日経225先物取引の7つの特徴を初心者にもわかりやすく解説

「日経225先物」は、正確には「日経平均先物」といい、日本を代表する225社の平均株価である日経平均株価を原資産とした株価指数先物です。

この日経225先物は大阪証券取引所に上場しており、通常の株式取引と同じように、ネット証券などで売買できます。

  • 日経225先物の取引の仕組みを知りたい
  • 日経225先物のトレードに興味がある

と思っている方は、最後までお読みいただき、トレードの幅を広げるためにお役立て下さい。

執筆者
投資の教科書  デリバティブ事務局

投資の教科書  デリバティブ事務局

投資の教科書デリバティブ事務局では、先物取引やオプション取引で稼ぐ力を身につけるために必要な基礎知識をはじめ、実際に成果をあげているトレーダーの手法、分析方法などを、初心者にもわかりやすくお伝えしています。

1.ラージとミニの2種類がある

日経225先物は、英語では「NIKKEI 225 Futures」と表記されます。日経平均株価を原資産とした(株価指数)先物取引の一種で、未来のある決まった期日に日経平均株価がいくらになっているかを予測して取引します。

この日経225先物には、日経225先物(ラージ)と、ラージの10分の1の資金で取引できる日経225mini(ミニ)の2種類があります。

ラージは10円刻みで取引されますが、ミニは5円刻みで売買されます。そのため、初心者はミニのほうから始めることをおすすめします。なお、ラージとミニはほぼ同じ価格で売買されます。

2.差金決済である

日経225先物取引は、日経平均株価という実体のない「指数」を売買するため、個別株のように、現物(代金もしくは株券)の受け渡しはありません。

そのため、日経225先物取引では、決済時に損益の受け渡しのみが行われ、これを、差金決済といいます。また、決済期日まで保有すると、取得時の価格とSQ値という清算価格との差額の受け渡しだけが行われます(詳細は4章)。

ちなみに、差金決済をするために証券会社に預けておくための資金を、証拠金(委託証拠金)といいます。

次の図でご確認下さい。

差金決済のイラスト解説

差金決済の仕組み

出所:マネックス証券「証拠金取引とは?

3.レバレッジ取引である

日経225先物は、レバレッジ取引です。レバレッジとは、少ない資金で大きな金額の取引をする仕組みのことをいい、「てこの原理」によく例えられます。そして、手持ち資金の何倍の取引ができるかをレバレッジ倍率といいます。

ちなみに、日経225先物をはじめとしたレバレッジ倍率は、次の通りです。

  • 日経225先物:約20倍
  • 個別株の信用取引:約3.3.倍
  • 国内のFX会社:最大25倍

それでは、日経225先物は、実際にいくら口座にあれば1枚(先物の取引単位のこと)取引できるのでしょうか?現在の価格が20,000円だとしても、20,000円では売買できません。

答えは、ラージを1枚売買するのにかかる証拠金は120万円が目安と覚えておけば大丈夫です。

ただし、その時期の相場のボラティリティ(価格変動の度合い)によってSPAN証拠金というものが変わってくるので、若干の違い生じます。レバレッジが効いていなかったら、この20倍の金額が必要だったということです。

しかし、口座に入れておく資金が証拠金がギリギリだと、株価が急変した時に証拠金が足りなくなって、追証(おいしょう)が発生し、追加で入金を求められる場合があります。そうならないように、余裕を持って口座に資金を入れておくことが大切です。

4.満期日にSQ値で清算される

日経225先物は、決済期日(満期日)が決まっています。

いくらで決済するかを最終的に決める満期日のことを「SQ(=Special Quotation、特別清算指数算出日)」といい、年4回、3月・6月・9月・12月の第2金曜日がSQ日に設定されています。

なお、SQがある3月・6月・9月・12月のことを限月(げんげつ)と呼び、例えば、2020年9月に満期を迎える日経225先物のことを、「2020年9月限(ぎり)」といいます。

そして、その限月の日経225先物の最終取引日は、SQ日の前営業日になります。SQの前日までに決済しなかった建玉が、SQ日にSQ値で自動的に強制決済されるという仕組みです。

ちなみに、強制決済されたくない場合は、ロールオーバーという方法もあるので、参考程度に知っておくといいでしょう。

≫ SQとは|株式投資をする上で知っておきたい基礎知識

5.売りエントリーができてヘッジも可能

日経225先物は、信用取引の空売りのように、高い価格で売って安い価格で買い戻すことによっても、利益をあげられます。そのため、下げ相場でも収益チャンスになり、トレードの幅が広がります。

また、現物株を保有していて、相場全体が短期的に値下がりすると予想したとします。

この場合、日経225先物を売っておくことで、現物株が一時的に損失になって損益がマイナスになることを防ぐといった使い方もできます。これを、損失を回避するという意味合いで、「ヘッジ」といいます。

6.ほぼ24時間取引できる

日経225先物は、大阪証券取引所以外にも、アメリカのCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)とシンガポールのSGX(シンガポール取引所)にも上場しています。

それぞれの取引時間をまとめると、次のようになります(全て日本時間)。

市場 取引時間
大阪証券取引所 8時45分~15時15分(日中セッション)
16時30分~翌朝5時30分(ナイトセッション)
SGX(シンガポール) 8時30分~15時30分
15時55分~翌朝6時15分
CME(シカゴ) 8時~翌朝7時(夏時間は7時~翌朝6時)
市場 取引時間
大阪証券
取引所
8時45分~15時15分(日中セッション)
16時30分~翌朝5時30分(ナイトセッション)
SGX
(シンガポール)
8時30分~15時30分
15時55分~翌朝6時15分
CME
(シカゴ)
8時~翌朝7時(夏時間は7時~翌朝6時)

このように、日経225先物はどこかの市場でほぼ24時間取引され、価格もある程度連動しています。そのため、CMEの日経225先物の終値が、大証の日経225先物がいくらで始まるかの目安になり、今日の日本のマーケットは強そうか弱そうかの判断材料にすることもできます。

ただし、全ての国内の証券会社がSGXやCMEに上場している日経225先物を売買できるわけではなく、私が知っている限りは、楽天証券の「海外先物取引口座」だけです。ほとんどの個人投資家は、大証の日経225先物を取引しているはずです。

7.サーキットブレーカー制度がある

サーキットブレーカーとは、何かの材料がきっかけで相場が急変して過度な値動きになった時に、投資家の過熱感を鎮めるために、一時的に取引を中断する措置のことです。サーキットブレーカーが発動すると、10分間は取引できなくなります。

まとめ

この記事では、日経225先物取引の特徴をお伝えしました。

リスクの大きさや難しさばかりが強調されがちな日経225先物ですが、仕組みは簡単なことがおわかりいただけたと思います。しかし、シンプルだからといって、稼ぎやすいとは限りません。

日経225先物は、世界中の機関投資家が注目してトレードしているので、思いもよらない値動きをすることが多々あり、初心者が安易な気持ちで手を出すと損してしまいます。数回は勝てるかもしれませんが、調子に乗っているとそれ以上の損失を被り、後悔することになりかねません。

そのため、最初は日経225miniから最低枚数でチャレンジしたり、現物株のヘッジだけに使うなど、色々と使い勝手を工夫してみることをおすすめします。

【無料レポート】VIX指数を利用して年利38%をあげる方法

ed59c46509f262ef44f272c6f331a183


株やFX以外の新しい投資手法に興味がある方におすすめなのが、アメリカのオプション・ETNです。


アメリカの市場は流動性が豊富で、収益チャンスが多いです。しかも、日本にはない金融商品が沢山あり、VIX指数に連動したETF・ETNもその一つです。


このレポートを読むと、VIX指数に連動したETFで年利38%の利回りをあげるノウハウを無料で学ぶことができます。


ぜひ、下記のボタンよりお申込み下さい。


無料レポートを受け取る

TOPに戻る