出ることを意味します。

また、アジア時間では実需の取引がメインでしたが、この時間から投機筋が急増します。乱高下を伴った投機的な値動きになるので、アジア時間と同じ感覚でトレードすると危険です。

特に、安易に逆張りすると、思っている以上に含み損が発生します。しかし、ポイントをつかめば、逆張りでも面白いほど勝てるようになります。むしろ、値動きのクセをつかめば、莫大な利益が出せるようになります。順張りや逆張り問わず、やり方次第だということです。

また、日本時間の16時から18時にかけては、欧州地域の経済指標が毎日のようにあります。経済指標に便乗した投機筋が仕掛けてくることがあり、これも乱高下の一因になります。経済指標の時は売買が急増するため、投機筋も仕掛けやすいですからね。

ロンドン市場を見る時のポイントは、アジア時間の流れ続くのか、それともガラッと流れが変わるのかを意識することです。これだけでも、だいぶ違ってきます。

なお、取引時間帯別に動きやすい通貨ペアというものがあり、次の記事で私が詳しく書いたので、ぜひお読み下さい。

≫ 通貨ペアとは|FXトレードで勝つための正しい選び方

2.3.ニューヨーク時間は短期トレンドが出やすくチャンス!

私がこれまでに一番利益を出している時間帯は、ニューヨークの21時から25時です。

その理由は、相場が動意づくイベントが多く、短期トレンドが出やすいからです。短期トレンドが出ると、私が得意とするスキャルピングで利益を上げやすくなります。では、どのようなイベントがあるのかを見てみましょう(※サマータイムだと1時間早まります)。

22:15 経済指標

22:30 経済指標

23:30 ニューヨーク株式市場オープン、経済指標

24:00 ニューヨークオプションカット、経済指標

25:00 ロンドンフィックス

このように、ニューヨーク時間の21時から25時はイベントが詰まっており、1つのイベントから次までの間隔も一定です。そのため、ある経済指標をきっかけに上昇したら、1時間後の経済指標までその流れが続くことが多いです。

次の指標までリミットが1時間なので、「その間に売買して利益を出しておこう」と考える機関投資家がいることは容易に想像できます。このように、一定間隔でイベントがあることで、21時から25時は、短期トレーダーにとって戦略を立てやすい時間帯です。

つまり、デイトレーダーもそれに乗じてトレードしやすくなります。

また、21時から25時までは、欧州地域の午後とニューヨークの午前が重なる時間でもあるので、売買が活発になる要因が重なっています。

もっと詳しく説明すると、トレーダーの多くが、「25時のロンドンフィックス(アジア時間の仲値と同じイベント)までに利益を出さなければいけない」という時間的なリミットを決めて様々な思惑で売買するので、乱高下しやすくなるのです。

そして、25時のロンドンフィックスを超えると、ピタッと時間が止まったようにレンジ相場になることは日常茶飯事です。

私が兼業トレーダーの時は、会社から帰宅して21時から25時まで、時には26時までトレードしていました。毎日4時間はFXに集中して取り組んだ結果、トレードの利益が会社員の給料を上回るようになり、専業になれました(参考:「FXで専業になる前に現役の億トレーダーが伝えたい6つのこと」)。

おそらく、ダラダラと何時間もトレードするよりも、トレンドが発生しやすい取引時間に絞って売買したのが良かったのだと思います。また、4時間から5時間という長さも、集中力が保てるちょうど良い時間でした。このことは、FXが24時間取引でなければ不可能でした。

このように、兼業の時にニューヨーク時間で成功できたこともあり、専業になった今でも、ニューヨークは私の得意な取引時間帯となっています。

3.三つの市場を活用したチャート分析の事例

では、3市場のチャートを実際に分析してみましょう。

下のチャートは、先ほど覧いただいたドル円の15分足のAの箇所を、5分足で表示したものです。

5分足まず、アジア時間が1日の相場観の土台を作ることを覚えて下さい。

アジア時間で高値になったのは、9時55分の仲値です。上ヒゲになっていますね。誰が見てもここが直近の高値であることは明確で、Aのラインにレジスタンスラインを引きます。

このように、仲値がアジアタイムの高値もしくは安値になった場合、高い確率でレジスタンスラインもしくはサポートラインになります。それも、強い節目になります。そして、ロンドン時間では、アジア時間で形成されたレジスタンスとサポートが意識されます。

そして、ローソク足が、これらのレジスタンスラインやサポートラインをどちらにブレイクするかをよく観察することがポイントです。

相場は、トレンドとレンジのどちらかです。トレンドが発生すれば、必ずどちらかにブレイクします。この流れを追うだけでも、チャート分析の目的ができます。先ほどのチャートでは、ロンドン時間に上にブレイクしましたね。そして、上昇トレンドが発生しました。

その次は、Bがロンドン時間の高値になります。ニューヨーク時間を見ると、このBのラインが節目になっていることが分かります。Bのラインを基準にして、ロンドンからニューヨーク時間にかけてトレンドが形成されています。

トレンドの流れは、青色のチャネルラインです。このチャネルラインが、そのトレンドの値幅やローソク足の切り上げる角度を教えてくれます。

この日は、レンジから上にブレイクし、上昇トレンドが発生した相場になりました。このように、アジア→ロンドン→ニューヨークの流れで追うと、相場の値動きが分かりやすくなります。

4.相場が動くポイントを多く見つけること

続いて、先ほどと同じチャートの黄色の丸をご覧下さい。

5分足

これは、支持帯/抵抗帯で、ブレイク、反発、反落している箇所です。動いていた価格が止まる、または、迷っていた相場が動く箇所のことです。

このように、相場には、価格が動き出すポイントや、価格が止まるポイントが多数存在します。このような節目をいかに見つけられるかが、トレードで勝つ秘訣です。テクニカル分析をマスターして、これらのポイントがわかるようになると、今までがウソのように利益が出始めます

また、取引時間帯別のテクニカル分析は、どんなトレードスタイルでも応用できます。1分足で価格が動き出す(止まる)ポイントが分かれば、スキャルピングの戦略が立てられます。

また、5分足、15分足、1時間足を使うなら、長めにポジションを持つデイトレードになり、4時間足や日足レベルでエントリーとイグジットを決めるなら、スイングトレードになります。

最初からトレードスタイルを決めつけるのではなく、まずはテクニカル分析をしっかり身に付けて下さい。その上で、どうやって利益を出すのがあなたにとって一番効率が良いか考えると、意外と簡単に答えは出ると思います。

実は、私も、最初からスキャルピングと決めてFXを始めたわけではなく、様々な相場を経験した結果、当時の状況に最も適していたスタイルがスキャルピングだと分かったのです。

ぜひ、あなたにとって何が最適かを考えて、自分のトレードスタイルを模索していって下さいね。

まとめ

これからFXで利益を上げていくためには、まず、取引時間の特徴を理解する必要があります。

そして、あなたの生活スタイルに合わせて、3市場のうちどれを主戦場にするのか決めましょう。得意な取引時間帯を作り、その時間が来るのが待ちきれないほど楽しみにしていくと、ストレスなく利益が出せるようになります。

FXを楽しみつつ、本気で取り組む姿勢を持ち合わせて実践しましょう。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX口座13社のランキングを徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

執筆者
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを始めて10年で1億6,500万円の利益を突破。 自身のブログ『FX億トレーダーぶせなブログ』では、定期的にトレードの損益を公開中。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』。

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る