外為どっとコムのスマホアプリ「外貨ネクストネオ」の使い方と特徴を徹底解説

圧倒的な情報量と独自の投資記事に定評のある外為どっとコム。

米ドルやユーロのようなメジャー通貨だけでなく、新興国のマイナー通貨の情報まで幅広く取り入れているため、世界の情報をいち早く取り入れるには是非利用したいFX会社です。

当ページでは、外為どっとコムが提供しているスマホ取引ツール「外貨ネクストネオ」の特徴や使い方を解説!

これから外為どっとコムを利用してFXを始められる方は是非参考にしてください。

1.アプリを利用する前に必要な準備

外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」を利用する前には、はじめに口座開設する必要があります。

1.1.まずは口座開設をしよう

口座開設が無事完了したら、2~3営業日で下記のような書留が本人宛に届きます。

こちらの封筒の中には、ログインするためのIDやパスワード、パソコンやスマホのツールを使っての取引手順などが記載されています。

ログインとパスワードはスマホアプリ、WEBブラウザのマイページなど全てに必要となりますので、無くさないように保管しましょう。

1.2.外貨ネクストネオのスマホアプリをダウンロードしよう

ログインIDとパスワードが届きましたら、まずはスマホアプリをダウンロードを行いましょう。

アプリは、同封されているスタートガイドのQRコードを読み取るか、AppStoreまたはGooglePlayにて「外貨ネクストネオ」と検索してください。

※なお、当ページでiPhone版を使用しての紹介となりますが、Android版も手順は同じになります。

こちらで外貨ネクストネオが見つかりましたでしょうか?

上図の赤枠で示したものを選択してください。

尚、外為どっとコムのアプリには2種類あり、リアルトレード用(白いアイコンのもの)と、デモトレード用(タイトルにバーチャルと記載されているもの)の2種類が用意されているので、間違えないようにダウンロードをしてください。

1.3.アプリを起動してログインする

アプリのダウンロードが完了しましたら、一度起動してみましょう。

下記のようなログイン画面が出てきます。

上記のように、入力欄に同封されていたログインIDとパスワードを入力して、ログインボタンを押します。

ログインが完了したら、初回のみ下記のような注意事項や約款への画面に移ります。

こちらを一度軽く目を通していただき、ご理解できましたら「同意する」をタップしてください。

最後に「閉じる」をタップしていただきますとアプリに戻ります。こちらで外貨ネクストネオのアプリを使用する準備ができました。

外貨ネクスト 同意画面

1.4.マイナンバーの登録

実は、現在の状態ではまだ取引を行うことができません。

取引を行うためには、

  • マイナンバーを登録
  • FX口座に入金

を行う必要があります。

また、外為どっとコムでは、口座開設後にマイナンバーを登録をすると1,000円のキャッシュバックされます。

さらに、FX(外貨ネクストネオ)口座に10,000円を入金すると合計1,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンが開催されています!

手軽でお得なキャンペーンですので、是非ゲットしてください(※キャンペーン対象期間は口座開設から翌々月までになります)。

初めにマイナンバーを登録するためにメニュー画面から「マイページ」を選択してください。

一旦アプリが終了し、ブラウザが起動します。

起動した画面から下図のようにご自身のマイナンバーを登録しましょう。

マイナンバー登録画面

マイナンバーを入力後、「確認」をタップします。すると、下図のように「申請書を送信する」が現れます。

「申立書を送信する」をタップすると、マイナンバー登録が完了となり、取引ができるようになります。

なお、マイナンバー登録は即時反映ではないため、実際に取引ができるまでは1時間程度かかりますので、ご注意ください。

1.5.FX口座に入金しよう

現在では、まだ資金を入金していないので、取引できません。

取引するために入金を行いましょう。

なお、アプリ経由で入金できる方法はクイック入金のみとなっており、外貨ネクストネオのクイック入金に対応している銀行は下記のみですので、ご注意ください。

みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ジャパンネット銀行・セブン銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行・ゆうちょ銀行・じぶん銀行・スルガ銀行

また、上記銀行口座をお持ちでもインターネットバンキングの契約がないとクイック入金が行えませんのでご注意ください。

上記以外での銀行から口座に入金する場合、銀行振込での対応となります(手数料はユーザー負担)。

入金を行うには、メニュー画面の「入出金」をタップしてください。

こちらで再度アプリが一旦終了し、ブラウザが起動します。

下記のような画面になりましたら、クイック入金の画面になりますので、「クイック入金」⇒入金額を入力⇒「外貨ネクストネオ(FX)」を選択してください。

金融機関を選択し、「確認」をタップすると選択した金融機関のインターネットバンキングページに移りますので、各お手続きを終えましょう。

なお、クイック入金は1,000円から1円単位で行うことが可能ですが、この段階で10,000円以上の金額を入金しましたら、キャンペーンで後日1,000円がキャッシュバックがされますので、できれば10,000円以上の入金を行いましょう。

クイック入金の場合、銀行側のメンテナンスではない限り即時反映となります。

完了しましたら、メニューの「照会/決済」から「口座照会」をタップし、反映されているか確認しましょう。

反映されていましたら取引の準備が完了となります。

2.実際に取引を行ってみよう

入金とマイナンバー登録が完了しました。

次からは実際に取引を行ってみたいと思います。

外貨ネクストネオでは、

  • スピード注文
  • 成行注文
  • 指値(逆指値)注文
  • IFD/IFO注文
  • OCO注文

の5種類で注文が可能です。

今回はよく使うであろうスピード注文と成行注文について説明したいと思います。

2.1.スピード注文

スピード注文はワンタップで現在のレートで注文できる早さ重視の注文方法になります。

現在の相場を逃がさないというところが一番のメリットですが、誤発注の確率もグンッとあがるので気をつけて使用してください。

今回はチャートから注文を呼び起こす方法を解説します。

メニューの「チャート」をタップしてください。

チャート画面の左上にある「注文」ボタンをタップすると、下記のような画面に移ります。

「スピード注文」をタップして注文画面を呼び起こしましょう。

下記のような画面がスピート注文の画面です。

こちらで「BID」または「ASK」をタップすると現在のレートで約定するのですが、上記のような縦画面ではタップした瞬間に現在のポジションを確認することはできません。(通常画面またはポジション画面で確認する必要があります)

「少し使いづらいな」と思われた方は是非縦画面にしてみましょう!

縦画面にすると、タップした瞬間に現在のポジションが反映され、急な相場変動でも含み損益が確認することができます。

チャートも広く見れるので、スピード注文を行う場合は縦画面で使用することがおすすめです。

【ここに注意!】

アプリ終了後、再度ログインを行った場合、スマホ機種によっては「スピード注文」画面から立ち上がることがあります。

その際に誤ってタップしてしまうと思わぬ注文が通ってしまう可能性もありますので、くれぐれもご注意ください!

2.2.成行注文

成行注文も現在の相場のレートで注文を出す方法ですが、スピード注文と違って1つの注文に対して細かく設定を行いますので、誤発注のリスクは軽減されます。

しかし急な相場変動などがあった場合、思ったよりも高く買ってしまった、または安く売ってしまったということにもなりかねませんので、相場がゆるやかなときに使ってもらうことが望ましいかと思います。

では、スピード注文と同じようにチャートから注文を呼び起こしてみましょう。

注文ボタンをタップし、「新規注文」を選択してください。

注文したい通貨ペア・Lot数(1Lot=1,000通貨)・スリッページを設定し、「確認」をタップしましょう。

各設定が完了しましたら次のページで「BID(売)」または「ASK(買)」をタップすると注文が確定します。

発注が完了しましたら、一度ポジションを確認してみましょう。

レートをタップ後、下記のような画面に移りますので、「ポジション照会/決済注文」をタップしてください。

ポジション照会で先ほど約定した内容が確認できます。なお、この画面は即時反映ではないため最新の損益を確認するにはリロードする必要がありますのでご注意ください。

2.3.ポジションを決済する

では、前項のスピード注文・成行注文のポジションを決済しましょう。

2.3.1.スピード注文の場合

スピード注文で現在のポジションをすぐに決済する場合は、先ほどと同じようにスピード注文画面から入ります。

右下部の「一括決済」をスライドさせロックを解除し、売りまたは買いのポジションを一括決済することができます。

上記は「売」で入ったポジションになります。ですので、一括決済は「一括売決済」をタップすると決済完了となります。

2.3.2.成行注文の場合

現在のポジションを確認して、「もう決済してもいいかな」と思ったら、ポジション詳細から右上の「決済」ボタンをタップしましょう。

決済注文画面で、希望数量(画面では1Lotのみしかポジションを持っていませんが、Lot数が多ければ一部のみ決済することも可能です)を入力し、「確認」ボタンをタップしましょう。

こちらで決済が終了です。最終的な損益はメニューの「履歴」から確認することができます。

3.外貨ネクストネオの特徴

3.1.デモトレードで練習ができる

「いきなり自己資金を投入するのは怖いな・・・」という方はデモトレードがおすすめです。

デモトレードは、リアルトレードの取引アプリと使い勝手に大差ありません。そして、架空資金として500万円が用意されていますので、自分に合った手法を探すことができます。

では、デモトレードはを始めるにはどのような手続きが必要なのでしょうか。

デモトレードは、初回のみメールアドレスの登録が必要です。

メールアドレスとニックネーム、パスワードを登録しましたら、登録アドレスに「外為どっとコム バーチャルアプリ」用のログインIDが届きます。

スマホでのアプリ検索は、「外貨ネクストネオ」と入力して、オレンジ色のアイコンを選択してください。

3.2.取引量が増えたら情報量が更に増加!

情報量が多いことで定評のある外為どっとコムですが、取引量が多くなると見れる情報が更に増加します!

初回段階ではブロンズ(口座開設後35日間は新規特典)ですが、シルバー・ゴールド・ダイヤモンドという順番にランクアップします。

ランクアップを行うと、閲覧できる情報が増えたり、表示レートが高速化されたりといった特典が受けることができます。

是非ダイヤモンドランクを目指して取引を行ってみてはいかがでしょうか?

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX口座13社のランキングを徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

執筆者
投資の教科書事務局

投資の教科書事務局

投資の教科書事務局では、実際に成果をあげている全国のトレーダーに取材をし、裏付けが取れた情報を基に記事を作成しています。この方針を貫き、個人投資家に本当に役に立つ知識やノウハウをお届けします。

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る