GMOクリック証券の使用レビュー|稼ぐFXトレーダーに支持されている口座

GMOクリック証券は、国内の大手FX会社の中の1社で、稼ぐFXトレーダーに人気がある口座です。

最低取引単位が1,000通貨からのFX会社が多い中、同社は10,000通貨からなので、初心者は少しためらうかもしれません。

しかし、それを差し引いても、これからFXで着実に利益を上げたいという方にとって、非常にメリットがある口座です。

その理由を全て、この記事でお伝えします。

  • みんなが使っている知名度が高いFX会社でトレードしたい
  • たくさん売買して利益を追求したい
  • 低スプレッドで約定力も抜群な口座がいい

このようにお考えの方は、ぜひ最後までお読み下さい。

執筆者
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを始めて8年で1億5千万円を突破。 自身のブログ『FX億トレーダーぶせな「スキャルピング」「デイトレード」』では、定期的にトレードの損益を公開中。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』(日本実業出版社)がある。

1.GMOクリック証券は取引高世界1位で抜群の信頼性

GMOクリック証券は、東証1部上場のGMOインターネット(銘柄コード:9449)のグループ会社で、JASDAQ上場の金融持株会社・GMOクリックHD(銘柄コード:7177)の傘下にあります。

女優の新垣結衣さんをTVのCMに起用しており、メディア露出度も高く、知名度も抜群です。

口座数は約58.6万口座(2019年1月時点)あり、国内のFX会社の口座数では2位に位置します。また、7年連続でFX取引高世界1位FX預り資産(=預けられている証拠金の合計額)で国内1位です。

この実績は、多くの人がGMOクリック証券に魅力を感じて口座開設しているということになるので、これだけでも安心感が持て、使ってみたくなります。

2.GMOクリック証券の二種類の取引ツール

GMOクリック証券のFXサービスは「FXネオ」といい、取引ツールは次の2つから選べます。

  1. はっちゅう君FX+:パソコンにインストールして使うタイプ
  2. ブラウザ版:インターネット上で使うタイプ

それぞれ、詳しく説明していきますね。

2.1.はっちゅう君FX+はカスタマイズ自在

「はっちゅう君FX+」は、操作性を重視したツールで、パソコンにダウンロードして使います。次の画像に映っているのがツールの写真なのですが、背景色がブラックで、落ち着いた印象を受けますね。

取引画面(2)

特徴は、発注画面やチャート、ポジション一覧などの画面を、自由に移動させてカスタマイズできる点です。

例えば、スキャルピングに特化したい場合は、スピードを重視した「スピード注文画面」だけを表示するなどして、好きなように配置できます。トレードする上で、配置を自由に設定できることは、勝つためのトレード環境の一つです。

ストレスなく注文を出せることは、とても重要です。ぜひ、トレードしやすいレイアウトを探してみて下さいね。

ちなみに、はっちゅう君FX+には、スマートフォン対応のモバイルアプリもあります。

外出している時間が多い兼業トレーダーは、通勤時間にチャートをチェックするなど、モバイルアプリも重宝するはずです。そのため、パソコンにはっちゅう君FX+をダウンロードしたら、一緒にモバイル版もインストールし、デスクトップと同じ設定にしておくことをおすすめします

なお、GMOクリック証券のスプレッドは、他のFX口座と比較して特に狭いわけではありませんが、全体的にどの通貨ペアでも業界最小水準です(参考:「FXのスプレッドとは|無駄な手数料を減らすための必須知識」)。

また、国内のFXトレーダーに人気がある6通貨ペアでも、バランスよく低スプレッドを提供しており、勝つための環境が十分備わっています(参考:通貨ペアとは|FXトレードで勝つための正しい選び方)。

2.2.ブラウザ版は約定スピードが速い

ブラウザ版は、アプリをインストールせず、ウェブ上でログインして使うタイプです。はっちゅう君FX+とは違い、画面のカスタマイズはできませんが、とてもシンプルで見やすい仕様になっています。

取引ツール2ブラウザ版の特徴は、余計な機能を付けていないためか、はっちゅう君+よりも約定スピードが若干速く感じることがあります。もちろん、ネット環境や体感的なこともありますが、他のトレーダーも同じ感想を聞くことがあります(参考:「GMOクリック証券の活用方法|稼いでいるFXトレーダーが使う理由」)。

そのため、スキャルピングのように、数秒単位でトレードしたい方は、ブラウザ版を使うのも一つの選択肢です。約定スピードが少しでも速いほうが有利な価格で売買でき、他のトレーダーより優位に立つことができます。

3.GMOクリック証券のメリット/デメリット

それでは、GMOクリック証券の取引ツールの特筆すべきメリットとデメリットを、私が実際に使ってみた率直な感想をお伝えします。

3.1.メリット

3.1.1.ワンストップで様々な金融商品が取引できる

GMOクリック証券は、社名の通り、証券会社です。そのため、FX以外にも、次のような投資商品も扱っています。

  • 株式
  • 日経平均先物
  • オプション
  • 外為オプション(バイナリーオプション)
  • くりっく365
  • CFD
  • 投資信託

GMOクリック証券の口座を開くだけで、これだけの金融商品をワンストップで売買できます。FXの取引ツールが優れ、ここまで商品が充実しているFX会社は、他にはありません。

FXだけではない、オールマイティのトレーダーを目指すなら、最適な口座ですね。

このワンストップのメリットは、他にもあります。それは、GMOクリック証券の口座を持っていれば、1つのログインIDで、株も為替も監視することができることです。

詳しく説明すると、株と為替の値動きは連動して動くことが多く、株とFXの両方をトレードしている人も多いです。そのため、A証券では株価を見て、BというFX会社で為替を見ると、作業効率が悪くなってしまいます。その煩わしさを解消してくれるのが、GMOクリック証券です。

ちなみに、「最初はFXだけトレードしたい」という方のために、FX専用口座もあります。専用口座のほうが、口座開設までの日数が短いので、FX以外の商品を取引する予定ない方は、FX専用口座でもいいでしょう

3.1.2.「プラチナチャート+」がすごい!

「プラチナチャート+(プラス)」は、多くのFXトレーダーが使っているFX専用チャート“MT4チャート”に匹敵するほど利便性が高いチャートです(参考記事:「FXチャートのおすすめ|MT4でテクニカル分析を最大限に活かす方法」)。

プラチナチャート+では、38種類ものテクニカル指標が表示できるので、これから本格的にFXを始めたい方にとっても十分な数です。

もう1つおすすめなのが、通貨ペアの強弱を視覚的に表示してくれる「比較チャート機能」です。下の説明画像をご覧下さい。

比較チャートこの機能の特徴は、多通貨ペアを同じチャート上に表示させ、どの通貨ペアが買われている(または売られている)か、一目瞭然で比較できることです。

例えば、ドル/円が上昇していたとしても、その上昇が為替市場全体にどのような影響を与えているのか、よく分からないことがあります。ドルが買われているのか、それとも、円が売られて上昇しているのか、ドル/円だけを見ていても分かりません。

そこで、ユーロやポンドなど、他通貨ペアと比較することで、ドル/円が上昇しているかどうかの強弱が分かるようになります。

このような判断ができるようになると、相場を読むスキルがアップし、どうやってトレードすべきかが見えてきます。この機能は、初心者にとっては、見ているだけで本当に参考になります。ぜひ、あなた独自の比較チャート画面を作ってみて下さい。

3.1.2.はっちゅう君FX+の「スピード注文」はストレスなし!

はっちゅう君FX+でよく使う機能は、「スピード注文」です。特徴は、ワンクリックで新規および決済注文が可能で、ポジションの含み損益も一瞬で分かる点です。このストレスを感じさせない使い心地を覚えると、トレード手法を問わず、スピード注文から発注したくなるほどです。

ここで、GMOクリック証券のスピード注文と、私がスキャルピングで使っているヒロセ通商のクリック注文の画面を比較してみましょう。

GMO×hitrose

GMOクリック証券のスピード注文画面(左) と ヒロセ通商のクイック注文画面(右)

どちらも機能や使い勝手は抜群に良く、とても使いやすいです。しかも、約定スピードは速く、不利なスリッページもないので、実践向けです(参考:「FXのスリッページを理解して勝つために必要な4つのコト」)。

3.2.デメリット

FX取引をする上で、全ての好条件を満たしたFX会社は存在しません。どの会社にも強みと弱みがあり、稼いでいるFXトレーダーは、複数の口座を上手く使い分けています

実際に私も、現在は5社を局面によって使い分けてトレードしています(参考:「FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較」)。大事なことは、そのFX会社のツールごとの良し悪しを把握し、あなたのトレードに活かすことです。

後で説明しますが、実際にGMOクリック証券を使ってみて、改善してほしいと感じるところも正直あります。しかし、それが理由で同社を使わないのは勿体ないです。

ここでは、デメリットを、メリットに変えて活用するヒントと一緒にお伝えします。

3.2.1.最低取引単位が一万通貨

最低取引単位が1,000通貨のFX会社が多い中、GMOクリック証券は10,000通貨からです。

また、1日に新規で売買できる取引量(建玉上限)には、下の画像の右側の赤枠のように、上限があります。しかし、取引量が少ないうちは上限に達することは稀だと思いますので、最初の段階では気にしなくていいでしょう。

条件スプレッド②

10,000通貨でトレードした場合、価格が1pips(1銭)動くと、±100円の変動になります。まずはこれを覚えて下さい。

通貨ペアによっては、1pipsがちょうど100円ではなく、多少前後しますが、1pips=100円としてイメージして下さい。10pipsなら1,000円、100pips(1円)なら10,000円の変動です(pipsの参考記事:「FXの単位pips(ピップス)とは?|読み取り方のコツ」)。

例えば、ドル/円でエントリーすると、スプレッドが0.3pipsなので、いきなり-300円からそのポジションがスタートします。エントリーしてから、数秒で100円や500円の変動になるため、もしかしたら損益のブレが大きく感じるかもしれません。

しかし、そのような損益のブレは、言葉だけでは伝わりにくい部分もあるので、デモ口座で感覚を確かめることをおすすめします。ちなみに、デモ口座とは、架空のお金を使って本番とほぼ同じ環境でトレードできる口座のことで、GMOクリック証券でもデモトレードができます

デモ取引

まずは、「初心者がデモトレードで必ずやるべき6つのこと」をよく読んで、デモトレードでFX取引そのものや、そのFX口座のツールに慣れてからリアルトレードに臨むといいでしょう。

その際、GMOクリック証券の10,000通貨が損益の変動が激しくて怖いという方は、1,000通貨からトレードできる口座を開設し、いきなり実際のお金で少額からスタートするのも良いと思います(参考:「FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き」)。

3.2.2.強制ロスカットにも手数料がかかる

含み損が一定レベルを超えて証拠金が足りなくなると、強制ロスカットされてしまいます。その際、GMOクリック証券では、10,000通貨につき500円の手数料がかかります

トレードで損失を出し、かつ手数料も取られると、資金はあっという間に無くなってしまいます。1回ならまだしも、何度も強制ロスカットになることは、上手な負け方とはいえません。

トレードに損切りは付きものですが、強制ロスカットは損切りができなかった意志の弱さです。強制ロスカットにならないためにも、エントリー時にイメージした通りの値動きにならなかった時は、素早く自分で損切りをし、次のチャンスを待ちましょう。

なお、損切りのコツについては、「FXの逆指値注文の使い方|スキャルピングで大損しないための対処法」をお読みいただくと、大損するリスクは避けられます。

4.FXトレーダーのGMOクリック証券の評判

他のトレーダーの話を聞くと、

「GMOクリック証券は100万通貨以上の大口注文でもサクサク入る」

と口を揃えて言います。取引枚数が100万通貨を超えてくると、1回で注文が通らなかったり、取引制限がかけられたり、また、明らかにスリッページが不利になるFX会社が多いのも事実です。

しかし、私がGMOクリック証券で試してみたところ、大口注文で一括決済してもスリッページもなく、サクサク約定します。体感的なことかもしませんが、他のFXトレーダーに聞いても同じような感想を持っているので、一理あるでしょう。

また、「Exモード」で注文すると、1回で500万通貨の発注が可能になります。これからFXを始める方にとって、大口注文はまだ関係ないかもしれません。しかし、将来的には大きな枚数でトレードして大きく稼ぎたいですよね。

特に、専業トレーダーを目指すなら、GMOクリック証券のような大口でトレードできる口座を今から使っておくのも良いです(参考:「FXで専業になる前に現役の億トレーダーが伝えたい6つのこと」)。FXで利益を上げるなら、取引する枚数を増やし、効率良く稼ぐスキルを身に付けましょう。

なお、私以外のトレーダーのGMOクリック証券の活用方法は、次の記事をお読み下さい。

まとめ

GMOクリック証券は、スキャルピングからデイトレード、中長期投資まで幅広いトレーダーに支持されているFX口座です。

記事の中で述べましたが、最低取引単位が10,000通貨なので、初心者の方がFXに慣れる目的で売買するには少し敷居が高いかもしれません。しかし、それを差し引いてでも、見やすいチャートや大口注文の約定スピード、安定したシステムは、トレードのストレスから解放してくれます。

このことは、大きく稼いでいるFX専業トレーダーがこぞってGMOクリック証券を使っている実績が何よりの証拠です。ぜひ、億トレーダーと同じ取引環境を手に入れて下さい。

なお、『GMOクリック証券の特徴・口コミ・評判をユーザー目線で徹底紹介!』では、もっと基本的な情報や、アンケートに基づいた評判・口コミが書かれています。併せてお読み下さい。

投資の教科書では、GMOクリック証券のマーケティング室長のインタビュー取材を行いました。「はっちゅう君」の開発秘話・システムに絶対的な自信がある根拠・口座開設した人が実際に取引する(稼働率が高い)理由などを語っていただきました。ぜひ、一読して下さい。
≫ GMOクリック証券を独占取材!~全てはお客様に良いサービスを提供するために~
 

利益を最大化するために
ぶせな氏をはじめとした億トレーダーが
使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の10社から選ぶ場合は、『【2019年上期】FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き』をご活用ください。

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5千万円の利益を稼いだトレード手法の全て

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、本格的にFXを始めて8年間で1億5,000万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。そのことは、年ベース負けなしで安定した利益を得ていることからも、確かな事実です。


その結果、平均163%の年間利回りを記録し、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・エンベロープや移動平均線のチャートの具体的な設定方法
・現在の利益の約3割を生み出しているデイトレードについて
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券

メニュー

TOPに戻る