ヒロセ通商のスワップポイントの特徴を徹底解説

この記事では、ヒロセ通商のスワップポイントの特徴を、他のFX会社との比較から解説します。

実際に使っているユーザーの声も紹介しているので、ぜひ、参考にして下さいね。

なお、スワップポイントの知識に不安がある方は、『スワップポイントとは|FX初心者が失敗しないために知っておくべき全知識』を先にお読みいただくと、この後の内容がよく理解できます。

※アンケートの集計基準:私たちは、大手調査機関G社を通じ、FX経験者551人を対象とした『FX会社21社に関する業界最大規模のアンケート』を実施しました。その中で、40人以上が使っている13社に絞り、9項目で満足度調査を実施し、「満足している」の割合をランキングにしています。

※アンケートの集計基準:私たちは、大手調査機関G社を通じ、FX経験者551人を対象とした『FX会社21社に関する業界最大規模のアンケート』を実施しました。その中で、40人以上が使っている13社に絞り、9項目で満足度調査を実施し、「満足している」の割合をランキングにしています。

執筆者
近藤章仁

近藤章仁

証券会社で株式ディーラーを7年間経験。現在は、「投資の教科書」の運営を担当し、FXの研究の傍ら、投資信託や米国ETFの積立投資をする兼業トレーダー。「モノクロ ザ マネーvol.3」にも登場。実戦で得た経験から、皆様に役に立つノウハウをお伝えします。ファイナンシャルプランナーと証券外務員資格一種保有。

1.ヒロセ通商のスワップポイントの特徴

早速、ヒロセ通商とスワップポイント満足度上位5社の比較表をご覧下さい。

ちなみに、ヒロセ通商は13社中8位ですが、ヒロセ通商のスワップポイントの特徴を解説するために、あえて一番上に載せています。

ヒロセ通商とスワップポイント満足度5社の比較表
順位 FX口座 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アランド/円 メキシコペソ/円
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
8位 ヒロセ通商 20円 -130円 -35円 -15円 20円 -99円 26円 -81円 101円 -131円 150円 -250円 160円 -210円
  SBIFXトレード 74円 -77円 -15円 10円 24円 -32円 22円 -29円 85円 -90円 120円 -130円 なし なし
  80円 -80円 -17円 17円 21円 -21円 30円 -30円 100円 -100円 100円 -100円 120円 -120円
  GMOクリック証券 69円 -71円 -15円 14円 22円 -25円 20円 -21円 85円 -95円 110円 -110円 100円 -100円
4位 YJFX 71円 -86円 -10円 -5円 18円 -33円 20円 -35円 なし なし 120円 -270円 なし なし
5位 外為どっとコム 69円 -99円 -15円 0円 18円 -33円 20円 -35円 85円 -120円 120円 -220円 120円 -220円

※1万通貨のポジションを1日保有した場合の金額(南アフリカランド/円とメキシコペソ/円は10万通貨)
※マイナスは、支払いを表します
※赤い太字は、ヒロセ通商が最も高い通貨ペアのスワップポイント
※2019年7月23日時点  ※『ヒロセ通商の最新スワップポイント(公式サイト)』を見る

横にスクロールしてご覧下さい

ヒロセ通商とスワップポイント満足度上位5社の比較
順位 FX口座 米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 トルコリラ/円 南アランド/円 メキシコペソ/円
買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り 買い 売り
8位 ヒロセ通商 20円 -130円 -35円 -15円 20円 -99円 26円 -81円 101円 -131円 150円 -250円 160円 -210円
  SBIFXトレード 74円 -77円 -15円 10円 24円 -32円 22円 -29円 85円 -90円 120円 -130円 なし なし
  80円 -80円 -17円 17円 21円 -21円 30円 -30円 100円 -100円 100円 -100円 120円 -120円
  GMOクリック証券 69円 -71円 -15円 14円 2円 -25円 20円 -21円 85円 -95円 110円 -110円 100円 -100円
4位 YJFX 71円 -86円 -10円 -5円 18円 -33円 20円 -35円 なし なし 120円 -270円 なし なし
5位 外為どっとコム 69円 -99円 -15円 0円 18円 -33円 20円 -35円 85円 -120円 120円 -220円 120円 -220円

横にスクロールできます

※1万通貨のポジションを1日保有した場合の金額
(ただし、南アフリカランド円とメキシコペソ円は10万通貨)
※マイナスは、支払いを表します
※赤い太字は、ヒロセ通商が最も高いもの
※2019年7月23日時点
※『ヒロセ通商の最新スワップポイント(公式)』を見る

ヒロセ通商のスワップポイントの特徴は、メジャーな通貨ペアと、そうではない通貨ペアで大きく分かれます。それぞれ解説していきます。

1.1.メジャーな通貨ペアのスワップポイントの特徴

上の表のように、ヒロセ通商のスワップポイントは、メジャーな通貨ペア(左の4つ)は決して高いとはいえません。

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円

1.2.トルコリラ等の高金利通貨ペアのスワップポイントの特徴

しかし、ヒロセ通商のスワップポイントは、スワップポイント狙いのトレーダーに人気の高金利通貨ペア(右の3つ)が、どのFX会社よりも高いのが特徴です。

  • トルコリラ/円(1万通貨の保有で101円/1日)
  • 南アフリカランド/円(10万通貨の保有で150円/1日)
  • メキシコペソ/円(10万通貨の保有で160円/1日)

この傾向は、スワップポイントは毎日変動するので時々順位は入れ替わりますが、ほぼ変わりません。

ちなみに、この表では6社の比較ですが、アンケートを実施した13社の中でも、ヒロセ通商の高金利通貨ペアのスワップポイントはトップクラスです。詳しくは、『FXのスワップポイント人気13社の比較ランキング(ユーザー評価の高い順)』でご確認下さい。

2.ヒロセ通商のスワップポイントが8位の理由

ヒロセ通商のスワップポイントは、3つの高金利通貨ペアで1位にも関らず、なぜスワップポイントの満足度では13位中8位と、あまり評価されていないのでしょうか?

その理由は、おそらく、米ドル/円をはじめとしたメジャーな通貨ペアのスワップポイントが高くないからだと思われます。

しかし、ヒロセ通商は数少ないスキャルピング公認口座ということもあり、スキャルピングトレーダーに人気のFX会社です。なお、スキャルピングの手法については、『スキャルピングで5年で1億稼いだ私のトレード手法の全て』を参考にして下さい。

3.ヒロセ通商のスワップポイントのレビュー

ヒロセ通商のスワップポイントに関して、3つしかありませんが、私たちが実施した『FX口座に関するアンケート調査』の中から、その他のユーザーの評判も見てみましょう。

多かったのが、やはり「トルコリラのスワップポイントが高い」というコメントです。

男性/39歳/会社員
投資歴3年

数多くあるFX専門業者の中でヒロセ通商を選択した理由の一つに、トルコリラ円の長期運用を検討し、一日あたりのスワップ金利額が高かったことがあります。
出所:【ヒロセ通商の評判/レビュー⑤】

男性/28歳/会社員
投資歴2年

トルコリラの取り扱いやスワップ金利等の条件がいいというところが、主には開設の動機となった。
出所:【ヒロセ通商の評判/レビュー⑥】


男性/53歳/自営業
投資歴1年

外貨預金よりは、FXでなるべく余裕を持ちつつ、高金利通貨のスワップを狙っていきたいところです。偉そうにいいますが、実はかつてもトルコリラ関連のスワップポイント狙いでいったところ、スイスフランの急騰ではじけてしまったこともあります。でも、そう高くないレートでやる分にはまあ大きく変動がない限り安心していられると思います。
出所:【ヒロセ通商の評判/レビュー⑧】

4.スワップポイントの運用の注意点

最後に、スワップポイントの運用の注意点について簡単に解説しておきます。

スワップポイント目的の運用とは、高金利通貨ペアを長期間保有し、毎日スワップポイントを受け取って資産を増やそうとする手法です。

例えば、南アフリカランド/円を10万通貨保有するために必要な資金は、ヒロセ通商の場合、最低40,000円です。そして、理論上は、

  • 1日あたり:150円
  • 365日保有した場合:54,750円

のスワップポイントが受け取れます。

ただし、この計算は、急落しなかった場合を前提としており、相場が急落すると、強制ロスカットに遭い、せっかくコツコツ積み上げたスワップポイント以上の損をしてしまうケースがよくあります。そのため、実際は、1年ずっと保有し続けることは困難です。

ちなみに、ロスカットはとても重要な知識なので、理解を深めたい方は、『FXのロスカットの仕組みと必ず知っておくべき算出方法』でご確認下さいね。

以上のような理由から、スワップ運用を行う場合はリスクを把握し、口座に資金を多めに入れておくなどの対策が必要です。詳しくは、FXのスワップ運用で初心者が大損する5つの理由』をよく読み、スワップ運用のメリットが感じられれば、少額から始めることをおすすめします。

まとめ

この記事では、ヒロセ通商のスワップポイントについて解説しました。

まとめると、ヒロセ通商のスワップポイントは、スワップポイント狙いのトレーダーに人気の高金利通貨ペア(トルコリラ/円・南アフリカランド/円・メキシコペソ/円)が高いのが特徴です。そのため、これらの通貨ペアのスワップポイント狙いでの運用を考えている場合は、ヒロセ通商は選択肢の1つになるでしょう。

なお、ヒロセ通商全体の特徴やユーザーの評価、活用方法をもっと知りたい方は、『ヒロセ通商の評判/レビュー|口座開設前に知っておくべき特徴を徹底解説』を参考にして下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る