陰線の4つのパターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

陰線とは、終値よりも始値のほうが高いローソク足のことです。つまり、陰線が出たということは、その期間、相場が下落したということを意味します。

しかし、陰線が出ているからといって、今後も、相場が下落し続けるわけではありません。前後のローソク足から得られる情報とよく比較した上で、その陰線にどのような意味があるのかを推測し、分析する必要があります。

この記事をお読みいただくと、具体的に、どのように推測すればよいのかを、かなり鮮明にイメージできるようになることでしょう。なぜなら、精度の高い推測のために必要な知識である、4つの陰線に関する知識と、その知識を実践で活用するための具体的な事例を説明しているからです。

ぜひ、真剣にお読みいただければと思います。

※このページを読む前に
先に『陽線の4つのパターン』をお読みいただくと、理解がスムーズになります。特に、当記事の「2. 陰線の見方 ~実践編~」で使っているチャートは、陽線のページで解説している内容を先に頭に入れておくことで、より具体的に把握できます。

1.陰線の4つのパターン

FXや株式投資のテクニカル分析で必須のローソク足チャートでは、様々な形の陰線が現れます。しかし、そのパターンは、大別すると次の4つしかありません。

%e5%9b%9b%e3%81%a4%e3%81%ae%e9%99%b0%e7%b7%9a

左から、次のように呼ばれています。

  • 大陰線
  • 小陰線
  • 上ヒゲ陰線
  • 下ヒゲ陰線

これらの4つの形がキレイに現れることがほとんどです。しかし、大陰線なのか下ヒゲ陰線なのか判断しづらい、複合系の陰線も現れます。いずれにせよ、これらの4つのパターンの組み合わせでしかありません。

そのため、これらの4つのパターンをしっかりと頭に入れておくと、どのような陰線を見ても、その意味合いを正しく理解することができます。

それでは、1つずつ見ていきましょう。

1.1.大陰線は下落の可能性を表す

%e5%a4%a7%e9%99%b0%e7%b7%9a

大陰線は、実体が長い陰線のことです。

始値よりも大きく下落した終値をつけているので、現在の相場は売り圧力が強く、これから先も価格が下落していく可能性(=先安観)を示すシグナルとなります。

大陰線も、大陽線と同じように何銭(または何pips)以上の値幅(始値と終値の価格差)が必要という定義はありません。前後のローソク足と比較して、状況を正確に理解するように意識することが大切です。例えば、何十分も20銭前後の値動きだったローソク足(分足)が、突然、50銭以上の実体がある陰線を形成すれば、それは大陰線といえます。

ポイント!
大陰線は、これから先も価格が下落していく可能性を示すシグナル。前後のローソク足と比較したり、ラインを引いたりして、本当に下落していくのかどうかを、正確に判断するように心掛けよう。

1.2.小陰線は気迷い状態を表す

%e5%b0%8f%e9%99%b0%e7%b7%9a

小陰線は、実体もヒゲも短い陰線です。

小陽線と同じように、横ばい相場の時に多く見られます。小陰線1本だけで、何か大きなシグナルになることはありません。前後のローソク足の連続性と比較して、次の動きに備えておくと良いでしょう。

例えば、小陰線が連続した後に、大陽線が突然出た場合は、新たなトレンドが発生した可能性が考えられます。この場合、発生したトレンドが確実なものなのかを確信する材料を探して、確信が持てた時点でトレードを行う姿勢が大切です。そこまでしっかりと分析をして、初めて本当の意味で相場の波に乗ることができます。

小陰線や小陽線が連続して、相場がどちらに動くか迷っている状態の時は、相場の波に乗るための準備期間といえます。この時にどれだけ準備できるかで、トレードの成績は決まると言っても過言ではありません。

横ばい相場で次の波に備えるための具体的な行動は、『三角持ち合いとは|見方とトレード戦略』で詳しく解説していますので、ぜひお読み下さい。

ポイント!
小陰線や小陽線が連続している停滞状態の時こそ、無理に売買せず、戦略を立ててライバルに差をつけることが大切。

1.3.上ヒゲ陰線は下落圧力が強いことを表す

%e4%b8%8a%e3%83%92%e3%82%b1%e3%82%99%e9%99%b0%e7%b7%9a

上ヒゲ陰線は、上ヒゲが実体よりも長い陰線のことをいいます。

上ヒゲ陰線が上昇トレンドの最中に出た場合、買い勢力の衰えを示します。そのため、そこが一時的な天井になるシグナルである可能性があります。なぜなら、一度大きな高値を記録したにも関わらず、終値が決まる頃には、価格は始値すら下回る水準になっているからです。そのため、ここでレジスタンスラインを引けるかもしれません。

また、下降トレンド相場の底の辺りで出た時は、そこで相場転換して上昇するきっかけになるという見方もあります。なぜなら、一度でも始値を大きく上回る高値がついているため、買い勢力が強くなり始めたと想定できるからです。

なお、サポートラインやレジスタンスラインについては、『サポートラインとレジスタンスラインで相場の反転を見抜く正しい使い方』を参考にして下さいね。

ポイント!
上ヒゲ陰線は、どこで出現するかによって意味合いが異なるが、基本は弱気のサイン。また、サポートラインやトレンドラインなどのラインの引き方は、テクニカル分析の基本なので、しっかりマスターする必要がある。

1.4.下ヒゲ陰線は押し目や戻りのポイントになりえる

%e4%b8%8b%e3%83%92%e3%82%b1%e3%82%99%e9%99%b0%e7%b7%9a

下ヒゲ陰線は、下ヒゲが実体よりも長い陰線のことをいいます。

終値は始値より下がっていますが、安値から大きく戻っているので、下落圧力は弱まっているとも読み取れます。実践面では、上昇トレンド、下降トレンドのどちらに出現した場合も、“押し目”や“戻り”のポイントになりえます。

このように、上ヒゲ陰線と下ヒゲ陰線は、どこで出現したかによって、意味する情報が反対になります。ローソク足の4本値がどのように形成されたかを想像し、投資家の心理を探れるようになりましょう。

ポイント!
下ヒゲ陰線は、押し目や戻りのポイントになりえるので、注意して見ることが大切。

2.陰線の見方 ~実践編~

陰線についての必要な知識は、上の通りです。大切なことは、このような基本的な知識を、実践で活用できるようになることです。具体例を見ていきましょう。

人によっては、現時点では難しいと感じるかもしれません。現段階では、「FXで成功するためには、このように考えるんだな」というように考え方に触れる機会として捉えて下さい。心配しなくとも、毎日真剣にチャートに向き合うようになれば、あなたも自然とできるようになります。

それでは早速、下のチャートをご覧下さい。ドル円の日足チャートです。

%e9%99%b0%e7%b7%9a%e5%ae%9f%e8%b7%b5%e7%b7%a8

矢印のポイントが、私がトレードをした日(以下、「トレード当日」)です。

トレード当日は、直前の2日と違い、陰線(赤色)が出ています。私は、この陰線を確認する前から、この日は下降トレンドであることを想定していました。その理由は、2日前には上ヒゲの長い大陽線が、1日前には明確な上ヒゲ陽線が出ていたからです。

私は、この2本の上ヒゲ陽線から、「買いの勢いはもう失われており、相場は下降していくのではないか?」と想定して、トレード当日の戦略を立てていました。なお、陽線についての詳しい説明は、『陽線の4つのパターン』で説明しているので、併せてご確認下さい。

次に、下のチャートをご覧下さい。これは、先ほどのトレード当日の5分足です。

%e9%99%b0%e7%b7%9a%e5%ae%9f%e8%b7%b5%e7%b7%a8%e2%91%a1

少し見にくいですが、Aの時点では、上ヒゲ陽線と上ヒゲ陰線が連続しています。

おさらいですが、相場が上昇している最中に現れる上ヒゲ陽線は、買い(=上昇)の勢いの衰えを示唆します。また、上昇相場の最中に見られる上ヒゲ陰線も、上述のように、買い勢力の衰えを示唆します。この日は、結果的に、ここが天井となりました。しかし、ローソク足は、今後の相場の動きを「示唆する」のみで、必ずその通りになるわけではありません。

しかし、もし、前日と前々日の日足の陽線を確認していなければ、もしかしたら、上ヒゲ陽線が連続しているポイントで、「これから上がるのか?」と勘違いしてしまった可能性があります。ですが、前日までの日足で、買いの勢いは息切れ状態にあることを確認していた私は、ここから下がることを想定して、あらかじめショート(=売り)戦略の準備していました。

その後、チャートに斜め右下方向のトレンドラインを引くことができました。このトレンドラインが抵抗となって2回反落したことを確認した後、私は、現在が下降トレンドであることを確信しました。そして、BとCのポイントで実際にショート(=売り)をして、利益を積み重ねることができました。

なお、このように、異なる時間軸のローソク足(ここでは、日足と5分足)を見る習慣を付けることはとても大切です。どのようなトレードスタイルを選ぶにせよ、様々な時間軸のローソク足を見て、相場を多角的に把握するようにしましょう。

ポイント!
まずは、ローソク足から多くの情報が得られることに注目すること。前後のローソク足と比較して得られる情報、時間軸の違うローソク足と比較して得られる情報は、投資家の心理を読むために欠かせません。ローソク足から得られた情報を基に、トレンドラインやレジスタンスラインを使って、より正確な分析をするイメージを持つ。なお、トレンドラインに関しては、『トレンドラインとは?引き方と役割と具体的な使い方』を参照のこと。 

 ローソク足はチャート分析の基礎

ローソク足は、チャート分析の基礎となるシグナルです。こう言うと、「何だ。シグナルか。自分はもっと実践的な分析技術を身に付けたい」と思う方もいるかもしれません。

しかし、『陽線の4つのパターン』と合わせてお読みいただくと、ローソク足から得られる情報の重要性がよくわかると思います。ローソク足に関する確かな知識があって、初めてチャート分析が活きてきます。そして、チャート分析のスキルが向上することは、FXを制することに近付いていることを意味します。

だからこそ、ローソク足の一つ一つの知識をしっかりと身に付けて下さい。そして、知識を実践の中で活用できるように、常にイメージしましょう。そうした努力の積み重ねが、将来のFXでの成功につながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5,000万円の利益を稼いだトレード手法の全て

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、本格的にFXを始めて8年間で1億5,000万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。そのことは、年ベース負けなしで安定した利益を得ていることからも、確かな事実です。


その結果、平均163%の年間利回りを記録し、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・エンベロープや移動平均線のチャートの具体的な設定方法
・現在の利益の約3割を生み出しているデイトレードについて
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。


ぶせな氏の実践方法を見る

利益を最大化するために
ぶせな氏をはじめとした億トレーダーが
使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい4社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の10社から選ぶ場合は、『【2018年下期】FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き』をご活用ください。

ぶせなの人気記事

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。