GMOクリック証券のスプレッドと手数料について徹底解説

GMOクリック証券のスプレッドは全体的に狭く、トレーダーに有利な条件が揃っています。

具体的には、スプレッドがたとえ広がっても、他社よりも広がりが小さく、戻るスピードが早いのが特徴です(詳細は後述)。

その結果、他のトレーダーより一足早いタイミングでエントリーできる可能性が高まります。

この記事では、GMOクリック証券のスプレッドの特徴に加えて、同社でFX取引をする際にかかる手数料についてお伝えします。

なお、スプレッドについては、FXのスプレッドとは|無駄な手数料を減らすための必須知識』で解説しています。

※アンケートの集計基準:私たちは、大手調査機関G社を通じ、FX経験者551人を対象とした『FX会社21社に関する業界最大規模のアンケート』を実施しました。その中で、40人以上が使っている13社に絞り、9項目で満足度調査を実施し、「満足している」の割合をランキングにしています。

※アンケートの集計基準:私たちは、大手調査機関G社を通じ、FX経験者551人を対象とした『FX会社21社に関する業界最大規模のアンケート』を実施しました。その中で、40人以上が使っている13社に絞り、9項目で満足度調査を実施し、「満足している」の割合をランキングにしています。

執筆者
近藤章仁

近藤章仁

証券会社で株式ディーラーを7年間経験。現在は、「投資の教科書」の運営を担当し、FXの研究の傍ら、投資信託や米国ETFの積立投資をする兼業トレーダー。「モノクロ ザ マネーvol.3」にも登場。実戦で得た経験から、皆様に役に立つノウハウをお伝えします。ファイナンシャルプランナーと証券外務員資格一種保有。

1.GMOクリック証券のスプレッドは満足度1位

早速、私たちが実施したアンケートを集計した、スプレッド満足度ベスト5をご覧下さい。GMOクリック証券は1位にランクインし、スプレッドの満足度が非常に高いのが特徴です。

※赤文字は、最小のスプレッド
横にスクロールしてご覧下さい

 
          スプレッド満足度5社の比較表
順位 FX口座 米ドル
/円
ユーロ
/円
ポンド
/円
豪ドル
/円
NZドル
/円
カナダ
ドル/円
スイス
フラン/円
南アフリカ
ランド/円
ユーロ
/米ドル
ポンド
/米ドル
豪ドル
/米ドル
NZドル
/米ドル
ユーロ
/ポンド
米ドル/
スイスフラン
米ドル/
カナダドル
  GMOクリック証券 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭 1.7銭 1.8銭 1.0銭 0.4pips 1.0pips 0.9pips 1.6pips 1.0pips 1.6pips なし
  SBIFXトレード※欄外の注記参照 0.2銭
0.27銭
0.49銭
1.0銭
0.3銭
0.49銭
1.09銭
1.7銭
0.7銭
0.99銭
1.89銭
2.7銭
0.4銭
0.69銭
0.99銭
1.6銭
0.9銭
1.19銭
2.39銭
3.0銭
1.4銭
1.69銭
2.49銭
3.1銭
1.4銭
1.69銭
2.79銭
3.3銭
0.8銭
0.99銭
2.0銭
2.0銭
0.3pips
0.38pips

0.79pips
1.00pips
0.8pips
0.89pips
1.8pips
2.8pips
0.8pips
0.89pips
1.59pips
2.5pips
1.1pips
1.49pips

2.49pips
3.0pips
0.8pips
0.99pips
2.29pips
3.1pips
1.1pips
1.49pips
2.49pips
3.1pips
1.1pips
1.49pips
2.49pips
3.0pips
  DMMFX 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭 1.7銭 1.8銭 1.0銭 0.4pips 0.8pips 0.8pips 1.6pips 0.9pips 1.5pips 1.8pips
4位 0.3銭 0.4銭 0.9銭
0.6銭 1.0銭 1.6銭 1.7銭 0.9銭
※7/24より
0.3pips 0.8pips 0.8pips 1.6pips 0.9pips 1.5pips なし
5位 マネーパートナーズ 0.3銭 0.4銭 0.9銭 0.6銭 1.2銭 3.8銭 3.8銭 1.0銭 0.3pips 0.8pips 0.9pips 2.0pips 2.0pips なし なし
 
  スプレッド満足度上位5社の比較表
順位 FX口座 米ドル
/円
ユーロ
/円
ポンド
/円
豪ドル
/円
NZドル
/円
カナダ
ドル/円
スイス
フラン/円
南アフリカ
ランド/円
ユーロ
/米ドル
ポンド
/米ドル
豪ドル
/米ドル
NZドル
/米ドル
ユーロ
/ポンド
米ドル/
スイスフラン
米ドル/
カナダドル
  GMOクリック証券 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭 1.7銭 1.8銭 1.0銭 0.4pips 1.0pips 0.9pips 1.6pips 1.0pips 1.6pips なし
  SBIFXトレード※欄外の注記参照 0.2銭
0.27銭
0.49銭
1.0銭
0.3銭
0.49銭
1.09銭
1.7銭
0.7銭
0.99銭
1.89銭
2.7銭
0.4銭
0.69銭
0.99銭
1.6銭
0.9銭
1.19銭
2.39銭
3.0銭
1.4銭
1.69銭
2.49銭
3.1銭
1.4銭
1.69銭
2.79銭
3.3銭
0.8銭
0.99銭
2.0銭
2.0銭
0.3pips
0.38pips

0.79pips
1.00pips
0.8pips
0.89pips
1.8pips
2.8pips
0.8pips
0.89pips
1.59pips
2.5pips
1.1pips
1.49pips

2.49pips
3.0pips
0.8pips
0.99pips
2.29pips
3.1pips
1.1pips
1.49pips
2.49pips
3.1pips
1.1pips
1.49pips
2.49pips
3.0pips
  DMMFX 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭 1.2銭 1.7銭 1.8銭 1.0銭 0.4pips 1.0pips 0.9pips 1.6pips 0.9pips 1.6pips 1.8pips
4位 0.3銭 0.4銭 0.9銭 0.6銭 1.0銭 1.6銭 1.7銭 0.9銭
※7/24より
0.3pips 0.8pips 0.8pips 1.6pips 0.9pips 1.5pips なし
5位 マネーパートナーズ 0.3銭 0.4銭 0.9銭 0.6銭 1.2銭 3.8銭 3.8銭 1.0銭 0.3pips 0.8pips 0.9pips 2.0pips 2.0pips なし なし

※横にスクロールできます

※全て原則固定  ※2019年9月26日時点
※SBI FXトレードは、上から1~1,000通貨以下、1,001~1,000,000通貨以下、1,000,001~3,000,000通貨以下、3,000,001~10,000,000通貨以下での取引のスプレッド
※pipsについては、『FXの単位pips(ピップス)とは|読み取り方のコツ』で解説しています。

ご覧のように、GMOクリック証券には一番狭いスプレッドの通貨ペアはありません。

それでは、なぜGMOクリック証券のスプレッドが1位なのか、次の章で徹底解説します。

2.GMOクリック証券のスプレッドは広がりにくい

通常、重要な指標発表時や要人発言直後は、売りか買いのどちらかに注文が殺到してボラティリティが高くなり、どのFX口座でもスプレッドが広がる傾向があります。

しかし、相場急変時のスプレッドの広がり具合や、元に戻るタイミングは、FX会社によって異なります。

そのような背景がある中、GMOクリック証券のスプレッドは、経済指標発表時や要人発言時でも広がりにくく、広がったとしても戻りが早いのが特徴です。

そして、このGMOクリック証券のスプレッドの特性を利用して、4年間で1,800万円の利益をあげているのが、FXニート氏です。

FXニート氏

スプレッドがそもそも広がりにくい上に戻りやすい特徴があるので、私のような経済指標発表直後の瞬間的な値動きを狙う秒速スキャルピングトレーダーにとって、GMOクリック証券は欠かせません。

また、9時55分の仲値を狙ったトレードで、8年で1億3,000万円の利益をあげているジュン氏も、GMOクリック証券を使っています。

ジュン氏

仲値は多くの市場参加者が注目している一種のイベントですが、このようなタイミングでも、GMOクリック証券は安定したスプレッドを提供しています。

このように、GMOクリック証券を使えば、他社のユーザーより有利なスプレッドで一足早くエントリーできる可能性が高まります。

ただし、一度の発注が最大500万通貨まで可能なPCブラウザ版の「Exモード」では、「通常モード」よりスプレッドが最初から約2倍の広さになっているので、注意が必要です。

3.GMOクリック証券のスプレッドのレビュー

さて、GMOクリック証券のスプレッドに関して、私たちが実施したアンケートの中から、ユーザーの評判も見てみましょう(誤字・脱字のみ修正)。

多かったのが、やはり「スプレッドが小さい」「他社と比べて優秀」「スプレッドが広がりにくい」といった良いコメントです。

男性/40歳/その他
投資歴1年未満

GMOクリック証券のスプレッドは、他社と比較してどちらかといえば小さいと思う。私は主にポンド円で取引をするが、ポンド円の場合、ドル円よりも通常はスプレッドが大きい。そのため、取引回数が多くなればそれだけ負担も大きくなるので、スプレッドが小さいGMOはとても良いといえる。
出所:【GMOクリック証券の評判/口コミ②】


男性/31歳/公務員
投資歴3年

スプレッドは、他の会社と比べるとかなり優秀である。例えば、トルコリラなどはスプレッドが格段に安く(1.9銭)、とても取引がしやすい。
出所:【GMOクリック証券の評判/口コミ⑦】


男性/46歳/公務員
投資歴5年

GMOクリック証券のドル円スプレッドが0.3銭で、閑散相場で為替が大きく動いた際も他社がスプレッドを大きく広げる中、GMOクリック証券はスプレッドが広がりにくい。
出所:【GMOクリック証券の評判/口コミ⑧】

男性/47歳/会社員
投資歴15年

スプレッドやスリッページなど、どこを取っても不満がなく、しっかりとすぐに確認でき、現在のポジション状況や新たに取得したいデータなどが一目瞭然でわかり、感覚的に利用できているのが最大の強み。
出所:【GMOクリック証券の評判/口コミ⑨】

男性/37歳/会社員
投資歴5年

GMOクリック証券はスプレッドの狭さ(=手数料の安さ)とスワップのバランスが良いと感じた。 スプレッドはどの証券会社の中でも低い水準で、スワップは他の証券会社に比べると低い(それでも対面よりは高い)水準で、完璧というわけにはいかなかったが、コストパフォーマンスが抜群に感じたのである。
出所:【GMOクリック証券の評判/口コミ⑪】

4.GMOクリック証券はロスカット手数料がかかる

通常、FXの手数料といったら、スプレッドのことを言います。

それ以外に、GMOクリック証券ではロスカット手数料がかかります。このロスカット手数料は、他社では無料のところが多い中、GMOクリック証券の場合は、1万通貨単位あたり500円の手数料がかかります(南アフリカランド円とメキシコペソ円は、10万通貨あたり550円)。

このロスカットに引っ掛からないようするためには、資金管理をしっかりすることが大切です。詳しくは、『FXの資金管理で利益を上げるために必要なノウハウの全て』を参考にして下さい。

まとめ

この記事では、GMOクリック証券のスプレッドについて解説しました。

まとめると、GMOクリック証券のスプレッドは、相場急変時でも広がりにくく、広がっても戻りが早いのが特徴です。そのため、他社で取引しているトレーダーより早くエントリーでき、売買を有利に進められる可能性が高くなります。

ただし、Exモードでは、スプレッドが通常モードの約2倍に広がるので注意が必要です。

なお、GMOクリック証券全体の特徴や活用方法をもっと知りたい場合は、『GMOクリック証券の評判・比較|口座開設前に知りたい長所・短所まとめ』をご覧下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る