ヒロセ通商のレビュー|FXトレードで勝つための要素が全て揃った口座

この記事では、私がFXのメイン口座として長年使っている、ヒロセ通商の7つの特徴を余すことなくお伝えします。

結論からお伝えすると、ヒロセ通商は、初心者が”トレードで勝つための要素”が全て揃った口座です。また、スキャルピングを公認しており、取引ツールが抜群に充実しているのも特徴です。

ヒロセ通商は、特に、次の方におすすめです。

  • スキャルピング取引をしようと思っている方
  • デモトレードや分析ツールを含めた、トレード環境を重視している方
  • 信頼性や顧客満足度などの評価を重視して口座を選びたい方

なお、知っていただきたいツールについては、具体的な使い方をわかりやすく解説しています。ぜひ、最後までお読み下さい。

1.ヒロセ通商とは

ヒロセ通商は、JASDAQ市場に上場(銘柄コード:7185)しており、口座数は約24万口座(2019年2月時点)あります。JFXとは親子関係で、両社は同じシステムを使っているので、取引ツールをはじめとした基本的な取引環境は同じです。

私は、ヒロセ通商とJFXをスキャルピングのメイン口座として、10年で年間ベースでは負けなしの1億5,000万円以上の利益をあげています(私のスキャルピングの手法については、「【最新版】スキャルピングで5年で1億稼いだ私のトレード手法の全て」をお読み下さい)。

国内で50社以上あるFX会社の中で、ヒロセ通商はメイン口座として十分活用していただけます。実際に、スキャルピングのような取引回数が多いトレードをすることが多い場合は、ヒロセ通商を活用している方が多いようです。

ヒロセ通商

ヒロセ通商の公式サイト(トップページ)

2.トレードが上達するヒロセ通商の7つの特徴

ヒロセ通商の大きな特徴は、次の7つです。

これらの特徴は、他のFX口座を選ぶ際の重要な基準にもなるので、チェック項目としても押さえておきましょう。

1. スキャルピングを公認している
2. スプレッドスリッページ・約定力の3つが優れている
3. 初心者がFXを学べるコンテンツが充実している
4. 土日でも仮想レートでデモトレードできる
5. キャンペーンがすごい!
6. 顧客満足度が高い
7. モバイルアプリを含め、幅広いトレードスタイルに対応

一つ一つわかりやすく解説していきますね。

2.1.スキャルピングに必須の三つの条件をクリア

ヒロセ通商は、JFXと同じくスキャルピングを公認しています。

数秒から数分単位の短期売買は、場合によってはシステムに負荷がかかりやすく、スキャルピングを禁止するFX会社もあります。しかし、ヒロセ通商はスキャルピングOKなので、気にせずにトレードできます。

ただし、スキャルピングOKでも、スプレッドやスリッページの条件が悪いと意味がありません。なぜなら、トレードする度に不利な価格で約定すると、ストレスが溜まる上、利益が削られてしまうからです。

しかし、ヒロセ通商なら安心です。スキャルピングに必須の次の3項目を全てクリアしています。

1. スプレッド(買値と売値の差のこと)

2. スリッページ(注文した価格と売買が成立した価格が異なること)

3. 約定力(注文が入るスピードのこと)

スキャルピングOKな上、この3つの条件が優れていることが、ヒロセ通商のトレード環境の総合力です。言い換えると、初心者にとって勝ちやすいツールということです。

損益に直結することなので、スプレッド・スリッページ・約定力の3つの条件は、口座を選ぶ上で一番重要と言っても過言ではありません。

ヒロセ通商の特徴

もしあなたが長年トレードをやっていくつもりなら、売買回数も莫大になります。そのため、1回のちょっとした不利な約定が積み重なってコストがかさむと、長期的には損益への影響は大きくなります。そうならないために、どのトレードスタイルでも有利な口座を使うことは必須です。

また、スキャルピングで大きな利益を目指すなら、取引量も非常に多くなります。FX会社の中には、1日の取引量に上限を設けているところもありますが、ロセ通商は、1日の取引通貨量の制限がありません。

そのため、スキャルピングでコツコツ小さな利益を積み重ねて大きな利益を目指そうとしている方にも、ヒロセ通商は最適です。

2.2.取引ツール「LION FX」の注文方法が豊富

次の画像は、ヒロセ通商の取引ツールの「LION FX (ライオンFX)」です。

※クリックすると拡大します

取引画面

「LION FX」の画面

上の黄色い枠をご覧下さい。トレードに必要な機能がワンクリックで表示できるのが特徴です。さらに、各パネル(パーツ)も自在に移動することができ、好きなレイアウトで保存できます。

さらに、ヒロセ通商は「24種類の注文方法」を備えており、どんなトレードスタイルにも活用できます。スキャルピングの場合、「pips差決済注文」や「金額指定全決済注文」を使うと大損する可能性がほぼゼロになります(参考:「FXの基本の注文方法|王道の3種類と億トレーダーの活用法」)。

※クリックすると拡大します

ヒロセ通商の様々な注文方法の紹介

これからトレード手法を確立しようとしている方は、様々な注文方法を試して、どれがマッチしているかを探る必要があります。

どんな手法が自分に合っているか最初はわからなくても、まずはFXのトレードはどんなものかを実感してみることが大切です。正直、エントリーサインを決めるためのテクニカル分析は、その後でも大丈夫です。

その際、ヒロセ通商の豊富な注文方法は大いに役立ちます。また、様々な機能が使いこなせるようになると、リスク管理も適切にできるようになります。

なお、ヒロセ通商で使える24種類の注文方法の詳細は、こちらのページから確認できます。

私が思うのは、ここまで豊富な注文方法を揃えて、幅広い投資家層のニーズに応えようとしているのは、ヒロセ通商が個人投資家に良いものを提供したいという姿勢の表れだと思います。

他社では、「初心者向け」や「プロ仕様」のように、ターゲットを限定した取引システムは多くあります。しかし、ヒロセ通商のような初心者から専業トレーダーまで幅広く使える取引ツールは、はっきり言って珍しいです。

また、短期売買の注文をシステムで処理するためには、コンピュータの高い能力が必要になります。ヒロセ通商は、スキャルピングOKな上、スプレッド・スリッページ・約定力が劣らないようにしており、取引ツールに相当なコストをかけていると考えられます。

実際、ヒロセ通商を10年以上使っている私の実感としては、同社の注文処理速度をはじめ、システム全体の安定性の作り込みは、抜群に優れていると実感しています。次の記事には、ヒロセ通商のより詳細なツールの解説が書かれていますので、ぜひ併せてお読み下さい。

≫ FX初心者には多機能プラットフォームがある口座がおすすめ
≫ LION FX(ヒロセ通商)のアプリの特徴とチャートの設定方法

2.3.初心者がFXを学べるコンテンツが充実

ヒロセ通商は、取引ツールの出来が非常に良い上、初心者がFXを学べるコンテンツも充実しています。ここでは、4つご紹介します。

2.3.1.「LION分析ノート」でトレードを客観的に分析する

あなたがFXで大きく稼ぐためには、自分のトレードのクセを把握することが大切です。

例えば、小さく積み重ねた利益を1回の大損で失ってしまう傾向がある”コツコツドカン”タイプの人は、ポジションの建て方や、利益を伸ばす方法を工夫しなければなりません。また、長い時間ポジションを保有するのが怖い場合は、トレード手法自体を見直す必要があります。

ヒロセ通商には、「LION(ライオン)分析ノート」という機能があり、同社のトレード履歴を期間指定するだけで、様々な観点からで一瞬で分析してくれるので、自分のクセが一目瞭然です。

ライオン分析

LION分析ノート

LION分析ノートを使うと、例えば、利益が出ている通貨ペアや、損失が多い時間帯など、今までは感覚でしか分からなかったことも数字で出てくるので、客観的に分析することができます。

毎日でなくても、月に1回などのペースで定期的に継続して活用することによって、自分のクセが徐々に分かってくるようになります。逆に、特にクセもなく利益も出ていれば、バランスが良いトレードができている証拠で、これからも自信を持ってトレードできます。

ぜひ、活用してみて下さい。

2.3.2.「トレード診断」で自分の精神状態を客観的に把握する

「トレード診断」というスマートフォンで使うアプリは、スマホのカメラに指をくっつけて実際に脈拍を測り、自分の精神状態を客観的に把握できる便利なツールです。

LIONトレード診断

LIONトレード診断

正直、LIONトレード診断は、最初はトレードと関係ない機能だと思っていましたが、トレードで冷静さを保つことの大切さを教えるために同社が開発したツールだと後から分かりました。

大損する時の心理状態を想像してみて下さい。

ほとんどの場合、冷静さを失って無理なトレードをしてしまった時ではないでしょうか?そうならないために、トレードする前や最中に、このツールを使って脈拍を測るのです。もし、冷静さを失って脈が上がっていたら、恥ずかしい反面、改善するチャンスにもなりますね。

ぜひ一度、お試し下さい。

2.3.3.ニュースはヒロセ通商だけで充分!

FXに精通するためには、ニュースを幅広くチェックする必要があります。

ヒロセ通商の取引ツールでは、様々なニュースが見られるようになっています。配信元は、FX業界では有名な次の2社で、毎日チェックしていれば情報量としては充分です。

  • fxwave
  • klug
ニュース

ヒロセ通商のニュース配信画面

ちなみに、これらのニュースは、同社に口座を持っていれば無料で読むことができます。1日に300件以上のニュースの配信があり、ヘッドラインを読み流すだけでもマーケットの全体像を把握できます。

そして、気になる記事があれば、内容をさっと読んで興味を深めていきましょう。これを繰り返していくことで、時間をかけずにマーケットに精通することができます。

2.3.4.初心者に必要なFXの基本が学べる

たとえFX会社の取引ツールが抜群に良くても、自身のトレードスキルが未熟だと勝つことができませんよね。良い道具を使う姿勢は大事ですが、FXで勝つために「期待値が高いトレードルールを作る」ことはもっと重要です(期待値の参考記事:「ランダムウォーク理論|トレードで勝てる人の確率と期待値の考え方」)。

トレードを実践していくと同時に、FXの勉強もぜひ進めていきましょう。

そこでおすすめなのが、「初めての方」のページです。FXの基本的なことが短時間で学べるようにコンパクトにまとまっており、何から始めたらよいか迷っている方は必見です。

初めての方

「初めての方」で学べる7つのこと

さて、このページでFXの基本を理解したら、チャートでテクニカル分析をしてみましょう。ただし、インジケータ(テクニカル指標)の数は膨大で、どれを選んだらよいか最初は分からないと思います。

そこで便利なのが、「テクニカル分析」のページです。インジケータの名前をクリックすると、実際のチャート画面を使った詳しい解説が読め、本質を理解することができます。

テクニカル分析

テクニカル分析一覧

2.4.土日でも仮想レートでデモトレードできる

FXを全くやったことがない方だと、最初からリアルマネー(実際のお金)でトレードすることに対して抵抗があると思います。そこでおすすめなのが、デモトレードです。

デモトレードは、バーチャルの仮想資金ですが、本番と同じ環境で色々練習できます。

特に、ヒロセ通商のデモトレードは、通常の取引をしていない土日でも仮想レートが動いているのが特徴です。そのため、平日は仕事で忙しいサラリーマンの方でも、土日にじっくりとFXに取り組めます。

デモ

LION FXデモ取引

デモトレードで試してほしいことは、実際のトレードの感覚をつかみ、どのように損益変動するかなど、トレードの全てに慣れることです。また、先ほどお伝えした24種類の注文方法も、デモトレードでぜひお試し下さい。

ただし、デモトレードはあくまでも慣れるためのサービスで、デモ口座で資金を増やすことが目的ではないことを理解しましょう。何のためにデモトレードをやるのか、しっかり考える必要があります。

なお、デモトレードの詳細は、次の記事で詳しく紹介しているので、参考にして下さい。

≫ FX初心者がデモトレードで必ずやるべき6つのコト

2.5.食品キャンペーンとキャッシュバックがすごい!

ヒロセ通商のキャンペーンには、

  • 1カ月の取引量に応じてもらえる食品
  • キャッシュバック

の2種類があります。どちらも個人投資家に人気があり、同社の真似をして、同様のキャンペーンを実施するFX会社が増えています。ちなみに、キャッシュバックとは、1ヶ月間の取引通貨量に応じて、FX会社が現金を還元してくれる仕組みです。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

2.5.1.食品キャンペーンが充実

ヒロセ通商のキャンペーンの最大の特徴は、食品が充実していることです。

1ヶ月間の取引通貨量に応じて、冷凍食品や高級黒毛和牛のプレゼントがあります。公式サイトのトップにキャンペーン情報を出していることもあり、キャンペーンに力を入れている同社の姿勢が伺えます。

ヒロセ通商のトップページ

ヒロセ通商のトップページ

サポートセンターに問い合わせたことがあるのですが、お客様に喜んでいただけるように、市販のものではなく、オリジナル製品をお届けできるように食品会社に製造を委託しているとのことでした。

何の食品がもらえるかは取引通貨量によって異なりますが、最低でも片道10万通貨以上なので、意外とハードルは低いです。少しトレードに慣れれば、10万通貨くらいは普通に売買します。

食品をプレゼントされてもトレード成績には繋がりませんが、美味しい食べ物が届くというのは、受け取ってみると意外と嬉しいものです。

ヒロセ通商では、このようなキャンペーンを毎月実施しています。チャレンジすることで、モチベーションを保ちながら楽しく取引できる点も、私が同社を愛用している理由でもあります。

トレードに慣れてきたら、皆さんもぜひゲットしてみて下さいね。

2.5.2.キャッシュバックのハードルが低い

ヒロセ通商は、取引通貨量に応じたキャッシュバックも充実しています。

キャッシュバックは、継続的に受け取ると非常にメリットが大きいキャンペーンです。私は、多い時で年間100万円前後のキャッシュバックをもらっていた時もありました。そこまでいかなくても、本気でトレードに取り組むと自然と取引量が多くなり、金額も大きくなります。

ヒロセ通商の4月のキャンペーン

ヒロセ通商の4月のキャンペーン

ただし残念なのは、ヒロセ通商は、JFXとは違って、米ドル/円がキャッシュバックの対象になっていないことです。しかし、他の主要な通貨ペアは対象になっているので、通貨ペアによって上手く口座を使い分けることも選択肢の一つです。 

ここで注意していただきたいのが、キャッシュバック目的でトレードを繰り返すのは良くないということです。無駄に取引量を増やそうとすると、普段ならエントリーしないようなポイントで売買するようになり、間違いなく負けます。

キャンペーンが終了した時にキャッシュバック以上の損失を出していたら、本末転倒ですよね。何のためにFXをやっているのか、虚しさがこみ上げます。

食品がもらえるキャンペーンも同様ですが、くれぐれも、無駄なトレードは避けましょう。

2.6.四年連続でオリコン顧客満足度調査でトップ

どんなに取引ツールが優れていても、FX会社自体に不安があると、使いたくないですね。しかし、ヒロセ通商は安心です。これは、私の主観ではありません。

なぜなら、上場会社なので定期的に財務状況を公開していて透明性が高く、その上、4年連続でオリコン顧客満足度「FX取引 FX専門業者」第1位を獲得しており、信頼できるからです。特に、投資スタイル別の「スキャルピング」部門でも1位を獲得しています。

オリコン顧客満足度調査FX取引FX専門業者第1位

4年連続で1位を獲得しているということは、個人投資家の支持を本当に得ている証拠です。つまり、ヒロセ通商は、初心者から専業トレーダーまで、幅広い層の投資家がメイン口座にするだけの充実したトレード環境を備えていることになります。

また、電話によるカスタマーサポートの時間は、月曜日から土曜日までの取引が可能な時間帯は、24時間体制で受け付けており、同社が個人投資家を大切にしている姿勢が伺えます。

FXは、平日の帰宅後の夜間にトレードをする方が多いので、24時間電話対応してくれるサービスは安心感があります。しかも、オペレーターは全て1年以上の研修を受けた自社の社員が対応しているということで、初心者には本当に心強いです。

私も何度か問い合わせをしたことがありますが、どの時間帯でも丁寧な対応で好印象でした。

2.7.モバイルアプリもPCと同等のスペック

ヒロセ通商の取引ツールは、パソコンのデスクトップだけでなく、iPadやiPhoneなどのモバイルアプリも充実しています。

FXのトレード環境といえば、トレードルームに何枚ものモニターを並べた光景をイメージするかもしれません。確かに、モニターが何枚も並んでいると、機関投資家のディーラーみたいで、なんとなく勝てそうな気がしますよね。

しかし、いくらモニターの数が多くても、トレードで勝てるとは限りません。しかも、トレードルームに1日中閉じこもってばかりいると、何より体に良くありません。専業トレーダーを長年やっていると、そのことに気付く方も多いようです。(実際に私もそうです)

私は、1日の中で必ず外に出るようにしていますが、その際はノートパソコンとトレード専用のiPhoneを持ち、トレードチャンスがあれば外でも取引をします。最近は、どこのFX会社もモバイルアプリの開発に力を入れており、ヒロセ通商のモバイルアプリの機能やコンテンツは、パソコンと同等のスペックを備えています。

私は、外出先ではヒロセ通商のモバイルアプリでトレードすることが多いのですが、ストレスなく使えています。デスクトップとモバイルアプリをヒロセ通商に統一しているので、どちらでも同じような環境で違和感なくトレードできているのも大きいです。

皆さんの中には、将来的に、FXトレードで稼ぎながら、好きな時に旅行に行って、好きな時にランチを食べるなど、自由気ままに生活したいと考えている方もいると思います。そういう時に備えて、家のパソコン以外のツールにも今のうちから目を向けておくことをおすすめします。

まとめ

ヒロセ通商は、スキャルピングにもデイトレードにも使える、万能型のFX口座です。

FXの口座は、各業者の特徴を理解し、いくつかの口座を上手く使い分けることがポイントです。ただし、完璧を求めるのではなく、使いやすさやバランスの良さなどを総合的に検討するようにしましょう。

どのFX会社にも言えることですが、全ての好条件を満たしたFX口座は存在しません。トレード経験が豊富なトレーダーは、複数のFX会社で口座を開いて局面に合わせて使い分け、コストを最小かつリターンを最大にしようと努めています(参考:「FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較」もご参考下さい)。

ヒロセ通商は、その中でもメイン口座になりうるFX口座であると、自信を持ってお伝えします。ぜひ、皆さん自身でお確かめ下さい。

なお、『ヒロセ通商の特徴・口コミ・評判をユーザー目線で徹底紹介!』では、もっと基本的な情報や、アンケートに基づいた評判・口コミが書かれていますので、併せてお読み下さい。

当サイト経由でヒロセ通商の口座を開設した方限定で、4,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。このチャンスを見逃しなく!
 

投資の教科書では、ヒロセ通商の細合会長インタビュー取材に成功しました。食品キャンペーンに込められた思い・スキャルピングOKの理由・おすすめのコンテンツ・将来のビジョンなどを、会長自ら語っていただきました。ぜひ、一読して下さい。
≫ ヒロセ通商の細合会長に独占インタビュー!~徹底した顧客目線を貫くFX会社~

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX口座13社のランキングを徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

執筆者
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを始めて10年で1億6,500万円の利益を突破。 自身のブログ『FX億トレーダーぶせなブログ』では、定期的にトレードの損益を公開中。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』。

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る