マネーパートナーズの使用レビュー|9年連続で約定力No.1の実力

投資の教科書事務局です。

今回ご紹介するマネーパートナーズは、2018年にオリコン顧客満足度調査FX取引総合第1位を獲得したFX会社です。FX会社を選ぶ上で重要な項目のバランスが良く、メイン口座としてもおすすめできる口座です。

口座を選ぶ際の重要な項目とは、システムの安定性・約定力・コスト・取引ツール・情報量などのことです。マネーパートナーズは、そのほとんどで優秀です。

この記事で具体的に説明していきますので、ぜひ、参考にして下さい。

執筆者
投資の教科書事務局

投資の教科書事務局

投資の教科書事務局では、実際に成果をあげている全国のトレーダーに取材をし、裏付けが取れた情報を基に記事を作成しています。この方針を貫き、個人投資家に本当に役に立つ知識やノウハウをお届けします。

1.マネーパートナーズとは

マネーパートナーズの口座数は約32万口座あり、国内のFX会社としては大手にあたります。人気アイドルグループの欅坂46をイメージキャラクターに使っており、最近、若い人を顧客を取り込んでいます。

2007年に大証ヘラクレス(当時)に上場し、現在は東証1部に昇格しており、信頼性は抜群です(銘柄コード:8732)。

まずは、上場しているFX会社の3社の基本スペック表(2018年10月時点)をご覧下さい。なお、スプレッドは、全て原則固定です。

  マネーパートナーズ ヒロセ通商 トレイダーズ証券
口座数 約32,000 約23,000 非公表
最小取引単位 100
※nanoコース
1,000 1,000
通貨ペア数 20通貨 50通貨 20通貨
米ドル/円 スプレッド 0.3銭 0.3銭 0.3銭
スワップ(買い) 50円 40円 64円
豪ドル/円 スプレッド 0.9銭 0.7銭 0.6銭
スワップ(買い) 30円 50円 30円
ユーロ/円 スプレッド 0.7銭 0.5銭 0.4銭
スワップ(買い) -12円 -30円 -25円
英ポンド/円 スプレッド 1.2銭 1.0銭 0.9銭
スワップ(買い) 20円 30歳円 10円
ユーロ/米ドル スプレッド 0.8pips 0.4pips 0.3pips
スワップ(買い) -0.89ドル -0.11ポイント -0.9ドル
デモ口座 なし あり なし
バイナリーオプション なし なし なし
MAC対応 あり あり あり
24時間サポート なし
(月曜:朝7時~23時)
(火曜~金曜:
朝7時30分~23時)
あり
(月曜朝6時~土曜朝5時)

あり
(月曜朝7時~
土曜朝5時50分)

FXで利益をあげるには、スプレッドなどのコストを最小にする必要があります(参考:「FXのスプレッドとは|無駄な手数料を減らすための必須知識」)。マネーパートナーズは、業界最低水準のスプレッドを提供しており、勝つための環境が整っています。

また、電話対応は24時間ではありませんが、夕方でサポートセンターが終了するところが多い中、平日は23時まで受け付けているのは有難いです。

2.マネーパートナーズのメリット

2.1.専門調査機関が認めた約定力の高さ

矢野経済研究所という、様々なデータを測定している機関が実施している「FXサービスパフォーマンステスト」において、マネーパートナーズは9年連続で約定力No.1の評価を獲得しました。ちなみに、約定力とは、「意図する価格とタイミングで取引できる力」のことをいいます。

この調査結果から、「約定率100%に加えてスリッページしない」という、トレーダーにとって非常に取引をしやすい環境を提供していることが実証されました。これは、注文したい時にスムーズに希望の価格で約定でき、ストレスにならないことを意味します。

希望の価格で売買できるのは当たり前と思わるかもしれませんが、FXの世界では、局面によっては約定が拒否されてしまうこともあるので、約定力の良さは、FX口座を選ぶ判断基準の一つとして重要です。

2.2.初心者にもやさしい100通貨から取引可能

最低取引通貨単位は、10,000通貨や1,000通貨のFX会社が多い中、マネーパートナーズは、「nanoコース」を選択すれば、100通貨から取引可能です。ドル/円だとしたら、証拠金で400~500円あれば取引を開始できます。

100通貨の売買を繰り返しても大きな利益は期待できませんが、初心者が少額からFXトレードを始めるには最適です。最初は100通貨から始めて、徐々に通貨量を増やして慣れていきましょう。

2.3.高性能でプロ仕様のトレードツールが評判

トレードツールの「Hyper Speed」は、相場が急変した時でもサクサク動くと評判です(詳しい機能の特徴はこちらのページをご覧下さい)。

また、ワンランク上の「Hyper Speed NEXT」には自動売買機能が付いており、自分で戦略を考えてストラテジーを構築することもできます。まさに、プロのトレーダーに匹敵する次世代ツールです。

2.4.「トレポ」で自分のトレードを振り返る

トレードを上達させるには、エントリーの根拠や気付いた事をノートに記入して振り返りを行い、今後のトレードに活かすことが大切です。

しかし、取引回数が多くなると、次第に記録することが面倒になってしまうこともあると思います。

そこで、マネーパートナーズには、自分の取引データを数値化してレポート形式に瞬時にまとめてくれる「トレポ(トレードレポート)」という便利な機能があります。

これは、通常の約定データに加えて、勝率や保有時間などを客観的に分析してくれる上、アドバイスまでしてくれる優れものです。いわば、トレードの通信簿です。

初心者がトレードの後に、自力でここまでの検証作業をするのは困難だと思います。そのため、このような便利な機能を活用すると、トレードスキルを向上させる近道になります。ぜひ、お試し下さい。

●トレポ(トレードレポート)のサンプル

 トレポ

3.マネーパートナーズのデメリット

色々調査しましたが、正直な話、マネーパートナーズで取引をしない決定的な理由は見当たりません。強いて言うなら、取扱通貨数が20と他社と比較して少ない点や、スワップポイントが若干安い点です。

しかし、値上がりや値下がりのキャピタルゲインを狙った取引をするのであれば、主要通貨は扱っている上、スワップポイントの高い低いもあまり問題になることはありません。

まとめ

結論ですが、マネーパートナーズは、どの項目を取っても期待を裏切らない非常に優れたFX口座です。これは、主観ではなく、冒頭でもお伝えした、約2,000人のFXトレーダーのアンケート結果に裏付けられた、2018年オリコン顧客満足度調査FX取引総合第1位の実績が証明しています。

初心者から上級者まで幅広く取引できる口座なので、FXで利益を得るための「パートナー」としてお使いいただければと思います。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX口座13社のランキングを徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る