FXの手数料について学ぶ|実質コストはスプレッド分

FXの手数料は、株式の売買を行う証券会社のように取引金額◯◯万円まではいくら、のような形では決まっていません。

この記事を読むことで、これからFXを始めようと思っている方は、FX取引にはコストがほとんどかからないことがおわかりいただけます。また、すでにFXトレードをしている方は、現在使っているFX会社を再考するきっかけにもなります。

ぜひ、最後までお読み下さい。

執筆者
近藤章仁

近藤章仁

証券会社で株式ディーラーを7年間経験。現在は、「投資の教科書」の運営を担当し、FXと株の中長期投資を行う兼業トレーダー。「モノクロ ザ マネーvol.3」にも登場。現場で得た経験から、皆様に役に立つノウハウをお伝えします。ファイナンシャルプランナーと証券外務員資格一種保有。

1.FXの手数料について

まず最初にお伝えしたいことは、基本的に、FXには売買手数料というものはありません。中には、取引の条件に応じて、例えば1,000通貨の売買の場合は30~100円の手数料を取る会社もありますが、ごく少数です。

では、FX会社はどこで利益を得ているのでしょうか?

そこで重要になってくるのが、「スプレッド」というものです。このスプレッドを理解することで、FXの注文の仕方や、口座を選ぶ際のポイントもわかってきます。順番に説明していきます。

2.FXの実質的なコストはスプレッド分

2.1.スプレッドとは

スプレッドとは、簡単にいうと「買値と売値の差」のことです。次の画像は、ヒロセ通商の注文画面です。

ヒロセ注文画面

この場合、右側のレート112.219円で買ってすぐに同じ価格で売ろうとしても売れません。売れるのは、左側のレート112.216円になります。

つまり、買った瞬間に0.3銭(0.003円)の含み損が発生することになります。0.3銭値上がりして初めて損益がゼロになり、利益を出すためには、0.3銭を超える値上がりが必要になります。

実は、この0.3銭がFX会社の利益となります。つまり、トレーダーが最初から負担するコストがFX会社の取り分になります。

FX会社は、112.219円で買い注文を受け付け、それより安い112.216円で売り注文を受け付けているので、112.219円-112.216円=0.3銭(0.003円)が儲けとなります(スプレッドの参考記事「FXのスプレッドとは|無駄な手数料を減らすための必須知識」をお読み下さい)。

たったこれだけの手数料でFX会社の経営は成り立つのだろうか?と疑問に思う方もいるかもしれません。

しかし、為替市場は規模が非常に大きく、日本の年間国家予算100兆円の5倍の500兆円が1日で取引されているということから、薄利多売のビジネスで成り立っているのです。

2.2.手数料の計算式

トレーダーの立場からすると、FXにかかるコストは、「売買手数料+スプレッド」ということになります。しかし、既にお伝えしたように、売買手数料を徴収しているFX会社はほとんどなく、無視して構わないので、実質的にはスプレッド分がコストになります。

つまり、このスプレッドをなるべく少なくすることが、FXトレードで利益を残すコツの1つになります。 

ちなみに、米ドル/円のスプレッドが0.3銭のFX会社で10,000通貨を取引すると、スプレッド分「0.3銭×10,000通貨=3,000銭=30円」がFX会社に支払うコストになります。

2.3.スプレッド比較表

このスプレッドは、FX会社によって異なります。

単純にスプレッドが狭い会社がベストということはなく、スリッページ」や「約定力(注文が通りやすいか)」、「システムの安定性」などの項目で総合的に判断して、複数のFX会社を状況に応じて使い分けているトレーダーが多いです。

では、FX会社によって、どれくらいスプレッドは異なるのかを比較してみましょう。次の表は、2018年12月時点の、主なFX会社のスプレッド比較表(全て原則固定)です。

  米ドル/
ユーロ/
ポンド/
豪ドル/
GMOクリック証券 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
ヒロセ通商 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
JFX 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7銭
SBI FXトレード 0.27銭 0.39銭 0.89銭 0.59銭
トレイダーズ証券 0.3銭 0.4銭 0.9銭 0.6銭
外為どっとコム 0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.7

ご覧のように、米ドル/円のスプレッドが狭ければ、他の通貨もそれに比例して狭い傾向にあります。

実際のところ、スプレッドは、中長期で売買するトレーダーにとってはあまり気にする必要がないコストかもしれません。しかし、スキャルピングといって、1日に何十回、何百回も取引するトレーダーにとっては、スプレッドが0.1銭でも狭いFX会社を選んでコストを最小にすることが利益の最大化につながります。

そのため、売買ルール作りも大切ですが、FXの口座選びも少しずつ意識していくようにしましょう。

まとめ

FXの手数料は、実質スプレッド分だけということがおわかりいただけたと思います。そのスプレッドも、外貨預金と比べても非常に安く、FX取引には多くのメリットがあります(参考:「外貨預金とFXを比較するならどちらが良いか?」)。

この投資の教科書でFXの記事を数多く執筆しているぶせな氏は、相場の局面に応じて、複数のFX会社の口座を上手く使い分けています(参考:「FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい4社の徹底比較」)。

各FX会社の特徴をつかみ、自分の手法に合った口座で取引をして、FXトレードで成功するための道を切り開いて下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の10社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!FX口座10社の長所・短所を徹底比較!』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る