日経225先物の基礎をわかりやすく解説

「日経平均株価」とは、日本を代表する株価指数です。この指数は、225銘柄の株価を調整して平均化することで算出されます。

そのため、日経平均株価は、日本の経済や株式市場全体の景気が分かる指標の1つとして、テレビのニュースなどで経済情報を伝える際には、よく「日経平均株価が…」と引き合いに出されます。

こんな日経平均株価の売買にトライしてみたいと思いませんか?

日経平均株価の売買は、「日経225先物」という大阪取引所に上場している金融商品で行うことができます。

ここでは、先物取引に興味はあるけれども、実際の取引には二の足を踏んでいるという人のために、先物取引の仕組みやメリット、デメリット等を分かりやすくまとめました。

この記事を読むことによって、「難しさ」や「リスクの大きさ」ばかりが強調されがちな先物取引に少しでも馴染んでいただけると思います。一旦分かってしまえば、それほど難しいこともなく、その大きなメリットに目を開かれる思いがすることでしょう。

ただし、現物株取引とは違う仕組みがあるので、最後までじっくりと読んで、このページで日経225先物投資について学んでいきましょう。

1.日経225先物とは

日経225先物は、現物株よりもはるかに多様性があり、可能性に富んだ魅力的な商品です。第一に、日経平均株価との関係性や信用取引との類似性について見ていきましょう。

1.1.日経平均と日経225先物の違い

日経225先物は日経平均先物とも呼ばれ、日経平均株価を基にした株価指数先物の一種です。

日経225先物取引とは、英語で「NIKKEI 225 Futures」と呼ばれ、「未来のある決まった期日に日経平均株価がいくらになっているのかを予測する取引」です。そして、取引は、現在の時点で取り決めた価格で行われます。

このような日経225先物の性質から、その価格は多くの投資家が将来の日経平均株価に対して、

  • 強気の場合には、現在の日経平均株価よりも高い価格
  • 弱気の場合には、現在の日経平均株価よりも安い価格

売買されます。

例えば、ある日の日経平均株価が20,000円とします。

・市場全体が強気なら、その後の日経225先物の価格は20,100円や20,200円になります。

しかし、逆に、

・市場全体が弱気なら、その後19,900円や19,800円に価格が変動します。

このように、日経225先物の価格と日経平均株価とは全く同じではなく、多少の違いがあります。実際の市場では、両方の株価のズレを利用した取引を行う投資家がいるため、この2つの価格に大きな違いは生じません。

両方の株価のズレを利用した取引のことを「裁定取引」と言います。

日経225先物には、

  • 大きな単位で取引をする日経225先物(以下ラージ)と
  • ラージの十分の一の単位での取引ができる日経225mini(以下ミニ

の2種類があります。

ラージとミニはほとんど同じ価格で売買されます。

1.2.日経225先物取引と信用取引の仕組みは似ている

日経225先物取引には個別株取引とは違う点があると言いましたが、そのしくみは、個別株取引で使われている「信用取引」と似ています。そこで、ちょっと横道にそれて、信用取引について知識をつけておきましょう。

信用取引とは、現金や証券を担保に証券会社からお金を借りて、個別株式の売買を行う取引手段です。担保の評価額(現金の場合は100%)の約3.3倍までの売買ができます。

信用取引は、お金を借りて取引をするわけですから、いつかはお金を返さなくてはなりません。このお金の返済期日のことを決済期日(けっさいきじつ)と言います。また、現物株取引ではできない、売りから取引を始めることができます。

2.日経225先物取引の6つの特徴

日経225先物には、大きく分けて6つの特徴があります。この章では、その特徴の一つ一つを知って新しい世界に飛び込む準備ができます。準備ができていれば、初歩的な知識が揃っているので、酷い結果になりにくくなります。

もちろん、初歩を勉強してからも実戦経験は大切です。ただ、これを知るのと知らないのとでは大きく結果が変わってくるため、新鮮な気持ちで覚えていきましょう!

2.1.取引単位

日経225先物取引(ラージ)の最少取引単位は、日経平均株価の1000倍となります。つまり、日経平均株価が20,000円の場合には、20,000,000円が1単位(=1枚)になります。

・売買注文は10円刻みの値段で行われます。

・ミニの最少取引単位は日経平均株価の100倍です。つまり、日経平均株価が20,000円の場合には、2.000,000円が1枚となります。

・売買注文は5円刻みの値段で行われます。

2.2.証拠金取引

先物取引には証拠金というものがあります。これは信用の裏付けのようなもので、この知識が抜け落ちていると大変な失敗を犯してしまう可能性もありますので、じっくり学んでいってくださいね。

2.2.1証拠金取引の仕組み

先物取引は、日経225先物指数という「数値」を売買するため、現物株取引のように売買の度に、現物(代金もしくは株式)の受け渡しをすることができません。

そのため、先物取引では決済時(買った場合には売り決済時、売っていれば買い決済時)に損益の受け渡しのみが行われます。あるいは決済期日(2.4の項参照)まで保有すると、清算価格(SQ値、2.4の項参照)と取引時の価格との差額の受け払いのみが行われます。

この仕組みを、差金決済(さきんけっさい)と言い、信用取引の際にも使われる方法です。

日経225先物取引での差金決済の場合、売買を行う際に受け渡し金額の全額を用意する必要はありませんが、その後の損失に備えて、一定の金額を証券会社に預けておくことが義務付けられています。

この預けるお金のことを証拠金(しょうこきん:委託証拠金)と言い、証拠金を使った取引のことを「証拠金取引」と言います。

言い換えると、口座にある資金を取引のたびに動かす必要が無く、損益の分だけが口座に加算されたり、引かれたりするというやりかたです。

以下の図1に、証拠金取引の流れについて図解してあるので、参考にしてください。

図1

出所:証拠金取引の流れ(大和証券)

例えば、あなたの証券会社の口座残高が100万円だったとします。現物株取引で100万円分の株式を買った場合、口座から100万円が引かれて残高が0になります。その後、運良くこの株式が110万円で売れたとすると、口座に110万円が入金されて口座残高が10万円増え、110万円になります。

一方、差金決済では、100万円の証拠金ので先物を買っても口座からは引かれず、口座残高は100万円のままです。その後、買いと売りの差額である10万円が入金されて口座残高が10万円増え、110万円になります。

図2に、差金決済について図解してあるので、参考にしてください。

図2

出所:証拠金取引とは(マネックス証券)

2.2.2.証拠金取引の実際

では、実際に取引を始めるに当たって、証拠金はいくら必要なのでしょうか?それには、もう少し細かいことを勉強する必要があります。

「2.1.取引単位は」の項で学んだように、先物取引の最低単位はラージでもミニでも1枚です。そのため、先物1枚を売買するのに必要な分の証拠金が必要となります。

先物1枚を売買するのに必要な分の証拠金のことを必要最低証拠金と言います。

必要最低証拠金の額は、日本証券クリアリング機構から公表される「SPAN(スパン)証拠金」を基に、それぞれの証券会社ごとに決められます。

相場が大きく変動している時には、口座に入っている必要最低証拠金では足りなくなることがあります。この場合には、追証(おいしょう)と言って、追加の証拠金を求められることがあります。

2.3.レバレッジ取引

手持ち資金の何倍まで取引ができるかということを「レバレッジ」と言い、レバレッジが大きいほど、手持ち資金を基にした取引額が大きくなります。

日経225先物以外では、FXや信用取引がレバレッジを持つ金融商品として有名です。信用取引のレバレッジは、約3.3倍となっています。これに対して、日経225先物取引ではレバレッジはどれくらいになるのでしょうか?

ここでは、ミニ取引を例に解説します。ミニの時価が20,000円としましょう。
その場合、市場での取引価格は、ミニ1枚で

20,000 x 100 = 2,000,000円

となります。

ということは、2,000,000円を証拠金として用意しなくてはいけないのでしょうか?

そんなことはありません。この時の必要最低証拠金の額だけ口座に用意してあれば、この取引ができます。ミニの必要最低証拠金が100,000円であれば、その金額以上あれば大丈夫です。

ミニ1枚の証拠金の金額が100,000円の場合、100,000円で2,000,000円分の取引ができるわけですから、

2,000,000 ÷ 100,000 = 20

となって、レバレッジは20倍になります。

ボラティリティーが高い時には証拠金の金額が高いためにレバレッジが小さくなり、ボラティリティーが低い時には相場の安定期にはレバレッジは大きくなります。

図3に差金決済について図解してあるので、参考にしてください。

図3

出所:信用取引の魅力(SBI証券)

証拠金の20倍の取引ができるということです。信用取引の約3倍と比べてもかなりの大きさになります。

※これを、投資効率が良いと思うか、リスキーだと感じるかはそれぞれの人によりますが、大きく儲けられる可能性を秘めているということは、逆に、大きな損失を被る可能性も秘めていることを肝に銘じてください。

2.4.決済期日

現物株を買った場合に、いついつまでに売らなければいけないという決まった日付(決済期日)はありませんが、日経225先物には決済期日(満期日)が決められています。

最初に、「日経225先物取引とは、未来のある決まった期日に日経平均株価がいくらになっているのかを予測する取引です」とお伝えしたことを思い出してください。決済期日とは、その「未来のある決まった期日」のことを指します。

日経225先物では、満期日に「SQ」(Special Quotation=「特別清算指数」算出日)という日経225先物価格が決定され、この価格と購入価格の差が差金決済の金額となります。

例えば、あなたが日経225先物を20,000円で1枚買っていて、SQ値が20,000円以上なら利益に、以下なら損失となって、口座残高にプラスされるかマイナスされます。

満期日のことをSQ日と言い、年4回、3月、6月、9月、12月の第2金曜日に設定されています。例えば、2018年12月にSQ{=限月(げんげつ)}が来る先物を2018年12月限(ぎり)と呼びます。

図4

上の図4に、決済期日について図解してあるので、参考にしてください。

尚、最終取引日は、SQ日の前営業日となるので忘れないよう注意が必要です。この日までに、買っている場合には売り決済を、売っている場合には買い決済をして、利益確定、損失確定をする必要があります。何もしないで放置して置くと、SQ日に自動的に強制決済されてしまいます。

また、この強制決済を免れる方法にロールオーバーと言う手法がありますのでしっかりと理解しておくと事前にリスクを回避できるでしょう。

2.5.売りから始める取引

売りから売買を始められる点も信用取引と同じで、日経225先物取引の重要な特徴です。現物株取引では、保有株を売る(決済する)ことはできても、新規に株を売ることはできません。

日経225先物取引では、買いからも売りからも、また、買いと売りを同時(「両建て」という)にも、取引を始めることができます。売りから始めた場合には、株価が値下がりすれば利益になりますが、値上がりした場合には損失になります。

日経平均を売ることができるというのは、将来的に日経平均が値下がりすると予測した場合に、積極的に利益を追求することを意味します。また、保有している現物株の値下がりを日経225先物の売りでヘッジ」(投資のリスクを減少させるために取られる行動)できる可能性も持ち合わせています。

下の図5に、そのような日経225先物取引の特徴について図解してあるので、参考にしてみてください。

図5

出所:岡三オンライン証券

2.6.取引時間は”ほぼ24時間”

以下の図6で、大阪取引所での日経225先物取引の取引時間を他の取引所と比較しています。これを参照しながら、以下の説明を読んでください。

日経225先物取引の取引時間は、日中の通常立ち合いが8:45~15:10で、夜間立ち合いイブニングセッション)は、16:30~翌日5:25です。

売買の調整のために、8:00~8:45と16:15~16:30の間にプレオープニング、15:10~15:15と次の日の朝の5:25~5:30の間にプレクロージングと言う時間帯が設けられています。

図6

出所:岡三オンライン証券

このように、日経225先物取引は取引の合間に何度か休憩時間を挟んで、ほぼ一日中取引が行われていると言えます。

2.7.過度な値動きを抑える仕組みが用意されている

日経225先物の価格については、過度な値動きを抑える目的で一日に上下する値段の範囲(値幅)を一定範囲内に抑える制度が導入されています。この値幅のことを制限値幅と言います。

そして、相場が過熱してその制限値幅にまで達した時には、サーキットブレーカー制度という規制が発動します。投資家に冷静な判断の時間を与えるために取引所が売買を停止する措置です。この時は数日間の急激な相場の乱高下が予想されます。

3.日経225先物の海外での取引

日経225先物という商品は、日本の大証だけでなく、アメリカのシカゴとシンガポールの証券取引所に、それぞれ、「CME」と「SGX」という名称で上場しています。

「CME」とはChicago Mercantile Exchangeというアメリカ最大の先物取引所で取引される日経225先物のことで、円建てとドル建ての2種類があります。

CMEとは時差の関係で、日本時間の夜の時間帯に取引が行われています。そのため、以前、日経225先物の取引時間が短かった時には、夜間に日経平均の取引が行える商品として重要視されていました。

しかし、現在では、日経225先物がほぼ24時間取引できるようになったため、時間面でのCMEやSGXの価値は薄れてきています。

まとめ

日経225先物取引の魅力と注意点について説明してきましたが、ご理解いただけましたか?

先物取引の魅力を3つにまとめてみると、

  • 日経平均を売買できる、つまり日本経済という大きな視点で売買ができる
  • 自分が持っているお金以上の何倍もの大きな取引ができる
  • 株価が値下がりしている時にも利益が出すことができる、ヘッジ用に使うこともできる

です。

これらは、この取引のスケールの大きさと大きな可能性を示す、現物株取引にはない日経225先物取引の魅力です。

先物と聞くと「危ない」という感情が先走るのは、この取引でのレバレッジが大きいせいですが、資金管理をきちんと行っていさえすれば、「危ない」どころか、現物株以上に安全な取引を行うことも可能です。

まずは、実際の取引をする前に、デモ取引で売買の仕方や値動きの特徴を頭に入れましょう。

はじめは、ミニ1枚程度から始めることをお勧めします。これですと、最低必要証拠金が72,000円ですから、敷居は高くありませんね。

ただし、最低必要証拠金だけを用意して取引を開始するのはお勧めできません。せめてその何倍かの資金を用意しておけば、安心して売買に参加することができるでしょう。

現物株取引にはない新しい世界があなたの前に広がってくることでしょう。

30万円を1億円以上に増やした「イベント投資法」を大公開!

元手30万で株式投資を始め1億円以上の利益


株式投資には様々な投資手法がありますが、その中には安定的に利益を積み上げていける方法があります。今回のウェブセミナーでご紹介する「イベント投資法」です。


イベント投資とは株式市場において、イベント(出来事)が発生することによって、売り手と買い手のバランスが崩れて株価の値動きに傾向が現れ、その傾向を利益にしていける投資手法です。「イベント」はあらかじめ予測できますので、イベントを狙っていくだけで機械的に利益を積み上げていけます。


この投資手法で元手の30万円を1億円以上に増やしているのが、専業トレーダーの夕凪(ゆうなぎ)氏です。今回のウェブセミナーでは、夕凪氏が自身の経験を基にしてイベント投資をお伝えします。


イベント投資は銘柄選びの必要もなく、買い時と売り時も決まっています。株式投資で安定した手法を手に入れたい方にとって、このウェブセミナーで公開されることは貴重なノウハウなので、今すぐ下記よりお申込みください。


 


今すぐ特別セミナーに参加する

執筆者
投資の教科書 事務局

投資の教科書 事務局

投資の教科書事務局では、実際に成果をあげている本物のトレーダーの取材に基いて記事を作成しています。この方針を貫き、初心者にも再現可能な手法やノウハウをわかりやすくお伝えします。

TOPに戻る