陽線とは|初心者が特に知っておくべき4つのパターン

陽線とは、株価や為替レートの価格が、始値に比べて終値が高かった場合に表示されるローソク足のことです。

陽線が出たということは、その期間、相場が上昇したということを意味します。

しかし、陽線が出ているからといって、今後も、相場が上昇を続けるとは限りません。

陽線には、様々な種類があります。例えば、これから先も相場が上がっていく可能性を示す陽線もあれば、今後、相場が下がっていきそうな可能性を示す陽線もあります。

もし、後者のローソク足が出ているのに、「相場はまだまだ上昇するはず」と思い込んでトレードするのは危険ですよね。その時は、万が一上手くいったとしても、いずれ大損する可能性が高いことは目に見えています。

この記事では、そのようなリスクを防ぐために知っておくべき、陽線の4つのパターンと、それぞれの正しい見方をお伝えします。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

※このページを読む前に
これから投資を始めるにあたってローソク足の基本を学びたいという方は、『ローソク足チャートの正しい見方を初心者にもわかりやすく解説』を読んでおくと、この後の内容の理解が進みます。

1.陽線の4つのパターン

ローソク足チャートを見ると、様々な形の陽線を目にします。そのため、一本一本を正確に読み取ろうとすると、頭が追いつかずにパンクしてしまいます。そんな時は、陽線には4つのパターンしかないと覚えておくと便利です。

それが、下の4つの形です。なお、ローソク足の色は、使っているチャートによって異なります。

陽線の4つのパターン

上にも書いてありますが、左から、以下のような名前で呼びます。

  • 大陽線(だいようせん)
  • 小陽線(しょうようせん)
  • 上ヒゲ陽線(うわひげようせん)
  • 下ヒゲ陽線(したひげようせん)

チャートは、陰線を含め、これらのローソク足の組み合わせで形成されています。そのため、それぞれのローソク足が現れた時に、それぞれの陽線(もしくは陰線)が、どのような相場状況を表しているのかを、素早く把握できるようになることが大切です。

これから、この4つの陽線について説明していきます。

その際に大切なのは、それぞれの陽線が示す意味を丸暗記することではありません。重要なのは、始値と終値の価格差からできる”実体”と、高値と実体の価格差である“上ヒゲ”、実体と安値の価格差である”下ヒゲ”をしっかり見て、自分で何を表しているかの意味を考えることです。

ぜひ、この意識を強く持って読み進めて下さいね。それでは、始めましょう。

1.1.大陽線は上昇の可能性を表す

大陽線

大陽線は、陽線の中でも特に実体が長いものをいいます。終値が始値よりも、かなり高い価格になっている(価格が大きく上昇した)ので、買い圧力が大きかったことを示します。そのため、これから先も価格が上昇する可能性(=先高観)を感じ取ることができます。

なお、何銭(円)上がれば大陽線である、というような基準はありません。

ポイントは、直前までのローソク足と比較することです。例えば、何日間も50銭前後の値動きだったローソク足(日足)が、ある日突然、100銭以上の実体がある陽線を形成すれば、それは大陽線といえます。

また、全てのローソク足で言えることですが、1本のローソク足の情報だけで相場を正しく見ることはできません。前後のローソク足や、その他の情報と合わせて見ることが大切です。

ポイント!
大陽線が出た時は、これまでに比べて価格が大きく上昇したことを表す。大陽線が出たら、その後の値動きをよく監視すること。

1.2.小陽線は気迷い状態を表す

小陽線

小陽線は、実体が小さく、値幅(高値と安値の価格差)も小さい陽線です。これは、横ばい相場(=レンジ相場)でよく見られるもので、相場が上下どちらに動くか迷っていて、停滞状態にあることを表します。

しかし、停滞状態にある相場は、いつかブレイク(=上か下かに勢いよく動くこと)します。特に、小陽線が何本も続いた後に、相場が転換することは非常に多いです。例えば、小陽線が連続した後に大陽線が出ると、横ばい相場をブレイクした想定ができます。

この場合、これから発生するトレンドが本物なのかを確信する材料を探し、材料が揃った時点でトレードすると、相場の波に上手く乗ることができます。

このように、小陽線が連続して出ている時は、近い将来に訪れるであろうブレイクに備えて、トレード戦略を立てることができます。

ブレイクやトレンドという言葉が出てきて難しそうと思った方は、まずローソク足の基礎知識をしっかりと吸収することを優先しましょう。焦らなくても、必ず分かるうになります。

ポイント!
もみ合いの後には、必ずといっていいほどブレイクがある。小陽線が連続していて、相場が停滞している時は、ブレイクに備えてトレード戦略を立てること。

1.3.上ヒゲ陽線は上昇圧力が弱まったことを表す

上ヒゲ陽線

上ヒゲ陽線は、上に伸びたヒゲが実体よりも長い陽線のことです。上ヒゲが長いということは、高値と終値に大きな開きがあるということです。つまり、終値よりはるかに上の高値をつけた相場が、その後、何らかの理由で売り圧力が強まってその期間の中では下落したということです。

例えば、上昇トレンドが続いている時にこの上ヒゲ陽線(もしくは上ヒゲ陰線)が出た場合は、上昇の勢いが衰えてきたと考えられ、相場は下落するというケースを想定する必要があります。

ポイント!
上ヒゲ陽線は、どのようなトレンドで現れるかによって意味合いが異なる。そのため、今がどの状態なのかを正確に把握しておくことが大切。

1.4.下ヒゲ陽線は下落圧力が弱まったことを表す

下ヒゲ陽線

下ヒゲ陽線は、下に伸びたヒゲが実体よりも長い陽線のことです。下ヒゲが長いということは、安値と終値に大きな開きがあることを意味します。つまり、終値よりはるかに下の安値をつけた相場が、その後、何かの理由で買い圧力が強まってその期間の中では上昇したということです。

例えば、下降トレンドが続いている時にこの下ヒゲ陽線が出た場合は、下落圧力が弱まったと考えられ、相場の底になる可能性が高くなります。

なぜなら、下降トレンドの最中で一度大きな安値をつけたにもかかわらず、そこから買い勢力が大きく盛り返し、始値すら超えて、上昇したことを表すからです。

そんな時は、「もしかしたら、この近辺がサポートラインになるかもしれない」と考え、今後取るべき戦略を描くと良いでしょう。

逆に、上昇トレンドの最中にこの下ヒゲ陽線が出た場合、「まだまだ買い勢力が強い」と判断してしまいがちです。そのような時は、高値掴みをしてしまう可能性もあるので、要注意です。

それまでのローソク足と比較したり、レジスタンスラインを見返したりして、より正しい判断をするための根拠を探しましょう。

このように、上ヒゲ陽線も下ヒゲ陽線も、どこで出現したかによって意味する情報が違います。決して、焦って早計に判断しないように注意しましょう。『サポートラインとレジスタンスラインで相場の反転を見抜くコツ』も参考にして、相場予測の精度を高めて下さいね。

ポイント!
上ヒゲ陽線と同じように、下ヒゲ陽線も、現れる場面によって意味合いが異なる。一度立ち止まって、じっくりと分析すること。また、分析にはラインを使うと良い。

2.陽線の見方 〜実践編〜

それでは、ここまでで説明してきた陽線の知識を使って、実際のチャートを見てみましょう。

下のチャートは、2011年10月31日に日本銀行が為替介入した時のドル円の日足チャートです。とてもわかりやすい長い陽線が現れたので、少し古いですが取り上げます。

2011年10月31日に日本銀行が為替介入した時のドル円の日足チャート

極端に長い大陽線(黄緑色)が1本出ているのがわかると思います。

大陽線が出た時は、まず先高観を想定します。しかし、ちょっとお待ち下さい。よく見ると、この大陽線には、長い上ヒゲも出ています。

そのため、「これは単純な大陽線だ」と考えるには無理があります。

もし本当に、これから相場が上昇に向かうのであれば、ここで出るのは、もっとキレイな形の大陽線になるはずです。そのため、この時点では、「大陽線が出たからこれから相場は上昇する」と思い込まずに、一呼吸置きましょう。

1日待って、次の日は、実体の値幅を大きく上回る、明らかな上ヒゲ陽線が出現しました。

前述したように、上昇トレンドの中で上ヒゲ陽線が出た場合、上昇の勢いが衰えてきた可能性を示唆します。もし、前日の勢いを引き継いで相場が上に向かうのであれば、ここで出るのは上ヒゲ陽線ではなく、実体部分がもっと長い陽線だったはずです。

これらのことから、買いの勢いはすでに息切れ状態にあることを強く意識できます。案の定、その次の日から、高値を切り上げることがありませんでした。

もし、ここの説明が分かりづらいという方は、基本に立ち返って、冒頭で紹介した『ローソク足チャートの正しい見方を初心者にもわかりやすく解説』を読み返しましょう。

そして、1本のローソク足には、始値・終値・高値・安値の4つの価格情報が含まれていることを思い出して下さい。4つの価格情報をしっかりと把握することで、相場に起きている動きを正しく見れるようになります。

ポイント!
ローソク足の基本パターンは4つだが、実際のチャートの例で挙げた大陽線のように、複数のパターンが混ざっている場合もあるので、早計に判断しないように注意すること。前後のローソク足と比較して、相場に何が起こっているのかを深く理解するクセをつけることが大事。

3.陽線・陰線は相場のシグナル

この記事で紹介した知識を活用する上で意識してほしいのが、「陽線も陰線も、相場に何かが起こっていることを示すシグナルである」ということです。そのため、ローソク足の動きを見て、相場に何らかの動きが起こっているという状況をキャッチできるようになることが大切です。

シグナルをキャッチする力を身に付けるには、この記事でお伝えした陽線の4つのパターンをしっかりと頭に入れておく必要があります。

決して、ローソク足単体だけで、相場の動きを予測することがないようにしましょう。そうでななく、ローソク足でシグナルをキャッチし、トレンドラインやサポート/レジスタンスラインを引いてテクニカル分析をするようなイメージを持ちましょう。

まとめ

テクニカル分析の記事に関しては、一度読んでわからなかったからといって、落ち込む必要はありません。私も最初はチンプンカンプンでした。

根気強く、繰り返し読むうちに、必ずわ分かるようになります。諦めずに取り組んで下さい。そうすれば、結果は必ず出てくるはずです。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の15社から選ぶ場合は、『FXおすすめ口座・会社比較!初心者向け15社を10項目でランキング』をご活用ください。

増田丞美の長期的な資産の増加を目指すメルマガ

長期的な資産の増加を目指している方向けに増田丞美のメルマガを配信しています。米国株式マーケットの制度を利用するものの通常の株式投資ではありません。本メルマガでお届けする方法の利点は以下のとおりです。


・米国制度によって守られている。
・管理が比較的容易。
・長期的な収益。


詳細はこちらからご覧ください。



無料メルマガ詳細はこちら

SNS
投資の教科書公式Twitter
順番に読むとFXで稼ぐ力が身に付きます
インタビュー
SBIFX
ヒロセ通商
JFX
YJFX
トレイダーズ証券
GMOクリック証券
FXプライムbyGMO
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る