トレンドラインとは|役割と引き方と具体的な使い方

トレンドラインは、相場のトレンドを把握するために、ローソク足の高値どうしまたは安値どうしを結んだ線のことで、テクニカル指標の一つです。トレンドラインは、支持線や抵抗線としても機能します。

なお、安値どうしを引いた右肩上がりの線を「上昇トレンドライン」、高値どうしを引いた右肩下がりの線を「下降トレンドライン」といいます。

トレンドラインは、相場の流れを知るツールとして、多くのトレーダーに使われています。しかし、本当の使い方を知っている人は、実はそれほど多くありません。

本当の意味でトレンドラインを活用するためには、トレンドラインがチャート上でどのような意味を持っているのかを知る必要があります。理解できるようになると、「相場は市場参加者の集団心理で動く」という言葉の本質がわかるようになります。

この記事では、そんなトレンドラインの役割と実践的な使用方法を具体的に解説します。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』。

1.トレンドラインとは|役割と機能

最初に理解していただきたいことは、「トレンドラインで何ができるようになるか」ということです。結論からいうと、トレンドラインは、次の2つの役割と機能をもつ重要なツールです。

《トレンドラインの役割》

1. 現在の相場の流れを正確に表す

2. 支持線/抵抗線として機能する

詳しく説明していきますね。

1.1.トレンドラインには二種類ある

トレンド相場には、上昇トレンドと下降トレンドの2つあるように、トレンドラインにも、

  • 上昇トレンドライン
  • 下降トレンドライン

の2種類があります。この2つのラインを活用すると、現在の相場を正確に判断できます。

順番に説明していきます。

1.1.1.上昇トレンドライン

上昇トレンドラインは、ローソク足の目立った2つ以上の安値を結んで引くことでできるラインです。下のチャートをご覧下さい。

目立った安値であるAとBの2点を結ぶようにラインを引き、そのまま伸ばしていくと、上昇トレンドラインになります。

1.1.2.下降トレンドライン

一方、下降トレンドラインは、ローソク足の目立った2つ以上の高値を結ぶと引くことができるラインです。簡単にいうと、上昇トレンドラインの反対です。下のチャートをご覧下さい。

3

目立った高値であるAとBの2点を結ぶようにラインを引き、そのまま伸ばしていくと、下降トレンドラインになります。

そして、上昇トレンドラインと下降トレンドラインを組み合わたものが、次のチャートです。

4

何も引いていないローソク足だけのチャートより、はるかに現在のトレンドが掴みやすくなったと思いませんか?

ちなみに、この画像の相場は、上昇トレンドが終わって、現在は、下降トレンドにあります。

このように、現在のトレンドを正確に把握することが、トレンドラインの第一の役割です。

 ポイント
トレンドラインの第一の役割は、現在のトレンドを正確に把握できるようになること。

1.2.トレンドラインは抵抗線/支持線として機能する

トレンドラインのもう1つの重要な機能が、支持線や抵抗線としての機能です。

  • 支持線:価格が、その位置へ下落した時に反対方向(上昇方向)へ跳ね返すライン
  • 抵抗線:価格が、その位置へ上昇した時に反対方向(下落方向)へ跳ね返すライン

そして、上昇トレンドラインは下落してきた時の支持線として、下降トレンドラインは上昇してきた時の抵抗線としての役割があります。

 ポイント
トレンドラインの第二の役割は、支持線や抵抗線として機能するということ。なお、支持と抵抗については、『サポートラインとレジスタンスラインの引き方と使い方』をお読みいただくと理解が深まります。

2.トレンドラインが機能する理由

それでは次に、トレンドラインがなぜ重要で、なぜ機能するのかの理由をお伝えします。

結論から言うと、以下の2つです。

 トレンドラインが機能する2つの理由
1. 多くのトレーダーが節目として意識しているから。
2. トレンドライン付近で売買高が急増するから。

それぞれ説明していきます。

2.1.多くのトレーダーが節目として意識する

トレンド相場の3つのパターンと2つのルール』でもお伝えしているように、相場は、節目をつけながら、Nの字で動いてきます。

ちなみに、節目とは、次のポイントのことをいいます。

  • 上昇トレンドでは「押し目」という一時的な反落ポイント
  • 下降トレンドでは「戻り」という一時的な反発ポイント

実際のチャートで確認してみましょう。

下のチャートは、上昇トレンドの中の押し目です。白い線にご注目下さい。一時的に下げているポイントが「押し目」です。

相場はN字で進む

そして、次のチャートは、下降トレンドの中の戻りです。白いギザギザの線の中で一時的に上げているポイントが「戻り」です。

相場はN字で進む②

整理すると、押し目は上昇トレンドの中で現れる一時的な下落ポイント、戻りは下降トレンドの中で現れる一時的な上昇ポイントです。

FXでは、この一時的に下がる/上がる場面を、絶好の売買ポイントだと待ち構えているトレーダーが非常にたくさんいます。

例えば、上昇トレンドの中で一時的に下げた時に買い、上昇して高値を更新した後に売れば、大きな利益を得ることができますね。このように、多くのトレーダーは、上昇トレンドの中の一時的な反落ポイントである押し目で、買いポジションを持つことを強く意識しています。

それでは、彼らは、どれぐらい価格が下がった時が買いたいと意識していると思いますか?

答えは、トレンドラインに当たった時です。世界中の多くのトレーダーがトレンドラインを引いていて、そこに価格が落ちてくる時に買いポジションを持とうと待ち構えています。そのため、トレンドラインに価格が当たると、売買が急に活発になることが非常に多いのです。

ここで注意していただきたいことは、必ずトレンドラインで価格が反発するわけではないということです。ただし、トレンドが続く限り、必ずどこかで反発します。そのため、トレンドラインで反発するのか、それとも下抜けていくかを見極めることがトレードの肝になります。

なお、トレンドラインを下抜けたり上抜けしたりすることを、「ブレイク」と言います。合わせて覚えておきましょう。

2.2.トレンドライン付近で売買が急増する

上昇トレンドラインは、価格がそれ以上下落しないように、支持線として機能します。下降トレンドラインは、その反対に機能します。

上昇トレンドに乗って買いポジションを持っているトレーダーは、トレンドが継続する限り、利益が膨らんでいきます。そして、トレンドが終了する前後で買いポジションを売って手仕舞い、利益を確定したいと考えています。

彼らは、売るタイミングを見極める判断指標としてトレンドラインを利用し、トレンドが継続しているかどうかを判断しているのです。もし、ローソク足が上昇トレンドラインを下に抜けたら、このトレンドはいったん終了で下落すると考えます。そこで、売り注文を出します。

ここが重要なのですが、下抜けした同じタイミングで、これから下降トレンドに入ることを予想したトレーダーが、新規の売り注文を出すのです。

この2つの売り注文が合わさって、トレンドライン付近では売買が急増するのです。売買高が急増するということは、反発するにせよブレイクするにせよ、そこから相場が動く可能性が高いということを意味します。

FXでは、このように、相場が動くポイントで売買戦略を立てることが重要です。だからこそ、トレンドラインは重要なのです。 

3.トレンドラインは三本一セットが本当の使い方

ここまでは、トレンドラインの基礎について説明してきました。

次からは、私の経験に基づいた、”相場の流れを深く理解するためのトレンドラインの本当の使い方”をお伝えします。

実際のトレードでは、トレンドラインを何本も引いて相場分析することが重要です。なぜなら、機能するトレンドラインを何本も引くことができれば、それだけ深く相場の流れを把握することができるからです。そのために、覚えるべきポイントが3つあります。

《トレンドラインの3つの実践的な特徴》
1. トレンドが終わる時は、同じポイントを起点として角度が緩やかになる

2. トレンドが継続する時は、起点を変えていきながら角度が急になる

3. トレンドの力は、3本のトレンドラインで把握する

この3つの項目は、本当に機能するトレンドラインを引き、そこから最適なトレード戦略を立てるためにものすごく重要なので、徹底的に頭に叩き込みましょう

順番に解説していきます。

3.1.起点が同じ複数のトレンドラインの角度が緩やかになるとトレンド終了のサイン

同じ起点の複数のトレンドラインを引ける場合は、トレンドが終わることを意味します。

次のチャートをご覧下さい。

8

この3本のラインは、全て同じAを起点としていますね。(ローソク足のヒゲが何本もありますが、ヒゲを除いた実体を起点とします)

まず、AB間を結ぶトレンドラインが引けますね。ローソク足が、Cでこのトレンドラインを下抜けましたが、この後のローソク足をよく見て下さい。

次に、Dで反発しているので、AD間で新しいトレンドラインが引けました。これが2本目のトレンドラインです。その後、Eで下抜けました。そして、今度はFで反発したので、AF間でまたトレンドラインが引けます。3本目のトレンドラインですね。これも、Gで下抜けています。

このように、同じ起点Aから3本のトレンドラインが引けましたが、角度が徐々に緩やかになっていますね。このように、同じポイントを起点として複数のトレンドラインが引け、角度が緩やかになっている場合は、トレンドが終わるサインです。

3.2.起点が違う複数のトレンドラインの角度が急になるとトレンド継続のサイン

起点を変えながらトレンドラインが引ける場合は、トレンドが継続することを意味します。

下のチャートをご覧下さい。

11

3本のラインがありますが、それぞれ起点が異なりますね。

ABのトレンドラインは、トレンドが開始したラインです。その後、トレンドが継続することでBCのトレンドラインとなり、最後はCD間でトレンドラインが引けます。このように、起点を変えながら、段階的にトレンドラインの角度が急になっている場合は、トレンド継続のサインです。

3.3.トレンドの力は三本のトレンドラインで把握する

トレンドラインの次のポイントは、角度が変わる回数です。改めて、先ほどの2つのチャートをご覧下さい。どちらも、トレンドラインの角度が3回変わっていますね。

トレンドが終わる場合も継続する場合も、角度が変わる回数は3回が基本です。

つまり、1つのトレンドが始まれば、角度が異なる3本のトレンドラインを引いて、トレンドが継続するか終了するかを見極めるということです。なお、必ず3本というわけではありません。あくまでも3本を基準にするということです。

例えば、上昇トレンドが開始した時、起点を同じとする2段階のトレンドラインが引けたとします。しかし、3段階目のトレンドが出ることなく、2段階目のトレンドラインを下抜けする場合もあります。この場合は、トレンドが継続する力はそれほど強くないと判断すると良いでしょう。

逆に、3段階目のトレンドラインに乗り、さらに急上昇して4段階目のトレンドラインが引ける場合もあります。その場合は、トレンドの力がかなり強いと判断できます。同時に、急激なトレンドは長続きしませんので、一時的な反転が近いと想定することもできます。

4.トレンドラインのブレイクを見極める具体的な方法

トレンドラインの3つの実践的な特徴がわかったところで、次に、トレンドラインのブレイクを活用したトレード戦略を解説します。

ここまでお伝えしてきたように、トレンドラインは、多くのトレーダーが節目(=「押し目」や「戻し」)として意識しています。そして、トレンドライン付近では、価格が反発することを期待して、ポジションを持つために待ち構えています。

しかし、トレンドラインで常に反発するわけではなく、ラインを突き抜ける(=ブレイク)こともあります。つまり、価格がトレンドラインに近づいた時に、

  • 反転の可能性
  • ブレイクの可能性

の両方を視野に入れておくと、より相場環境に適した勝てるトレードができるようになります。今からお伝えするブレイク戦略をマスターして、トレンドラインを活用して利益を上げられるようになりましょう。

なお、このトレンドラインのブレイク戦略は、先ほどの「トレンドの力は3本のトレンドラインで把握する」の考え方と併せて非常に重要です。ぜひ、頭に叩き込んで下さい。

 ポイント
ブレイクとは、トレンドラインで反発を繰り返してきたローソク足が反発せずにラインを突き抜けること。このブレイクを想定したトレードを行うことは、トレンドライン活用の中で最も重要です。

4.1.トレンドラインのブレイクに関する二つの大前提

トレンドラインのブレイクに関して、絶対的な2つの前提があります。必ず押さえましょう。

《トレンドラインのブレイクに関して必須の2つのルール》
1. トレンドラインはいずれ必ずブレイクする。
2. ブレイク後は支持と抵抗の役割が入れ替わる。

一つずつ解説していきますね。

4.1.1.トレンドラインはいずれ必ずブレイクする

1本のトレンドラインが永遠に継続することはありません。いずれ必ずブレイクし、それと同時にトレンドは終了します。

下のチャートをご覧下さい。

13

矢印の部分でローソク足がトレンドラインを下抜けていますね。これが、ブレイクです。基本的には、ローソク足がトレンドラインで反発する回数が多くなればなるほど、ブレイクの可能性が高まっていきます。

なぜなら、市場参加者が、「また反発するのではないか」という考えから「そろそろブレイクするのではないか」と考えが変わるからです。

トレンドが継続している限りは、トレンドライン付近で反発しますが、「トレンドラインに乗っているから」という理由だけで、買いポジションを持ってはいけません。常に、「ブレイクが起こるかもしれない」と想定しておく必要があります。

このように、トレンドラインは、いずれ必ずブレイクします。

4.1.2.ブレイク後は支持と抵抗の役割が入れ替わる

トレンドラインを突き抜けてブレイクすると、そのトレンドラインの役目は終わったと考えるかもしれません。しかし、ブレイク後も、それまでのトレンドラインは決して消さないようにして下さい。なぜなら、ブレイク後もまだ重要な役割があるからです。

下のチャートをご覧下さい。

12

まず、AとBを結ぶトレンドラインを引きます。Bでは、このトレンドラインが支持線となって、価格がここでいったん反発しました。その後、赤丸のポイントでトレンドラインをブレイクし、下抜けました。

次に、Cにご注目下さい。今度は、先ほどと同じトレンドラインで価格が反落しています。つまり、Bでは支持線として機能していたトレンドラインが、今度は、抵抗線として機能しているということです。

このように、ローソク足がトレンドラインをブレイクすると、支持から抵抗へ、抵抗から支持へと役割が転換することを覚えておいて下さい。

この役割転換は、チャートをよく観察していないと見落としがちなので、注意しましょう。

4.2.トレンドラインのブレイクを想定したトレードルール

トレンドラインはいずれブレイクすることが理解できたら、今度は、実際のトレードでの活用方法を見ていきましょう。

ポイントは、次の2つです。

《トレンドラインのブレイクを想定した具体的なトレードルール》

1. 複数のトレンドラインで判断する。

2. 1つ前のトレンドから判断する。

この2つに共通することは、複数の根拠を見つけてから、反発/反落/ブレイクかを判断するということです。

わかりやすく解説していくので、しっかり付いてきて下さいね。

4.2.1.複数のトレンドラインで判断する

あなたがチャートを開いて上昇トレンドラインを引いたとします。そして、現在の相場が上昇トレンドだとわかりました。そこで、あなたは、「今は上昇トレンドなので、ローソク足がトレンドラインに当たったところで買おう」と考えました。

この戦略は、上昇トレンドに乗るという意味では、決して間違いではありません。

しかし、トレンドラインはいずれ必ずブレイクするので、次のポイントでは下抜けするかもしれません。1本のトレンドラインだけでは、ブレイクの可能性がわからないので、反発かブレイクかを運に任せるようなトレードになってしまいます。

これでは、安定して勝ち続けることはできません。安定して勝つためには、トレンドラインを何本も引いて、複数の根拠を見つけることが重要です。

複数の根拠とはどういうことか、下のチャートを使って確認していきましょう。

15

このチャートには、次の3つのラインがありますね。

  1. 上昇トレンドライン
  2. 水平ライン
  3. 下降トレンドライン

上昇トレンドラインは、Aのポイントで下抜けています。これは、上昇トレンドの終わりを示唆する1つ目の根拠です。

また、水平ラインは、最初は抵抗線(レジスタンスライン)でしたが、上にブレイクして支持線(サポートライン)に転換し、Aのポイントで再度、抵抗線に役割転換しました。この水平ラインが、Aで抵抗線に再転換した事実も、上昇トレンドの終わり示唆する(2つ目の)根拠です。

そして、同じAのポイントで、価格は下降トレンドラインを上抜けできていません。

話を整理すると、Aのポイントで、上昇トレンドが終わる根拠が2つ、そして、下降トレンドが継続する根拠が1つあるということです。あなたは、この3つの根拠を目の前にした時、今後の相場は、「上昇・下降・横ばい」の、どれになる確率が高いと判断しますか?

3つも根拠が揃ったのですから、当然、下降トレンドですよね。

このように、同じ根拠のラインがいくつも交わっているポイントを探すと、自信を持ってエントリーできるようになります。1本のラインが勝率60%だとして、これが3本も集まれば、結果として、勝率70%、80%…と高確率になっていくという考え方です。

4.2.2.一つ前のトレンドラインから判断する

トレンドラインのブレイクを想定したトレードルールの2つ目は、1つ前のトレンドから判断することです。

現在のトレンドラインだけではなく、1つ前のトレンドラインで、同じ方向性の根拠を見つけた時はトレードチャンスになります。なお、1つ前のトレンドがレンジ相場の場合もあります。その時は、2つ前の相場まで見ると良いです。

どういうことか、チャートを使って順番に解説していきます。 

14

まず、1→2→3の順番で上昇トレンドラインが引けます。「3.1.起点が同じ複数のトレンドラインの角度が緩やかになるとトレンド終了のサイン」で説明した、起点が同じトレンドラインですね。

ローソク足が、これら3本のトレンドラインが全て下抜けていることから、上昇トレンドが否定されていることが分かります。

次に、AとBの高値を結ぶ下降トレンドラインを引くことができました。これは、下降トレンドに入ったことの根拠になりますね。

その後に、ローソク足は、Cのポイントで3本目の上昇トレンドラインを下抜けてしまいました。つまり、ローソク足が3本の上昇トレンドラインを全て下抜けたということです。「3.3.トレンドの力は3本のトレンドラインで把握する」を思い出して下さい。

これらの判断材料から、上昇トレンドは強く否定されたことになります。そして、次は下降トレンドが始まる可能性がとても強くなりました。

下降トレンドを示唆する複数の根拠が揃って、ようやく上のチャートの矢印の箇所で売りポジションを持つことができます。案の定、このタイミングでは、下降トレンドラインで跳ね返され、価格が反落しましたね。

安易に「ここで反発して欲しい」という願望でトレードするクセを付けてしまうと、全く上達しない上、勝てるようにはなりません。願望は、単なる願望であり、根拠ではありません。

キツイ言い方ですが、この考え方は徹底して下さいね。

まとめ

トレンドラインに関して、私が使っている方法を包み隠さずお伝えしました。もしかしたら、「細かすぎる」と思われた方もいるかもしれません。

しかし、このように徹底的に細かいところまで分析することによって、初めて確度が高いトレードができるのです。FXや株式投資に取り組む以上、あなたも大成功を目指して下さいね。

 アドバイス
トレンドラインの引き方で迷った時は、『トレンドラインの引き方で迷った時の6つのコツ』 をお読み下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る