FXのスリッページを理解して勝つために必要な4つのコト

FXで成功するためには、実はどこのFX口座を開くかは非常に重要です。特に、スリッページとスプレッドを考慮することは絶対に欠かせません。

しかし、多くのFX初心者の方が、このような基本的なことを知らずに、適当に口座を開いてしまいます。FXは、細かい部分をどれだけ徹底できるかという積み重ねで成功するかどうかが決まるので、適当に口座を開いてしまうと、成功の要素を一つ満たしていないことになってしまいます。

それが取るに足らない要素なら良いのですが、実はスリッページは、FXの成否を分ける大きな要素です。そこで、この記事では、以下の4つをお伝えします。

  • スリッページとは何か
  • 主なFX会社ごとのスリッページの違いと特徴
  • スリッページに関する2つの注意点
  • FXのルールを理解して正しく勝つことの重要性

どこのFX会社で口座を開くか迷っているなら、ぜひ真剣にお読み下さい。それだけの価値があることをお約束します。

1.スリッページとは

スリッページとは、注文した時点の価格と異なる価格で注文が通ってしまう(=約定する)ことです。

例えば、ドル円が100.15円の時に買い注文を入れたとします。しかし、注文を入れてから、約定するまでのコンマ何秒の間に、価格が動いてしまい、100.16円で約定してしまいました。この0.01円(1銭)のズレを、スリッページと言います。そして、スリッページが発生することを「スベる」または「スリップする」と言います。

スリッページ画像

この場合は、買い注文を入れて、それより高い価格で約定してしまったので、不利なスリップです。しかし、時には有利なスリップもあります。例えば、100.15円で買い注文をして、100.14円で約定したようなケースですね(売り注文の場合は逆)。

しかし、体感としては、有利スリップは、不利スリップと比べるとほとんど発生しないように思います。

1.1.スリッページが発生する理由

スリッページが発生する理由は、あなたが注文ボタンを押してから、その注文がFX会社のシステムに到達して約定するまでのわずかな間に、価格が動いてしまうからです。

FXは、日本だけでも何百万もの人が取引しており、パソコンやスマホで注文を出しています。そのため、FX会社のシステムには常に大きな負荷がかかっているのです。その中で、各FX会社は、スリッページが発生しないようにシステム増強に努めていますが、システムの処理速度は各社で異なります。

ただし、スリッページが絶対に発生しないというのは、技術的に非常に難しいとお考え下さい。スリッページが発生するのは、ある意味、仕方がないものです。

1.2.スリッページは手数料と一緒

もしかしたら、ここまでで、「スリッページは少なからず発生するものなのだから、気にしても仕方ない」と思われた方もいるかもしれません。それは、とんでもない誤解です。スリッページを正しく理解していなければ、FXで勝つことは難しくなります。

なぜなら、不利なスリッページは、あなたにとっては利益を圧迫する手数料と一緒だからです。

詳しく解説させていただきますね。

例えば、ドル円のスプレッドが1.0銭(=0.01円)だったとします。この時、あなたは、100.11円の時に買い注文を入れました。スプレッドが1.0銭なので、1回のトレードで1pips以上の利幅を稼がなければ、利益を得ることはできません。言い換えると、価格が100.12円以上の時に決済しなければいけないということです(pipsの参考記事:「FXの単位pips(ピップス)とは|読み取り方のコツ」)。

しかし、この時、同時にスリッページが発生して、100.11円で買い注文を出したのに、1銭高い100.12円で約定してしまったとします。

この時、元々スプレッドが1銭発生していて、スリッページさらに1銭不利な価格で約定してしまったので、この場合、あなたがトレードで勝つには、2銭(=2pips)以上の利幅を取らなければ負けになってしまいます。

スリッページ②

私の場合は、4万5千通貨を基本レートとしてトレードをしています(通貨量はあなたの証拠金額に応じて適切な値にして下さい)。これは、2pipsだと900円ビハインドの状態でトレードをスタートしていることになります。さらに、これを多い日で100回程度、少ない日で10回程度行うので、1日で手数料だけで90,000円にもなります。

実際は、ドル円のスプレッドは0.3銭(=0.3pips)のFX会社が多く、スリッページがほとんど発生しない口座で取引をしているので、100回トレードしても実際のコストは数千円程度です(参考:「FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい4社の徹底比較」)。

ただし、初心者で、このあたりの理解が足りずに、スプレッドが広くてスリッページが発生しやすい口座でトレードをしてしまう方もいます。つまり、スプレッドとスリッページをしっかりと理解していないと、気付かないうちに、不利な条件でトレードをしてしまうことになるのです。

これが、初心者がFXで勝つことができない大きな理由の1つです。

スキャルピングデイトレードは、小さな利益を積み重ねて、資産を大きく増やしていく手法です。そのため、勝てる可能性を広げるために、1回のトレードのコスト(スプレッドとスリッページ)を極限まで小さくする必要があります。

下の画像は、私のドル円のトレード履歴です。ご覧いただくと、基本的には数千円単位の取引を何度も行って、それらの利益を積み重ねて、トータルで利益を出していることがお分かりいただけると思います。

1月11日実績

繰り返しですが、FXでスピード感を持って資産を増やしていくには、どうしても取引回数が多くなります。そのため、1回1回の取引のコストを徹底的に下げることが重要なのです。

さらに、相場が急変した時は、ほんの一瞬のうちに大きく値が動くので、想像以上に大きなスリッページが発生してしまいます。滅多にありませんが、スリッページで20pipsなんてこともあったので、経済指標発表や要人発言などの相場が急変しやすいタイミングでは、トレードを行わない選択をすることも必要です。

いずれにせよ、FXは、取引を繰り返して利益を積み重ねることによって資産を築いていくものです。スリッページが度々発生してしまうと、利益が圧縮され、非常に大きなストレスになります。

そのため、FX口座を開く際には、スリッページが少ない会社を選ぶことが重要なのです。

2.スリッページが少ない口座を選ぶことが重要

繰り返しになりますが、スリッページはFX会社によって異なります。なぜなら、その会社の取引システムの処理能力やサーバーの充実度が違うからです。

結論から言うと、勝つためには、スリッページが少ないFX会社を選ばなければいけません。特に、ほんの数秒単位の超短時間でトレードを完結させて、小さな利幅をどんどん積み重ねていくスキャルピング(=最も早く資産を積み上げていけるトレードスタイル)では命綱です。

以下の表は、私が使っているFX5社のスリッページ発生率をまとめたものです。ちなみに、表の中に「指定スリッページ幅」とありますが、これは、スリッページをどこまで許容するかを発注ツール上から指定するものです。

  スリッページ発生率 不利スリップ発生率 備考
ヒロセ通商 13.9% 49.7% 指定スリッページ幅1.00銭での計測
JFX 6.9% 41.2% 指定スリッページ幅1.00銭での計測
SBI FXトレード 19% 42% 指定スリッページ幅1.00銭での計測
トレイダーズ証券 非公開 非公開
外為どっとコム 非公開 非公開

ご覧のように、スリッページ発生率や不利スリップ発生率を公表していない会社もあります。そもそも、FX会社には開示する義務はありません。

その中で、ヒロセ通商とJFXとSBI FXトレードはスリッページの発生状況を開示しているので、システムに自信を持っている証拠の表れだと思っており、実際の使用感も良好です。

余談になりますが、過去には、FX会社が自社が利益を得るために、トレーダーが不利になるようなスリッページの設定にしていたと言われた時代もありました。つまり、以前はFX会社が有利で、トレーダーが不利になるという構図が露骨だったということですね。これは、今ではだいぶ解消されました。

なお、スリッページ以外のFX口座を選ぶ際の注意点は、『FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き』詳しく解説していますので、必ず読んでおいて下さい。

3.スリッページに関する2つの注意点

ここまでで、あなたがこれからFXで勝つために必要なスリッページの知識はお伝えさせていただきました。最後に、誤解されがちな2つのスリッページの注意点についてお伝えしておきます。

3.1.約定率とスリッページ発生率は違う

FX会社のホームページで「約定力99.9%」などと書かれていることがありますが、それは単に出した注文が拒否されない率であって、厳密には、スリッページが発生しない確率を表したものではありません。誤解がないように注意しましょう。

スキャルピングやデイトレーダーにとって重要なのは、約定率よりも、むしろスリッページ発生率だと私は考えています。

3.2.スイングトレードではスリッページ発生率の重要度は低い

スイングトレードは、数日から長い時で数ヶ月、ポジションを保有し続けるトレードです。そのため、トレード1回当たりの期待利幅も、スキャルピングやデイトレードと比べて、非常に大きいです。

そのため、そこまで神経質にスプレッドやスリッページを気にする必要はありません。

しかし、将来的にFXで勝ち続けらるようになったら、あなたもガンガン注文するようになるでしょう。そして、資産を増やすスピードをさらに早めるために、例えば、スイングトレード以外にスキャルピングもするようになるかもしれません。

その時に、スリッページ発生率が多いFX口座だと思ったように稼げない上、大きなストレスになります。そのため、最初からスキャルピングやデイトレードにも適したFX会社で口座を開いておくと良いでしょう。

4.ルールを正しく理解して勝ちやすい業者を選ぶこと

いかがだったでしょうか?

FX初心者の方は、スリッページに関する理解が足りていないばかりに、自分にとって不利なFX口座で取引を始める方が多いです。そして、それが初心者が勝てない大きな理由の1つです。

FXの勝ち組トレーダーの中で、適当に口座を選んで勝てている人は1人もいません。皆、勝つために必要なことを徹底的に調べて、少しでも有利な条件でトレードできるように、日々妥協せずに取り組んでいます。

それが勝てるトレーダーになるための第一歩です。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX口座13社のランキングを徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

執筆者
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを始めて10年で1億6,500万円の利益を突破。 自身のブログ『FX億トレーダーぶせなブログ』では、定期的にトレードの損益を公開中。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』。

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る