トレイダーズ証券(みんなのFX)のレビュー|億トレーダーの実践的な使い方

トレイダーズ証券(サービス名は「みんなのFX」)は、私が使っているFX口座の一つです。

特徴は、ズバ抜けてスプレッドが狭く、スキャルピングにもデイトレードにも使えることです。

ちなみに、通常の米ドル円のスプレッドは0.2銭で、2019年11月29日まではキャンペーン期間中で0.1銭となっています。

この記事では、実際にトレードしていないと気付かない同社のメリットや使う際の注意点を、トレーダー視点でお伝えします。具体的には、次のようなことです。

  • スプレッドが狭いことのメリットとデメリット
  • 約定率を上げるために必要なちょっとした注意点
  • トレードスキルを上げるおすすめコンテンツ

ぜひ、これらのポイントに注目して読み進めて下さい。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

1.トレイダーズ証券のFXサービスは3種類

トレイダーズ証券は、JASDAQ上場のトレイダーズHD(銘柄コード:8704)のグループ会社で、口座数は約36万口座(2019年9月時点)と多いほうで、大手のFX業者の一つです。

同社には3つのFXのサービスがあり、それぞれの名称は次の通りです。

そして、広告でよく見かけるのが一番上の「みんなのFX」で、一般的なFX取引(裁量トレード)で使います。次の章からは、この「みんなのFX」のサービスについて解説します。

2.通常のFX取引は「みんなのFX」

みんなのFXには、次の2種類の取引ツールがあり、口座にログインすると選択できます。

  • Webトレーダー
  • FXトレーダー

それぞれ解説しています。

2.1.初心者向けの「Webトレーダー」

「Webトレーダー」は、不要な情報がなく、シンプルで初心者向けのツールです。注文画面が1つなので、1つの通貨ペアだけをトレードするなら、Webトレーダーで充分です。

※クリックすると拡大します

Webトレーダーの解説

Webトレーダーの解説

2.2.上級者向けの「FXトレーダー」

一方、「FXトレーダー」は、機能が多く、細かいチャート分析や独自にレイアウト変更が可能です。注文画面が複数出せるなど、本格的にトレードするためにカスタマイズしたい上級者向けのツールです。

※クリックすると拡大します

FXトレーダーの解説

FXトレーダーの解説

3.みんなのFXの特徴

ここでは、みんなのFXの大きな特徴を、「スプレッド」と「スワップポイント」の2つに絞ってお伝えします。

3.1.スプレッドがとにかく狭い

みんなのFXの一番のメリットは、どのFX会社よりもスプレッドが狭いことです。

例えば、米ドル/円のスプレッドは、なんと0.2銭(0.2pips)です。さらに、2019年11月29日までは、期間限定のキャンペーンで驚きの0.1銭です。

みんなのFXのスプレッド

みんなのFXのスプレッド

みんなのFXのスプレッドはなぜここまで狭いのかというと、次の6通貨ペアに限っては、ユーザーがトレードしやすいように「スプレッド業界最狭水準」を宣言しているからです。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • 英ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • ユーロ/米ドル

一番下のユーロ/米ドルのスプレッドは、他社では0.4pipsのところが多いのに対して、みんなのFXはドル/円と同じ0.3pipsのスプレッドを提供しています。最もメジャーな米ドル/円に目が向きがちですが、FXをやるなら、ユーロ/米ドルはチェックしておくことをおすすめします。

今まで、ユーロ/米ドルをトレードしたことがない方でも、スプレッドが0.3pipsならやってみたくなりませんか?数年前までは0.5pipsくらいだったので、私自身も驚きです。

このスプレッドはFXの実質的な手数料にあたるので、特にスキャルピングをする場合は、米ドル/円でもユーロ/米ドルでも、みんなのFXから発注することでコスト面で有利になります。

なお、2018年5月に先ほどの「スプレッド業界最狭宣言」をしたのですが、みんなのFXは、今後も狭いスプレッドを提供する姿勢であることは間違いないでしょう。

さらに、みんなのFXは、スプレッドや取引ツールなど、顧客からの声を元に、常にサービス改善をしています。ただし、全ての人に有利な改善になっているとは限らないので、「お客様の声を形に(公式サイト)」で定期的にチェックしておくことをおすすめします。

3.2.スワップポイントが高い

みんなのFXは、スワップポイントの高さも魅力的です。特に、個人投資家に人気がある南アフリカランド/円は、10万通貨あたり1日120円のスワップポイントがつきます。これは、業界でも最高水準です。

みんなのFXのスワップポイント

みんなのFXのスワップポイント

そのため、スワップ目的でポジションを取り、勉強ために少しずつFXを試してみるのもいいでしょう。メリットを享受できるなら、色々試して、あなたに合うやり方を決めていって下さい。

ただし、スワップポイントがもらえるからといって、安易にポジションを長く持たないように注意しましょう。その理由は、『FXのスワップ運用で初心者が一番大損する5つの理由』で説明しているので、スワップ運用を検討している方は必ずお読み下さい。

4.みんなのFXでスキャルピングをする時の注意点3つ

スキャルピングは、次の2つの取引コストを最小にする必要があります。

先ほどの3章で、みんなのFXのスプレッドが極めて狭く、繰り返しトレードする方にとっては、コスト面で有利になるとお伝えしました。ただし、注意点もあるので、この章で解説します。

4.1.スプレッド拡大時はトレードを見送る

FXでは、相場が急変した時に瞬間的にスプレッドが拡大します。例えば、次のような局面です。

《スプレッドが拡大する主な局面》

私は、予め経済指標の発表時間を調べておき、このようなスプレッドが拡大する局面ではトレードを見送るようにしています。

しかし、節目ブレイクは多くの市場参加者が注目しており、一気に価格が動き出すことがあるので、逆にトレードチャンスになります。ただし、節目ブレイクのタイミングでも、同社に限らず、多くのFX口座で瞬間的にスプレッドが拡大します。

例えば、米ドル/円のスプレッドは通常0.2pipsですが、数秒間0.9pipsに開くこともあります。これは、スプレッドを「原則固定」と謳っていても起こります。

次の画像の「【原則固定 例外あり】」にご注目下さい。

※クリックすると拡大します

スプレッド原則固定の例外の説明

スプレッド原則固定の例外

そのため、みんなのFXで相場ブレイク時や急変時を狙ってスキャルピングをするなら、スプレッドが拡大していないか、広がったとしても通常のスプレッドに戻ったタイミングで発注するようにしましょう。

このようなスプレッドに関する知識が足りないと、スプレッドが拡大していることに気付かないでエントリーしてしまう恐れがあります。せっかくトレードチャンスを見つけて売買しても、不利なスプレッドで損したら本末転倒ですよね。

そこで、他社と比べてどれくらいスプレッドが拡大するかを知ることが重要になってきます。

結論を言うと、みんなのFXは、スプレッドの拡大に関してそこまで気にすることはありません。このことは、私が使っている感覚的なことなのですが、同社だけが突出して不利にスプレッドが拡大することはありません。

ちなみに、デイトレードやスイングトレードはスキャルピングと比べて売買回数が少ないので、スプレッドの拡大の影響はあまり考えなくても大丈夫です。そのため、みんなのFXの口座を1つ持っていれば、どんな手法にも対応できます。

4.2.他の口座と併用してスプレッドが狭いほうから発注する

先ほど、私は相場ブレイク時や急変時はトレードを見送るとお伝えしましたが、この局面でのス瞬間的なスプレッドの拡大は、他のFX口座を併用すれば解決できます。

コツは、その日のトレードを始める前に、みんなのFXと、最低もう1社の口座にログインしておき、注文画面を2社出しておくことです。そして、スプレッドが拡大しそうなタイミングの時に、両社のスプレッドを見比べて、狭いほうから発注するのです。

なぜなら、他社でスプレッドが一時的に拡大するにしても、みんなのFXといつも同じタイミングとは限らないからです。また、SBI FXトレードのように、そもそもスプレッド拡大がほぼ無いFX会社を使えば、スプレッド拡大の問題は解消できます。

さて、このFX会社ごとのスプレッドが開くタイミングの違いは、しばらく口座を使っていれば、おおよそ分かってきます。最初はトレードせず、口座にログインして注文画面のスプレッドを見るだけでも勉強になります。

ただし、違いがイマイチわからないこともあると思うので、その場合は、実際に使っている人の感想を聞くといいでしょう。

なお、みんなのFXを含む私がスキャルピングで使っている口座は『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で紹介しており、この中で各社のスプレッドの広がり具合について触れていますので、参考にして下さい。

4.3.スリッページの設定を広くしておく

みんなのFXでスキャルピングをする際の3つ目の注意点は、スリッページの設定です。スプレッドが狭いからといって、スリッページや約定力(どれだけ注文がサクサク入るか)も優れているとは限りません。

結論からと言うと、みんなのFXはスリッページも約定力も問題なく、注文がサクサク入ります。

しかし、公式サイトでは次のように「約定率99.9%」謳っているにも関わらず、相場急変時にスキャルピングすると、約定しないことがあります。「おや?」と感じてしまいますね。

みんなのFXの約定率は99.9%

みんなのFXの約定率は99.9%

しかし、約定しないという問題は、スリッページの設定を「ON」にすれば解消できます。

設定方法は簡単です。まず、ログインして、新規注文の画面を出します。下図をご覧下さい。

みんなのFXのスリッページの設定方法

みんなのFXのスリッページの設定方法

ここでは、例としてスリッページを1.0pipsと設定していますが、実際に1.0pipsのスリッページが発生するわけではありません。

コツは、1.0pipsでなくても、2.0pipsや5.0pipsなどのあり得ないような広めのスリッページの数値を設定しておくことです。これだけで、約定しないという問題を解消できます。

5.みんなのFXの初心者におすすめのコンテンツ4つ

最後に、みんなのFXならではの、初心者におすすめのコンテンツ(サービス)を紹介します。私の使用感も含め、参考にして下さい。

5.1.「はじめてのFX」で基本を短時間で学ぶ

はじめてのFX」では、FXの始め方から実際の注文方法までを短時間で学べます。トレード経験が少ない方は、まずはこれを読んで、FXを始める心構えを持つと良いでしょう。

※クリックすると拡大します

はじめてのFX

はじめてのFX

5.2.「みんなの金トレ」のオンラインセミナーが充実

みんなの金トレ」では、オンラインセミナーを定期的に開催しており、レベルに応じて、次の3つのコースがあります。

《みんなの金トレの3つのコース》

  • 初心者コース
  • プライベートコース
  • スキルアップコース

このオンラインセミナーでは、ラインの引き方からテクニカル指標の使い方、実践的な取引手法まで幅広く学べます。

また、講師はバラエティに富んでおり、プロのトレーダーが出る時もあれば、実績がある個人投資家を招くこともあります。そして、セミナー開催後はYou Tubeに動画をアップしているので、誰でも視聴可能です(リピートコース)。

さらに凄いところは、トレイダーズ証券に所属している井口ディーラーのプライベートレッスンが受けられることです。直接会って教えてくれるという、類を見ない業者ですね。そこまでしなくても・・・とお感じになるかもしれません。

※クリックすると拡大します

ディーラー井口のFXプライベートレッスン

ディーラー井口のFXプライベートレッスン

しかし、あなたにとってデメリットはなく、享受できるメリットは、最大限活かすべきです。

トレードが下手とか、恥ずかしいとか言っている場合ではありません。経験豊富なプロのディーラーと直接話ができれば、何かしらの改善のヒントが得られるはずです。スタートダッシュをして、最速でスキルアップを目指しましょう。

なお、井口ディーラーがどんな人かを知りたい場合は、『トレイダーズ証券の井口ディーラーに独占インタビュー!付加価値を追求する姿勢とは』をご覧下さい。

5.3.「売買比率」で市場心理を探る

売買比率」を見ると、みんなのFXの顧客が保有している売りと買いの“ポジションの偏り”を、通貨ごとに視覚的にチェックできます。

例えば、下の実際の画面をパッと見ると、赤が多くて全体的に買っている人が多いことが一目でわかります。

※クリックすると拡大します

売買比率

売買比率

みんなのFXの口座数は国内FX会社の中では多いほうなので、これが全市場参加者の縮図と考えることもできます。しかし、比率が高いほうにエントリーすれば勝てるほどFXは簡単ではありません。ただし、売買比率を見ると、トレンドの方向や心理状態を推測するヒントになります。

また、裏ワザとして、売買比率を更新してパーセンテージが増減する”変化”に注目すれば、マーケットが強気になったり弱気になったりの「推移」も見れます。

ちなみに、この売買比率は、みんなの公式サイトの「マーケット情報」に載っているコンテンツで、同社が重要な情報と位置付けているのだと考えられます。ぜひ、あなたのトレード根拠をしっかりと考える”補助材料”としてお役立て下さい。

5.4.「取引成績表」で振り返る

FXで安定した利益を上げ続けるためには、取引履歴をノートにつけ、エントリーの根拠や気付いた事をどんどん記入すると良いです。そして、振り返りを行い、今後のトレードに活かすことが大切です。

しかし、取引回数が多くなると、次第に記録をつけるのが面倒になってしまいがちですよね。

そのような時に便利なのが、「Myパフォーマンス」機能です。これは、前日までのみんなのFXでトレードした様々な取引データを瞬時に作成してくれる優れモノです。

※クリックすると拡大します

Myパフォーマンス

Myパフォーマンス

上の画像のように、グラフやデータで視覚的に示してくれるので、自分のトレードの特徴やクセを客観的に知れます。正直、初心者が自力でここまでの検証作業をするのは困難だと思います。

そのため、慣れるまでは、このような便利な機能に頼って、勝てるトレードルール作りに徹しましょう。

まとめ

最後に、みんなのFXの特徴を整理しておきましょう。

  • スプレッドが極めて狭い
  • スキャルピングでもデイトレードでも使える
  • 初心者がスキルアップに役立つコンテンツが充実

ぜひ、あなたのトレードスタイルに合わせて使ってみて下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る