FXの証拠金の仕組みと特に重要な3つの数字の計算法

FXは、外国為替を証拠金で取引することです。この証拠金の仕組みがあるからこそ、FXは少ない元手で大きな利益を得ることができます。

そして、証拠金に関しては、資金管理の最初の一歩として、押さえておくべきことがいくつかあります。既にFXをやっている方にとっては当たり前のことですが、これから始めるという方にとっては、少しとっつきにくいかもしれません。

そこで、この記事では、

  • FXの証拠金の仕組み
  • 必要証拠金
  • 有効証拠金
  • 証拠金維持率
  • FXで成功するための第一のルール

について、徹底的にわかりやすくお伝えします。それでは、始めましょう。

執筆者
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを始めて8年で1億5千万円を突破。 自身のブログ『FX億トレーダーぶせな「スキャルピング」「デイトレード」』では、定期的にトレードの損益を公開中。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』(日本実業出版社)がある。

1.FXの証拠金の仕組み

FXは、口座を開設して、その口座に入金することから始まります(参考:「FXの口座開設方法の流れ|必要書類と注意点」)。

そして、口座に入金したお金のことを証拠金と言い、実際の取引は、入金した証拠金の額の25倍の額まで行うことができます。

例えば、最初に証拠金として5万円を入金したとしたら、125万円分までの取引ができるということです。このように、証拠金以上の額の取引ができることを、「レバレッジ(=てこの原理)が効く」と言います(参考:「FXでレバレッジの高いトレードができる人の3つの条件」)。

証拠金取引

この仕組みがあるからこそ、FXは少額からでも大きな利益を得ることができます。しかし、これは反対に、大きな損失を被る可能性があることも意味します。

そして、FXで適切な資金管理ができるようになるために絶対に欠かせないものが、これからお伝えする、証拠金の3つの知識です。

2.トレードに必要な証拠金の3つの知識

FXでは、資金管理の大前提となる証拠金の知識が不足していると、大切な資金を失ってしまうことになりかねません。そうならないために、FXの資金管理で絶対に必要な知識をお伝えします。それが、以下の3つです。

  • 必要証拠金
  • 有効証拠金
  • 証拠金維持率

この3つを知っておかないと、安心して継続的なトレードはできません。必要証拠金と有効証拠金は、証拠金維持率を計算するために必要なものです。そして、その証拠金維持率は、『マージンコール』や『強制ロスカット』の基準となる重要な数字です。

ただし、決して難しいものではありません。なぜなら、この3つの数字は自分で計算する必要はなく、FX会社の取引ツールで常に確認できるからです。

下の画像は、私のメイン口座のヒロセ通商の「LION FX」の取引ツール画面です。

LION FX ロスカット基準

※クリックすると拡大します。

赤枠で囲んだ部分に、左から「預託証拠金額」「有効証拠金額」「必要証拠金額」「発注証拠金額」「評価損益」「有効比率」が表示されています。これらの数字は、トレード中に自動的に計算されて、常に最新のものが表示されます。

これらの表記はFX会社によって若干異なりますが、計算方法や意味は同じです。使っているFX口座の取引画面を確認してみましょう。

2.1.必要証拠金とは

必要証拠金とは、ポジションを維持するために必要な金額のことです。

例えば、1ドル=105円の時に1,000ドル(1,000通貨)の買いポジションを持つとします。そのために必要な資金は、10.5万円(105円×1,000通貨)ですね。レバレッジ25倍でトレードしているとしたら、この10.5万円のポジションを持つために必要な証拠金は、10.5万円÷25=4,200円となります。

このように、必要証拠金とは、文字通り「あなたが持っているポジションを維持するために必要な証拠金の額」です。

具体的には、次の式で計算します。

必要証拠金 = 為替レート × Lot数 ÷ レバレッジ比率(通常は25倍)

為替レートは、あなたがトレードする時のレートです。Lot数は、通貨数量のことです。1,000通貨を投資するなら1,000を、10,000通貨を投資するなら10,000を掛けます。

この必要証拠金は、為替レートが変動すると変化します。例えば、この後、1ドル=106円に上昇したとしたら、必要証拠金は次のように変化します。

106円 × 1,000通貨 ÷ 25 = 4,240円

もし混乱してしまいそうな方は、トレイダーズ証券の「証拠金シミュレーション」が便利です。下の例は、USD/JPY(ドル円)の通貨ペアで、為替レートが113.400円の時、レバレッジ25倍で、1Lot(=1万通貨)で取引した場合のシミュレーションです。

証拠金シミュレーション

ご覧のように、必要証拠金は45,360円と自動計算して表示してくれます。これが、このポジションを維持するために必要な金額ということです。

このツールを使って色々な通貨ペアでシミュレーションしてみると、証拠金の感覚がつかめてくると思います。ぜひ、一度お試し下さい。

2.2.有効証拠金とは

有効証拠金は、あといくらトレードに回すことができるのかという余力を表し、次の計算式で求められます。

有効証拠金 = (必要)証拠金 – 含み損益

必要証拠金は、先ほど解説しましたね。また、含み損益とは、あなたが現在持っているポジションの、まだ確定していない損益のことです。

もし、今現在、1,000円の含み益が出ている状態の場合、有効証拠金は、次のようになります。

証拠金50,000円 + 含み益1,000円 = 51,000円

ただし、有効証拠金は、為替レートが変動すると同じように変動します。

例えば、この後に価格が逆行して、1ドル=104円になったとします。そうすると、1,000円の含み損が出ている状態になります。そのと時の有効証拠金は、次のように変わります。

証拠金50,000円 – 含み損1,000円 = 49,000円

2.3.証拠金維持率とは

証拠金維持率は、簡単にいうと、あなたがどれぐらい危険な水準でトレードをしているかを示す値で、この数字が高ければ高いほど安全です。具体的には、次の式で計算します。

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

有効証拠金と必要証拠金という、先ほど計算した2つの数字が出てきました。復習も兼ねて、もう一度計算してみましょう。

証拠金5万円、1ドル105円の時に、レバレッジ25倍で1,000通貨の買いポジションを持った時の必要証拠金は、次のように計算します。

ドル円105円 × Lot数1,000通貨 ÷ レバレッジ比率25倍 = 必要証拠金4,200円 

そして、この時の有効証拠金は、次ように計算します。

証拠金50,000円 + 含み損益0円 = 有効証拠金50,000円

さて、2つの数字が出揃ったところで、証拠金維持率を計算すると、次のようになります。

有効証拠金50,000円 ÷ 必要証拠金4,200円 × 100% = 1,190%

しかし、この後、ドル円が104円に下落したとします。このとき、上述のように有効証拠金は49.000円に減ります。そして、必要証拠金も、104円×1000通貨÷25=4.160円に減ります。この時、証拠金維持率は、

有効証拠金49.000円 ÷ 必要証拠金4.160円 × 100% = 証拠金維持率1179%

このように、3つの数字は、為替レートの変動に合わせて常に変化します。

ここまでの計算がわからなくても、お使いのFX口座のツールには「口座照会」という項目があり、必要証拠金や証拠金維持率を自動で計算してくれます。ただ、計算方法を知っておいたほうが数字の本質がつかめると思い、なるべく丁寧に解説させていただきました。

では、なぜ証拠金維持率が大事なのかというと、この数字が一定水準を下回ると、強制ロスカットになるからです。これは、あなたが最初に入金した証拠金の全てがなくなることを意味します。

なお、どの水準で強制ロスカットになるかはFX会社によって異なるのですが、最も多いのは、証拠金維持率が100%を下回った時です。これは、ポジションに維持のためにとても大事なことなので、『FXのロスカットの仕組みと必ず知っておくべき算出方法』を読んで、お使いのFX会社の証拠金維持率は必ず確認しておきましょう。

3.投資の第一のルールは絶対にお金を損しないこと

FXの世界には、一攫千金を狙ってギャンブルのように取り組む初心者が大勢います。残念ながら、そのような意識で取り組む方は、破産してしまうことすらあります。

FXは、一攫千金のギャンブルではありません。コツコツと利益を積み重ねて、30万から100万、100万から300万、300万から1,000万、1,000万から3,000万と、着実に資産を増やしていくための投資です。そのためには、長く続けていれば勝てることが期待できるトレードルールに沿った正しい投資行動をしなければなりません。

以下は、世界一の投資家といわれている、ウォーレン・バフェットの言葉です。

金持ちになるためには、次の2つのルールを守りなさい。
【ルール1】絶対にお金を損しないこと
【ルール2】絶対にルール1を忘れないこと

あなたを将来の大成功に導くためのトレードルールの第一の条件は、「何があっても自分の資金を守ること」です。そのためには、この記事でお伝えした証拠金の知識は欠かせません。今後、継続して毎月の目標額を稼ぎ続けるためにも、しっかりと理解しましょう。

なお、証拠金管理の知識やスキルについては、デモトレードの段階で覚える方法がおすすめです。『デモトレードでFX初心者が必ず経験するべき6つのこと』の記事では、あなたがFXで成功するために最初にやるべきことを紹介しているので、ぜひお読み下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏をはじめとした億トレーダーが
使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい4社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の10社から選ぶ場合は、『【2019年上期】FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き』をご活用ください。

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5千万円の利益を稼いだトレード手法の全て

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、本格的にFXを始めて8年間で1億5,000万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。そのことは、年ベース負けなしで安定した利益を得ていることからも、確かな事実です。


その結果、平均163%の年間利回りを記録し、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・エンベロープや移動平均線のチャートの具体的な設定方法
・現在の利益の約3割を生み出しているデイトレードについて
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。



ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商   SBIFX
GMOクリック証券
TOPに戻る