FXプライムby GMOの使用レビュー|他社にはない実戦的なツールに特徴あり

投資の教科書事務局です。

今回ご紹介するFXプライムby GMOは、国内のFX会社の中では規模は小さいほうですが、ユニークでありながら実戦的なツールと、初心者にもわかりやすい情報を提供しています。

同じGMOグループ内のGMOクリック証券と比較されがちですが、FXを始めて最初に作る口座として、FXプライムby GMOを選ぶ方も多いようです。

ぜひ、一読して下さい。

執筆者
投資の教科書事務局

投資の教科書事務局

投資の教科書事務局では、実際に成果をあげている全国のトレーダーに取材をし、裏付けが取れた情報を基に記事を作成しています。この方針を貫き、個人投資家に本当に役に立つ知識やノウハウをお届けします。

1.FXプライムby GMOとは

FXプライムby GMOは、東証1部上場のGMOインターネット(9449)のグループ会社で、JASDAQ上場の金融持株会社であるGMOフィナンシャルホールディングス株式会社(7177)の傘下にあります。口座数は約18万口座(2018年9月時点)あり、国内のFX会社の中では中堅に位置します。

ちなみに、同じ傘下にはGMOクリック証券があります。GMOクリック証券は、どちらかというと上級者向けですが、FXプライムby GMOは、初心者にも利用しやすいツールと情報を提供しているのが特徴です。

まずは、同じGMOグループ内のGMOクリック証券と比較した、基本スペック表をご覧下さい(2018年11月時点)。なお、スプレッドは全て原則固定で、スワップポイントは1万通貨を1日保有していた時のものです(※マイナスは、支払い)。

  GMOクリック証券(FXネオ) FXプライムby GMO(選べる外貨)
口座数 約56万 約18万
最小取引単位 10,000 1,000
通貨ペア数 19通貨 20通貨
米ドル/円 スプレッド 0.3銭 0.6銭
スワップ(買い) 71円 70円
豪ドル/円 スプレッド 0.7銭 1.3銭
スワップ(買い) 36円 25円
ユーロ/円 スプレッド 0.5銭 0.9銭
スワップ(買い) -7円 -18円
英ポンド/円 スプレッド 1.0銭 1.8銭
スワップ(買い) 37円 30円
ユーロ/米ドル スプレッド 0.4pips 0.6pips
スワップ(買い) -86円 -84円
デモ口座  あり あり
バイナリーオプション  なし なし
Mac対応 あり(ブラウザ型のみ) あり
24時間サポート あり(月曜朝7時~土曜朝7時) なし(平日朝9時~夕方5時)
クイック入金対応銀行数  11 10

ご覧のように、FXプライムby GMOは、GMOクリック証券よりスプレッドスワップポイントも不利になります。しかし、最低取引単位が1,000通貨であることから、初心者が慣れるために、最初に開設する口座に適しています。また、

  1. 選べる外貨
  2. 選べる外為オプション(バイナリーオプション)
  3. ちょいトレFX(システムトレード)

という3つのFXサービスを提供しており、顧客の幅広いニーズに応えています。なお、この記事では、通常のFX取引である「選べる外貨」のサービスについてご紹介します。

2.FXプライムby GMOのメリット

2.1.エントリーの根拠を増やしてくれる「ぱっと見テクニカル」がすごい

「ぱっと見テクニカル」というツールは、過去のチャートの中から現在のチャートに形状が似ている時期を瞬時に探し出して、将来の値動きを予測してくれる機能です。それを、「一致率◯◯%」という形で表示してくれます。

●ぱっと見テクニカルの画面

WS000001

正直、これだけを参考にしてその方向にエントリーするのは、トレーダーの思考を停止させてしまうのでおすすめしません。しかし、自分の売買手法を確立しているならともかく、初心者でまだ色々な手法を試している段階の方には、この「ぱっと見てテクニカル」は便利だと思います。

自分が予測した方向と、このツールが示した方向が一致していれば、自信を持ってエントリーできますよね。

FXには、テクニカル分析が欠かせません。マーケットは需給で動くので、機関投資家も含めた多くのトレーダーが、過去のチャートを分析して同じ行動を取れば、実際に過去と同じようなチャートを描きやすくなります。それを一瞬で抽出してくれる「ぱっと見テクニカル」は、とても優れたツールといえるでしょう。

2.2.急激な相場の変動を教えてくれるスマホツール「外為ウォッチ」が便利

「外為ウォッチ」は、ある価格になったらアラームでスマホなどに通知してくれるサービスです。

他社でも似たようなサービスはありますが、「外為ウォッチ」には「ボラティリティ通知」という機能があり、例えば「3分間で10pips上下どちらかに変動したら知らせる」という具合いに、通貨毎に設定できるのが大きな違いです。

●スマホアプリの「外為ウォッチ」の設定画面

ボラティリティ通知

一般的な価格通知アラームは、いくら以上またはいくら以下と、その都度価格を設定する必要があります。しかし、「ボラティリティ通知」は、相場が急激に動いた時の変化を通知する機能なので、一度設定すれば、条件に達すると継続して知らせてくれるので、手間がかかりません。

相場に大きな変動があった時は、逆張りにせよ順張りにせよ、トレードチャンスになります。特に、スキャルピングの場合は、短時間で急激に動いた場合は、一時的に戻す特徴がありますので、絶好のトレードポイントになります。

ちなみに、「外為ウォッチ」はスマホのツールになるので、外出先でアラームに気付いたら取引ツールでチャートを確認して売買の判断ができます。

これは他社にはないツールなので、「ボラティリティ通知」を使うためだけでもFXプライムby GMOに口座を開設する価値はあると思っています。

2.3.動画で毎日の相場のポイントがわかる

相場解説を毎日メールで配信するサービスは、多くのFX会社で行っています。しかし、FXプライムby  GMOは、初心者にもわかりやすいように動画で配信しているのが特徴です。

特におすすめなのが、1日1回の「FXモーニングコール」と「プライム・ストラテジー」の動画コンテンツです。為替のプロが、昨日の振り返りと今日のポイントを丁寧に解説しており、目と耳から情報が入ってくるので、記憶にも残りやすいです。

これを含めて、動画やレポート、ニュースなど約20のコンテンツを用意しているので、自分のレベルに合わせて必要な情報を入手できます。

2.4.安定したサーバーが心強い

親会社がGMOインターネットというシステム系の会社ということもあり、システムの信頼性と安定性に定評があります。その証拠に、現在まで9年間サーバーが落ちたことがないというので、驚きです。FX会社を選ぶ上で、システムの安定性を重視する方にとっては、これは大きなメリットになります。

3.FXプライムby GMOのデメリット

これだけ多くの便利なツールを備えておきながら、スプレッドを含めたコストが全体的に高いのが惜しいです。具体的には、米ドル/円のスプレッドが0.3銭のFX会社がほとんどの中、FXプライムby GMOは0.6銭(原則固定 ※例外あり)となっています。

概ね、その他の通貨のスプレッドも広い傾向にあります。さらに、1万通貨未満の取引には取引手数料が30円かかるので、スプレッドと手数料分以上の値幅を取らないと、利益になりません。

まとめ

FXプライムby GMOは、初心者にもわかりやすいツールと情報に特徴があります。しかし、1円でもコストを削減して取引をしたい方にとっては、メイン口座というより、コンテンツ活用のためのサブ口座として持っておくことをおすすめします。

特に、スマホアプリ「外為ウォッチ」の「ボラティリティ通知」は他社にはない便利なツールなので、これを使うために口座を開設してもいいくらいです。

FX取引をする上で、全ての好条件を満たしたFX会社は存在しません。そのため、口座ごとの特徴を把握し、自分の取引スタイルに合っていそうな口座を複数開設して、使用感を確かめることから始めましょう(参考:「FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き」)。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX口座13社のランキングを徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る